のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

試乗記

Audi S3 スポーツバック 2019 レビュー。

まさに万能マシン。 以前もS3のレビューを書いたが、今回はマイナーチェンジ版。 アウディのスポーツモデルは本当に速い。 A3でも元気に走るがS3になるともう俄然パワーアップする。値段も倍くらいになるが、スポーツカーも真っ青なホットハッチをお望みなら…

トヨタ シエンタ 初期モデル レビュー。(番外編)

自動車の進化を感じる予定だったが、、、。 車は人々の生活になくてはならない存在だ。 今後は自動車自体の在り方も変わってくるだろうが、過去の自動車史を鑑みても、少なくとも自分が生きている間は大して変わらないだろうと思ってる。 // さてさて、先日…

スズキ ジムニーXC 4AT 2019 レビュー。

最新の車なのに80年代の車のようだ。 もともと速い車が好きな俺はジムニーファンではない。ジムニーもパジェロもラングラーもGクラスも全部同じに見え、区別がつくようになったのは比較的最近の事だ。そんなジムニーの素人から見る、最新のジムニーの良さと…

フォルクスワーゲン move up! 2019 レビュー。

ワーゲン製のカールおじさん。 金ぴかのこの車はワーゲンのup!。フォルクスワーゲンの中で一番小さくて、一番安い車だ。しかし山盛りになったフルオプションのフラッグシップよりも、ギュッと良さが凝縮されている可能性があるのも、最廉価グレードだと思う…

フォルクスワーゲン ポロ TSI ハイライン 2019 レビュー。

最優秀コンパクトカーの一つ。 ゴルフは昔からずーっと、みんなのお手本の車だ。そんなゴルフのちょっとだけ小さいバージョンのポロだって全然負けていない。国産車と比べても、いや比べ物にならないくらい全てがハイクオリティだ。新しい顔になったポロは随…

DUCATI 959パニガーレ 2019 レビュー。

0-100km/h、2.8秒。 レースは競争であり、これはまさに戦いでもある。 やはり戦いの中で生まれたものはカッコいい。ドラクエに出てくるような剣や盾は勿論、戦車や戦闘機や城であったり。 このバイクもドゥカティのレースの、戦いの血を見事に注ぎ込まれたバ…

DUCATI ディアベル1260 2019 レビュー。

まさにハイパワーマシン。 ディアベルのニューバージョンが1260ccになって新登場だ。 もともと、スーパースポーツ専売メーカーだったドゥカティがこのネイキッドスタイルのバイクを出したときはインパクトがあった。 丁度ハーレーがV-RODを出した時に似てい…

DUCATI スーパースポーツS 2019 レビュー。

1,000km走れるSS。 二輪も四輪も大好きだ。バイクはスズキにハーレー2台、ドゥカティ、BMWと乗り継いできた。二輪も四輪と同じく、はっきりとお国柄がバイクに出る。 ハーレーは高速道路を法定速度で走るのが楽しく、どちらかというと走りよりもライフスタイ…

マツダ ロードスターS スペシャルパッケージ MT 2019 レビュー。

車の運転が嫌いな人にこそ乗ってもらいたい。 いつ乗っても感動する。 車は最近どんどんコンピューター化している。自動でドアが開く、自動で駐車、自動で発進停止、、、。機械としては確実に進化の方向へ進んでいるのだが、自動車本来の魅力からはどんどん…

マツダ CX-3 20S プロアクティブ 2019 レビュー。

良くない。 CX-3のガソリン2000ccモデル。ディーゼルエンジンが素晴らしく人気のマツダ車だが、ディーゼルの同グレードよりも30万円安い2000ccのガソリンモデルが登場したので乗ってみた。 // 見た目は良い。デザインもいち早く欧州車的なデザイン要素を取り…

スズキ スイフトスポーツ 2019 レビュー。

小さい暴れん坊。 先日乗ったスイフトのスポーツバージョン。 ベースのスイフトも素晴らしいコストパフォーマンスで、150万円くらいまでの予算で新車を探すのであれば候補の筆頭に上がるような自動車だった。 そんなスイフトのスポーツ版だが、ベースのスイ…

スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight 2019 レビュー。

やはりCVTがダメ。 先日乗ったレヴォーグ1.6。見た目も良く、広くて使い勝手が良い車だったが、今回はそのハイパワー版の2.0に乗る。やはりパワーがある車は面白いから魅力的だ。乗っていて楽しい車は遠くに出かけるのが楽しみだ。遅い車で出かけるのは、し…

日産スカイラインGT Type SP 4WD(ハイブリッド)2019 レビュー。

中途半端な自動運転。 現在、様々な問題を抱えて苦しい立場にある日産。 そんな日産の最新技術であるプロパイロット2.0を搭載した、スカイラインGTに試乗する機会を得た。 // 例によって国産車の知識は0のワタクシ。見た目はスポーツカーっぽい顔をしている…

スバル レヴォーグ 1.6 STI Sport EyeSight 2019 レビュー。

よく出来た日常の足。 国内ではほとんどライバルのいないステーションワゴン。その数少ない国産ステーションワゴンの一つがこのスバルのレヴォーグ。低重心で走りも良く、人も荷物も乗せられるのがステーションワゴンの魅力。 海外のスーパーカーラリーなど…

スバル WRX STI タイプS 6MT 2019 レビュー。

今まで乗った日本製スポーツカーの中で一番良い。 ラリーで地位を確立したスバルの代表作。見た目はコテコテのスポーツセダンだが、これはこれでかっこいいな。流れるようなデザインのフェラーリ的な美しさとは対極をなす、機能を追及した結果のデザインだろ…

スズキ クロスビー ハイブリッド MZ 2019 レビュー。

見た目にそぐわない快速っぷり。 見た目はビッグハスラーだ。 ハスラーがデビューしてしばらくした後、普通車規格のハスラーが出るという噂の後、出てきたのがこの車。その名もクロスビー。ハスラー譲り(というかそのまま)のかわいいそのお顔は相変わらず…

スズキ スイフト XG リミテッド 2019 レビュー。

びっくりポンなコストパフォーマンス車両。 こうして乗ってみると、世の中にはまだまだ知らないことが多いなぁ、と思うのである。スイフトは『コンパクトスポーツカー』というイメージを持っていたが、聞いたところスポーツを売りにしているのは【スイフトス…

スバル レガシィ B4 2019 レビュー。

スバルの看板車種。 国産車には素人よりも知識の無いワタクシ、レガシィについての知識は好きな漫画のひとつである『カウンタック』から一つだけ。作中で主人公の友人が峠バトルで事故を起こした際に"あのときレガシィなら、、、"みたいな台詞を言うところが…

スズキ ジムニー XC (MT) 2019 レビュー。

走る化石。 軽自動車の運転など何年ぶりだろうか。 車に興味を持ってしまって以来、調べたり購入の候補になる車は2,000cc、3,000cc、4,000ccの車~ばっかり。如何に速く、美しく、官能的なサウンドを発生させるか、という観点でしか車を見ていないため、エン…

スバル フォレスター アドバンス 2019 レビュー。

安全性能は最高だが、走行性能は最悪。 大人気SUV、そしてアイサイトをはじめ安全性には定評があるスバルのSUVだ。技術の進化により車は自動運転への道へどんどん舵を切っている。それは車の一つの方向性だし、素晴らしいことだ。ナビに目的地を入力したら後…

スバル BRZ S MT 2019 レビュー。

今後も残していきたい大切な日本車。 2012年に発売されて以来、改良されて熟成が進んでいるスバルのBRZ。 出た当時にも乗ったことがあったが、今回はそれに比べギアの入り等、随分とあちこちがスムーズになった印象。ミニバンと軽自動車で埋め尽くされる、日…

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI 2019 レビュー。

小さいポルシェ。 ゴルフは昔から多くの自動車メーカーにとっての指標でもある。 フォルクスワーゲンを代表する名車の一つであるが、その最新のGTIに乗ることが出来た。GTIというのはGrand Touring Injection(グランドツーリングインジェクション)の略で、…

フォルクスワーゲン アルテオンRライン 4MOTIONアドバンス 2019 レビュー。

中にアウディが潜んでいる、、、。 割と前から出ているけれど、そんなに興味がなかったアルテオン。きっと同じグループのあの車と共有だろうな~と思って軽く見ていたのだが、街中で時々見かける姿はとてもかっこいい。フロントデザインは横線だらけだ。 さ…

トヨタ ランドクルーザー ZX 2019 レビュー。

まっすぐ走ってるだけで乗り物酔いする車。 本日はトヨタのフラッグシップSUVランドクルーザーに試乗。現在絶賛大流行中のSUVシリーズ。右も左もみんなSUV。(日本は右も左も軽自動車とミニバン)そんな中とても大きな、陸の王者と呼ばれるランドクルーザー…

トヨタ クラウン 3.5 RS Advance 2019 レビュー。

今までに乗ったトヨタ車の中で2番目に良い。(レクサス含む) 右も左もネット上や紙面では新型トヨタ車が発表される度に、最高の賛辞を持ってレビューが舞う。俺はこの手のレビューを全く信用していない。自分で乗ってみてそれで、どう思ったかを書き記した…

マツダ CX-8 25S プロアクティヴ 2019 レビュー。

最近のマツダ車には目を見張るものがある。 先日もCX-5に乗って出来の良さに驚いた。日本車もついにここまで来たか!と思ったが、他社の車にも乗ってみた経験から『日本車もついにここまで来たか!』ではなく、マツダだけ頭一つどころじゃない高さで飛びぬけ…

マツダ CX-5 XD エクスクルーシブモード 2019 レビュー。

ライバルなしの国産車最高品質。 少ない利益率でいい車を追求し、ひた走っているマツダ。今回はCX-5のエクスクルーシブモードという上位グレードに乗る機会を得た。先日乗ったマツダ3よくなかったが、今回のCX-5のディーゼル車の乗り味はいかに。 www.nob13…

トヨタ RAV4 2019 レビュー。

安定感のあるひどさ。 ここ最近は自動車価格の値上げが止まる気配が無い。 安全装置などどうでも良さそうな機能が山ほど付くことを大義名分に、青天井で価格を吊り上げている。しかし、それでも乗り手を満足させるような”何か”を持っていればそれが商品の価…

トヨタ カローラスポーツG"Z" 2019 レビュー。

買う価値なし。 俺は車名に”スポーツ”という名前が付いていると条件反射的に手に取ってしまう、そんな末期状態である。自動車とは移動するための道具ではあるが、やはり趣味として運転する楽しみもある。近年の車はそこがとにかく薄口醤油を通り過ぎて、水の…

ポルシェ カイエンS 2019 レビュー。

SUVの一つの完成形。 マカンの兄貴分であるカイエン、そのパワー増し版であるカイエンS。個人的には速いSUVには否定的な見方をしがちだが、2002年にデビューしたカイエンの最新版。まずは乗ってみようじゃないか。 // まずこのボディカラーがとても良い。ビ…