のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

試乗記

マツダ CX-5 XD エクスクルーシブモード 2019 レビュー。

ライバルなしの国産車最高品質。 少ない利益率でいい車を追求し、ひた走っているマツダ。今回はCX-5のエクスクルーシブモードという上位グレードに乗る機会を得た。先日乗ったマツダ3よくなかったが、今回のCX-5のディーゼル車の乗り味はいかに。 www.nob13…

トヨタ RAV4 2019 レビュー。

安定感のあるひどさ。 ここ最近は自動車価格の値上げが止まる気配が無い。 安全装置などどうでも良さそうな機能が山ほど付くことを大義名分に、青天井で価格を吊り上げている。しかし、それでも乗り手を満足させるような”何か”を持っていればそれが商品の価…

トヨタ カローラスポーツG"Z" 2019 レビュー。

買う価値なし。 俺は車名に”スポーツ”という名前が付いていると条件反射的に手に取ってしまう、そんな末期状態である。自動車とは移動するための道具ではあるが、やはり趣味として運転する楽しみもある。近年の車はそこがとにかく薄口醤油を通り過ぎて、水の…

ポルシェ カイエンS 2019 レビュー。

SUVの一つの完成形。 マカンの兄貴分であるカイエン、そのパワー増し版であるカイエンS。個人的には速いSUVには否定的な見方をしがちだが、2002年にデビューしたカイエンの最新版。まずは乗ってみようじゃないか。 // まずこのボディカラーがとても良い。ビ…

ポルシェ 911カレラ4S 2019 レビュー。

安定の勇者っぷり。 2019年1月30日に受注開始となった新型911 カレラ4S。ポルシェの911はまさに同社の名刺的なクルマだ。911には様々なモデルがあるが、乱暴な言い方をすると全部同じクルマでそれぞれ仕様が違うだけのバージョンだ。しかし、その"仕様が違う…

ポルシェ マカン 2019 レビュー。

マカンSよりもベースグレードのマカンの方が良い。 前回乗らせてもらった新型のポルシェマカンS。エンジンがいまいちで正直あまりよくなかった。あの時も実はエントリーグレードの方がいいのではないか、と思ってはいたのだが、今回ありがたい事にマカンの…

トヨタ ハリアーターボ プレミアム 2019 レビュー。

悪くは無いが、どこも良くない。 ハリアーという人気のSUVに乗って来た。 トヨタ車にしては珍しくギラギラメッキ調ではないクルマ。リアのライト周りはマセラティのレヴァンテや現行ポルシェカイエン等にそっくりだ。 // 相方が(俺から見て)普通の自動車感…

ホンダ CR-V ハイブリッドEX マスターピース 2019 レビュー。

正面から見るとエクストレイルと見分けがつかん。 国産車にホントに疎いワタクシ。 CR-Vがどこのメーカーの車なのか今日まで知りませんでした。そんなド素人なので勿論クルマに対する先入観も0。期待しないで乗ってみたらすごく良かった、という事もあるこの…

ホンダ シビック ハッチバック 2019 レビュー。【CVT】

CVTは、ない。 街で時々見かけると好感が持てる国産車がいくつかある。 その一つがこの新型のシビックだ。新型と言っても発売されてから何年か経つが、国産車に詳しくない俺にとっては完璧にまだ新型のシビックだ。 見た目は飾らないシンプルな造形で好感が…

トヨタ 86 GR 2019 レビュー。

高い。。 スバルが作ったBRZ。 金額的にも出力的にも手を入れる余地が多く残されていて、とても楽しいクルマだと思う。以前、BMWのS1000RRで榛名山を爆走していたら後方から駆け上がってきた同車にあっという間に抜かれたものだ。おぁ、あれは86だったわ。 …

Audi TT 40 TFSI 2019 レビュー。

快適なスポーツクーペ。 今回でガソリンモデルは最後となってしまうアウディのTT。(次回は電気自動車として発売されるそうな) 最後のマイナーチェンジが施されたモデルに乗らせてもらった。さらに洗練された、、、とあちこちCM的な文句では書いてあるが、…

Audi 新型A6 55 TFSI 2019 レビュー。

価格の高さに納得。 以前、新型A6のSラインが本体価格のみで1006万円が高すぎるといつかのブログで書いた。何を持ってA6に乗っていないその時に『高い』と判断したかというと、以前所有していた360モデナは新車で1800万円だ。それが初期モデルなら20年落ちの…

【新型】BMW S1000RR 2019 レビュー。

教習所のバイクに使える。 元旧型S1000RRオーナーとして気になって仕方がない新型S1000RR。 あのバカ面が好きだったけれど、新型は誰がどの角度から見てもかっこいい正統派になった。車のヘッドライトと同様LEDでアイライン引かれたオメメは完璧にかっこいい…

マツダ ロードスターRF 2019 レビュー。

優しいオープンカー。 以前、現行の幌のロードスターMTバージョンに乗ったことがある。 シフトがショートストロークで手首の返しだけで決まる大変素晴らしいギアだった。 速くはないが日本の道を走るには必要充分。そんなロードスターの硬い屋根になった上級…

マツダ マツダ3ファストバックXD 2019 レビュー。

アウディが好きすぎるのが伝わる。 アクセラから生まれ変わった新型のMAZDA3(マツダ3)。 ここ何年かでマツダ車は本当にカッコよくなった。ヨーロッパをターゲットとして車を作っているのだろうし、日本の腑抜けた島国方式から離脱した車作りは素晴らしい…

M2かM4か。

結局、迷っている時が一番楽しかったりする。 M2クーペとM4コンペティションの両方を乗ってみて考えた。 2ドアが好きなのでM2とM4はどちらかを買う場合、一体どちらが自分にとって買いなのか。 様々な角度から考えてみた。 // まず、今回乗ったのはM2クーペ…

BMW M4 コンペティション 2018レビュー。2回目。

羊の皮が破れて狼の爪が飛び出している。 前回、確か冬頃だったと思うがM4コンペティションに乗ったが、道路事情等様々な外的要因によりほとんど徐行でしか乗ることが出来なかった。スポーツカーは回してこそ真の力を発揮する。今回改めてM4コンペティション…

BMW M2クーペ 2019 レビュー。

M4との楽しさの差は明らか。 BMWのショールーム内で展示車を眺めると『ほとんど全部』の車にMのバッジが付いている。俺はこのやり方が嫌いだ。MのバッジはM社が手がけたスペシャルモデルの称号であるべきで、M風、Mっぽい車に簡単に授けてはいけない。本物の…

BMW Z4 sDrive20i 2019 Sport レビュー。

オールマイティなラグジュアリーなオープンスポーツ。 話題のBMWの新型Z4に乗ることができた。 乗る機会は何度かあったものの、個人的にはなかなか食指が動かず体験するには至らなかったZ4。やはりBMWはMモデルを目の前にすると、あのエンジン音とパワーにや…

トヨタ ヴィッツ 2019 レビュー。

レクサスと同等レベルのコンパクトカー。ただし、加齢によりほうれい線大。 先日沖縄へ旅行に行った際に借りた謎の国産車。 正体はトヨタのVitz(ヴィッツ)だった。 // なぜ謎の国産車なのかというと、俺は国産車に興味がないためどこのなんと言う車なのかわ…

LEXUS RCF 2019 レビュー。

壊滅的なカッコ悪さのトヨタ製スポーツカー。 イニシャルDとか興味ないので読んだことないが、そういった系統の車が好きな人にはかっこよく見えるのだろうか? 現行ではFerrariの488やアルファロメオの4C、ポルシェ911、ボクスター辺りがカッコいいと思う俺…

LEXUS RX300 Fスポーツ 2019 レビュー。

良いところを探すことが難しい低品質なトヨタ車。 俺は自分の趣味の延長でブログを書いている。お金をもらったりしている訳でもなんでもないので、純粋に自分の思った通りの事を書き綴っているだけだ。備忘録でもある。 ただし、自分の中でルールがある。 そ…

ジャガー Eペース 2019 レビュー。

スポーティーSUVではなく、スポーツSUV。 ジャガーもランドローバーもあまり馴染みが無く、またそんなに興味が有る車種がないため詳しくない。ランドローバーのレンジローバーが、、、とかよくわからん位の知識なのだ。そんな中、ランドローバーとプラットフ…

Volks Wagen ティグアン R-Line 2019 レビュー。

このクルマはAudiのQ4。 SUV大ブームの今、SUVを主力車種においていないメーカーはほとんどないだろう。 おかげでどこもかしこも似たようなSUVで溢れかえっている。 // 確かにSUVは視界もよく運転しやすい。SUVはそもそも『スポーツユーティリティービーグル…

BMW 330i Mスポーツ 2019 レビュー。

現時点での最高のクルマの1台。 いよいよ関東も梅雨入りか、、、。 ただでさえ暑い日々が続くのは辛いのに、そこにさらにジメジメがプラスされる。また、濡らしたくない書類や道具を持ち運ぶにも雨降りは不便。ここから約二ヶ月は仕方が無いが、雨にも負けず…

Volks Wagen ザ・ビートルデザイン 2019 レビュー。

可愛いアイツのドライブフィールとは。 今年2019年で販売終了となってしまうワーゲンのザ・ビートルに乗ることが出来た。 かわいい自動車のアイコン的存在であるビートル、販売終了になってしまうのは悲しい。例え自分が乗らなくても売り続けていて欲しいも…

FIAT 500X レビュー。

女性ウケが良さそうなSUV。 イタリアの製品は靴も服もバッグもクルマも、魅力的な商品が多い。 耐久性はさておき、その商品を所有していることで得られる満足感、いわゆる所有欲が満たされるのだ。今回はイタリア産の巨大化した500、フィアット500Xに乗って…

アバルト 124スパイダー 6MT 2019 レビュー。

まず何より見た目が素晴らしい。 アバルトの124スパイダーである。 イタリアのアバルトよりエンジン等の部品が届き、広島のマツダの工場で組み立てられるという安心の日本製イタリアンスポーツカーだ。 ウィンカーも右でアバルトなのにマツダコネクトもつい…

BMW Motorrad R1200RS 2019 インプレ。

日が長くなったが暑い時間も長くなってきた今日この頃。 BMW Motorrad(バイク)のR1200RSに乗らせてもらった。 // このバイクは以前から気になっていたバイクの一つで、前傾過ぎない楽そうなライディングポジションにBMW伝統の水平対向二気筒エンジンを搭載。…

ポルシェ 718 ケイマン 2019 インプレ。

ドラクエで言うところ、ポルシェは勇者だ。 5月なのに既に連日酷暑が続いているが、一時的な暑さなのだろうか。 この気温から段階的に上がっていくのであれば今年の夏はマジでやばそうだ。そんな猛烈な暑さが続く中、現行の718ケイマンに乗ってきた。 // 冒…