のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

試乗記

アウディ A1スポーツバック ファーストエディション 2019 レビュー。

乗り出し500万円の価値はない。(キッパリ) 俺はアウディA3オーナーで、アウディが好きだからこの車を選んで乗っている。 それなので、基本的にアウディは応援したい。 アウディからいい車が出てくればみんなに知ってもらい、アウディオーナーになってもら…

ジャガー Fペース 20d レビュー。

マジマジと見ているとネコ科のお顔に見えてくる不思議。 ジャガーで気になる車は何といってもFタイプだ。 控えめでありながらもキレイなボディラインが美しい。まさに停まっているのも絵になる車だが、今日乗るのはそんなジャガーが出した2種類のSUVの大きい…

ランドローバー・レンジローバー イヴォーク Rダイナミック SE 2019 レビュー。

未来的なデザインの車に見える。 現状、未来的だと思うデザインは未来に登場することはないのだが、何処にも角ばった所がない滑らかなデザインは、俺の中では未来的なデザインのジャンルに入る。 まん丸でマシュマロのようなフロントフェイスである。 // デ…

アバルト595 MT 2019 レビュー。

毒は後からジワジワ効いてくる。 フィアット500がアバルトの手によりチューンナップされた595。パワーアップされたエンジンや足回り、ゴツくなったエアロが特徴。可愛いけれど走りを予感させる風貌は決して期待を裏切らず、乗り手の体を徐々にサソリの毒にお…

フィアット 500 ツインエアー ポップ 2019 レビュー。

出来の悪い子ほどかわいい。 子犬とか子猫が仲間だ。 子犬や子猫はキャンキャンにゃんにゃん騒いで走り回るし、粗相もする。でも、見てるだけで愛らしいし心が温かくなる。フィアットの500はそんな車だ。生き物ならまだしも、車に対してこんな気持ちになると…

アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)2019 レビュー。

サソリの猛毒注意。 今年乗った車の中でもベスト3に入るインパクト。 事実上、現行ラインナップでの595のもっともレーシーなモデル。 それもそのはず。この『コンペティツィオーネ』はイタリア語で【競技】を意味する言葉。日本語にすれば『595競技仕様』だ…

日産 セレナ 2019 レビュー。

何かの記事にセレナは日本のゴルフと書いてあったが。 さて日本で大人気のミニバンセレナ。 俺は今は子どももいないし、日常的に多人数乗車することがないので、車は最大5人乗りで十分。それなのでミニバンには全く興味はないのだが、今回乗るセレナは一体ど…

フォルクスワーゲン ポロ 2017 レビュー。

かなりのスポーティーさに驚き! 先日、A3を当て逃げされてしまい、代車として借りていたトヨタのシエンタ初期モデル。 とても耐えられないのでレンタカー特約を使用し、車をポロに交換してもらった。乗り換えてすぐにも違いを感じるが、何日か乗り込んでこ…

スズキ エスクード 2019 レビュー。

スズキの隠れた名車。 世の中にある良いものは必ずしも評価されている、というわけではない。類まれな才能を持ちながらも、ひっそりと姿を消していくことだって結構あるのだ。このエスクード、まだ姿を消してはいないが、間違いなくその類の車だ。 そういう…

Audi S3 スポーツバック 2019 レビュー。

まさに万能マシン。 以前もS3のレビューを書いたが、今回はマイナーチェンジ版。 アウディのスポーツモデルは本当に速い。 A3でも元気に走るがS3になるともう俄然パワーアップする。値段も倍くらいになるが、スポーツカーも真っ青なホットハッチをお望みなら…

トヨタ シエンタ 初期モデル レビュー。(番外編)

自動車の進化を感じる予定だったが、、、。 車は人々の生活になくてはならない存在だ。 今後は自動車自体の在り方も変わってくるだろうが、過去の自動車史を鑑みても、少なくとも自分が生きている間は大して変わらないだろうと思ってる。 // さてさて、先日…

スズキ ジムニーXC 4AT 2019 レビュー。

最新の車なのに80年代の車のようだ。 もともと速い車が好きな俺はジムニーファンではない。ジムニーもパジェロもラングラーもGクラスも全部同じに見え、区別がつくようになったのは比較的最近の事だ。そんなジムニーの素人から見る、最新のジムニーの良さと…

フォルクスワーゲン move up! 2019 レビュー。

ワーゲン製のカールおじさん。 金ぴかのこの車はワーゲンのup!。フォルクスワーゲンの中で一番小さくて、一番安い車だ。しかし山盛りになったフルオプションのフラッグシップよりも、ギュッと良さが凝縮されている可能性があるのも、最廉価グレードだと思う…

フォルクスワーゲン ポロ TSI ハイライン 2019 レビュー。

最優秀コンパクトカーの一つ。 ゴルフは昔からずーっと、みんなのお手本の車だ。そんなゴルフのちょっとだけ小さいバージョンのポロだって全然負けていない。国産車と比べても、いや比べ物にならないくらい全てがハイクオリティだ。新しい顔になったポロは随…

DUCATI 959パニガーレ 2019 レビュー。

0-100km/h、2.8秒。 レースは競争であり、これはまさに戦いでもある。 やはり戦いの中で生まれたものはカッコいい。ドラクエに出てくるような剣や盾は勿論、戦車や戦闘機や城であったり。 このバイクもドゥカティのレースの、戦いの血を見事に注ぎ込まれたバ…

DUCATI ディアベル1260 2019 レビュー。

まさにハイパワーマシン。 ディアベルのニューバージョンが1260ccになって新登場だ。 もともと、スーパースポーツ専売メーカーだったドゥカティがこのネイキッドスタイルのバイクを出したときはインパクトがあった。 丁度ハーレーがV-RODを出した時に似てい…

DUCATI スーパースポーツS 2019 レビュー。

1,000km走れるSS。 二輪も四輪も大好きだ。バイクはスズキにハーレー2台、ドゥカティ、BMWと乗り継いできた。二輪も四輪と同じく、はっきりとお国柄がバイクに出る。 ハーレーは高速道路を法定速度で走るのが楽しく、どちらかというと走りよりもライフスタイ…

マツダ ロードスターS スペシャルパッケージ MT 2019 レビュー。

車の運転が嫌いな人にこそ乗ってもらいたい。 いつ乗っても感動する。 車は最近どんどんコンピューター化している。自動でドアが開く、自動で駐車、自動で発進停止、、、。機械としては確実に進化の方向へ進んでいるのだが、自動車本来の魅力からはどんどん…

マツダ CX-3 20S プロアクティブ 2019 レビュー。

良くない。 CX-3のガソリン2000ccモデル。ディーゼルエンジンが素晴らしく人気のマツダ車だが、ディーゼルの同グレードよりも30万円安い2000ccのガソリンモデルが登場したので乗ってみた。 // 見た目は良い。デザインもいち早く欧州車的なデザイン要素を取り…

スズキ スイフトスポーツ 2019 レビュー。

小さい暴れん坊。 先日乗ったスイフトのスポーツバージョン。 ベースのスイフトも素晴らしいコストパフォーマンスで、150万円くらいまでの予算で新車を探すのであれば候補の筆頭に上がるような自動車だった。 そんなスイフトのスポーツ版だが、ベースのスイ…

スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight 2019 レビュー。

やはりCVTがダメ。 先日乗ったレヴォーグ1.6。見た目も良く、広くて使い勝手が良い車だったが、今回はそのハイパワー版の2.0に乗る。やはりパワーがある車は面白いから魅力的だ。乗っていて楽しい車は遠くに出かけるのが楽しみだ。遅い車で出かけるのは、し…

日産スカイラインGT Type SP 4WD(ハイブリッド)2019 レビュー。

中途半端な自動運転。 現在、様々な問題を抱えて苦しい立場にある日産。 そんな日産の最新技術であるプロパイロット2.0を搭載した、スカイラインGTに試乗する機会を得た。 // 例によって国産車の知識は0のワタクシ。見た目はスポーツカーっぽい顔をしている…

スバル レヴォーグ 1.6 STI Sport EyeSight 2019 レビュー。

よく出来た日常の足。 国内ではほとんどライバルのいないステーションワゴン。その数少ない国産ステーションワゴンの一つがこのスバルのレヴォーグ。低重心で走りも良く、人も荷物も乗せられるのがステーションワゴンの魅力。 海外のスーパーカーラリーなど…

スバル WRX STI タイプS 6MT 2019 レビュー。

今まで乗った日本製スポーツカーの中で一番良い。 ラリーで地位を確立したスバルの代表作。見た目はコテコテのスポーツセダンだが、これはこれでかっこいいな。流れるようなデザインのフェラーリ的な美しさとは対極をなす、機能を追及した結果のデザインだろ…

スズキ クロスビー ハイブリッド MZ 2019 レビュー。

見た目にそぐわない快速っぷり。 見た目はビッグハスラーだ。 ハスラーがデビューしてしばらくした後、普通車規格のハスラーが出るという噂の後、出てきたのがこの車。その名もクロスビー。ハスラー譲り(というかそのまま)のかわいいそのお顔は相変わらず…

スズキ スイフト XG リミテッド 2019 レビュー。

びっくりポンなコストパフォーマンス車両。 こうして乗ってみると、世の中にはまだまだ知らないことが多いなぁ、と思うのである。スイフトは『コンパクトスポーツカー』というイメージを持っていたが、聞いたところスポーツを売りにしているのは【スイフトス…

スバル レガシィ B4 2019 レビュー。

スバルの看板車種。 国産車には素人よりも知識の無いワタクシ、レガシィについての知識は好きな漫画のひとつである『カウンタック』から一つだけ。作中で主人公の友人が峠バトルで事故を起こした際に"あのときレガシィなら、、、"みたいな台詞を言うところが…

スズキ ジムニー XC (MT) 2019 レビュー。

走る化石。 軽自動車の運転など何年ぶりだろうか。 車に興味を持ってしまって以来、調べたり購入の候補になる車は2,000cc、3,000cc、4,000ccの車~ばっかり。如何に速く、美しく、官能的なサウンドを発生させるか、という観点でしか車を見ていないため、エン…

スバル フォレスター アドバンス 2019 レビュー。

安全性能は最高だが、走行性能は最悪。 大人気SUV、そしてアイサイトをはじめ安全性には定評があるスバルのSUVだ。技術の進化により車は自動運転への道へどんどん舵を切っている。それは車の一つの方向性だし、素晴らしいことだ。ナビに目的地を入力したら後…

スバル BRZ S MT 2019 レビュー。

今後も残していきたい大切な日本車。 2012年に発売されて以来、改良されて熟成が進んでいるスバルのBRZ。 出た当時にも乗ったことがあったが、今回はそれに比べギアの入り等、随分とあちこちがスムーズになった印象。ミニバンと軽自動車で埋め尽くされる、日…