のぶろぐ13。

毎日が夏休みの人生。

気分がいいは成功の特効薬!たくさん取り入れよう。

f:id:Nob13:20220914140033j:image

気分がいいは成功の特効薬。

 

自分自身の経験上間違いないのだが、”気分がいい”って自分に起こる様々な事をプラスに持って行くうえで非常に重要な要素。

気分がいい日はいつもより上手くいきやすいし、上手くいかなかったとしてもネガティブな感情になりにくい。

だから自分の気分が良くなることは積極的に取り入れよう。

 

 

 

気分がいいプラス作用は計り知れない

例えば

・前から大好きだった人に告白された。

・何かのキャンペーンに応募したら当選した。

・憧れの車やバイクを買えた。

・ギャンブルに買った。

・臨時ボーナスが出た。

・今日は仕事が上手くいった。

・誰かに褒められた。

 

こんなことがあった日は、雨の帰り道にトラックやどうでもいいような車に水をはねられても、笑って許せるような心の余裕が生まれる。(個人差はある)

いつもだったら落ち込むような事ややらない事も

『ま、今日はやってみるか!いい気分だし。』

となりやすい。

 

仕事も気分が悪い日にやるのと、気分がいい日にやるのとでは仕上がりに差が出る事もある。

 

気分と言うのはそれだけ心理的な部分を超えて影響を及ぼして来るんだ。

 

だからここで提案がある。

自分がこれをやると気分がいいという事はどんどん取り入れよう。

そのためのお金や労力は惜しまず投入だ。

 

実際問題、この事を意識してかしないでか、お金持ちになる人は自然とわかっている人が多い。

 

一般的にお金を貯めようと思ったら貯金と節約が王道だ。

しかし、見てると多くのハードなプロ節約家はみんな表情が死んでいる。

ランチのお小遣いが今までは豪華500円まで与えられていたお父さんが300円に節約になったところ、お父さんは痩せ、死んだ魚の目になっている。

しかも数年後にも生活はほとんど変わっていない。

 

ところが成功者の多くを見て欲しい。

彼らは毎月のように車を買っている。

それこそ我々が牛乳や豆腐を買うようなペースで1000万円超の車をポンポンと買っている。彼らはそれにより気分が良くなり、モチベーションがあがり、仕事をもっと頑張り、成果をだし、更に欲しい車を買い続けるという”正のスパイラル”を作り続けている。

 

この事からも気分をあげるために自分が出来ることはどんどん取り入れていくべきだ。

f:id:Nob13:20220914140042j:image

自分自身は貧乏なので新しいキーホルダーを1つ買うだけでも気分があがる。

このキーホルダーを付けた乗り物で出かけたい!と。

それだけでも効果は充分ある。f:id:Nob13:20220914140039j:image

自分にとって気分が上がるバイク。

一周ぐるりと回って来るのは節約面だけ見れば時間とガソリンの無駄だが、それにより自分自身の気分が良くなるので他のことにプラスの作用を及ぼす。

 

美味しいケーキを食べるのも同じ。

 

気分が上がる事はどんどん取り入れて行こう。

車を買わなくてもちょっとした贅沢やちょっとした楽しい時間でいいんだ。

 

節約と我慢だけでは心が折れる

 

気分がいいのは人生を充実させる特効薬なんだ。

f:id:Nob13:20220914140036j:image