のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

日本車

日本車のレビュー。

スバルBRZが7月で受注終了。レガシィB4の販売終了も。

BRZが受注終了から新型へ。 発売した当初は多くの若者にスポーツカーの楽しさを気軽に味わってほしい、という思いがあったと聞くBRZ。結局蓋を開ければ若者に300万円からの車は高すぎて買えず、50代以上の管理職クラスの人ばかりが主な購買層だったともきい…

トヨタ ヤリス ハイブリッドZ 2020 レビュー。

見た目が崩れたデミオっぽい。 鳴り物入りで登場した新型ヤリス。ハイブリッドモデルとそうでないモデルと2種類がある。今回試乗させてもらうのはハイブリッドの最上級モデル。乗り出しで300万円ほどになる車だそうだが、ガソリンモデルとの比較も交えながら…

トヨタ ヤリスX 1.5 CVT 2020 インプレ。

安定感のある低品質。 鳴り物入りで登場したトヨタの新型ヤリス。 コンパクトカーでヴィッツの後継機にあたるのかな? コンパクトカーは狭い日本にはとても良い。かくいう俺もコンパクトカーオーナーである。本体価格159万8000円、乗り出し200万円弱。果たし…

トヨタ C-HR ハイブリッド G 2020 レビュー。

パグに似ている気がする。 流れるウィンカーをいち早く取り入れたトヨタの意欲作。 アルファロメオのステルヴィオに似ているが、C-HRの方が先だったと記憶。という事はアルファロメオが似たデザインを、、、? 話を聞いたところ値段も乗り出し350万円ほどと…

トヨタ ライズG 2020 レビュー。

価格相応。 ダイハツが開発しエンブレムを付け替えた、トヨタのいつものパターンである。 新しい車がどんどん出てくるが、昔に比べ値段も上がってしまい、ほとんど手が出なくなってしまった昨今。この1リッターのコンパクトSUVは200万円を切る本体価格が魅力…

マツダ AZワゴンカスタムスタイル XS レビュー。

軽自動車には日本の自動車の歴史が詰まっている。(気がする) 10年近く前に生産され、そして今では生産終了しているマツダのAZワゴンという軽自動車らしい。調べてみたらスズキのワゴンRからOEM供給を受けている車だそうで。 そうなると中身はまんまワゴンR…

日産 セレナ 2019 レビュー。

何かの記事にセレナは日本のゴルフと書いてあったが。 さて日本で大人気のミニバンセレナ。 俺は今は子どももいないし、日常的に多人数乗車することがないので、車は最大5人乗りで十分。それなのでミニバンには全く興味はないのだが、今回乗るセレナは一体ど…

スズキ エスクード 2019 レビュー。

スズキの隠れた名車。 世の中にある良いものは必ずしも評価されている、というわけではない。類まれな才能を持ちながらも、ひっそりと姿を消していくことだって結構あるのだ。このエスクード、まだ姿を消してはいないが、間違いなくその類の車だ。 そういう…

トヨタ シエンタ 初期モデル レビュー。(番外編)

自動車の進化を感じる予定だったが、、、。 車は人々の生活になくてはならない存在だ。 今後は自動車自体の在り方も変わってくるだろうが、過去の自動車史を鑑みても、少なくとも自分が生きている間は大して変わらないだろうと思ってる。 // さてさて、先日…

スズキ ジムニーXC 4AT 2019 レビュー。

最新の車なのに80年代の車のようだ。 もともと速い車が好きな俺はジムニーファンではない。ジムニーもパジェロもラングラーもGクラスも全部同じに見え、区別がつくようになったのは比較的最近の事だ。そんなジムニーの素人から見る、最新のジムニーの良さと…

マツダ ロードスターS スペシャルパッケージ MT 2019 レビュー。

車の運転が嫌いな人にこそ乗ってもらいたい。 いつ乗っても感動する。 車は最近どんどんコンピューター化している。自動でドアが開く、自動で駐車、自動で発進停止、、、。機械としては確実に進化の方向へ進んでいるのだが、自動車本来の魅力からはどんどん…

マツダ CX-3 20S プロアクティブ 2019 レビュー。

良くない。 CX-3のガソリン2000ccモデル。ディーゼルエンジンが素晴らしく人気のマツダ車だが、ディーゼルの同グレードよりも30万円安い2000ccのガソリンモデルが登場したので乗ってみた。 // 見た目は良い。デザインもいち早く欧州車的なデザイン要素を取り…

スズキ スイフトスポーツ 2019 レビュー。

小さい暴れん坊。 先日乗ったスイフトのスポーツバージョン。 ベースのスイフトも素晴らしいコストパフォーマンスで、150万円くらいまでの予算で新車を探すのであれば候補の筆頭に上がるような自動車だった。 そんなスイフトのスポーツ版だが、ベースのスイ…

スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight 2019 レビュー。

やはりCVTがダメ。 先日乗ったレヴォーグ1.6。見た目も良く、広くて使い勝手が良い車だったが、今回はそのハイパワー版の2.0に乗る。やはりパワーがある車は面白いから魅力的だ。乗っていて楽しい車は遠くに出かけるのが楽しみだ。遅い車で出かけるのは、し…

日産スカイラインGT Type SP 4WD(ハイブリッド)2019 レビュー。

中途半端な自動運転。 現在、様々な問題を抱えて苦しい立場にある日産。 そんな日産の最新技術であるプロパイロット2.0を搭載した、スカイラインGTに試乗する機会を得た。 // 例によって国産車の知識は0のワタクシ。見た目はスポーツカーっぽい顔をしている…

スバル レヴォーグ 1.6 STI Sport EyeSight 2019 レビュー。

よく出来た日常の足。 国内ではほとんどライバルのいないステーションワゴン。その数少ない国産ステーションワゴンの一つがこのスバルのレヴォーグ。低重心で走りも良く、人も荷物も乗せられるのがステーションワゴンの魅力。 海外のスーパーカーラリーなど…

スバル WRX STI タイプS 6MT 2019 レビュー。

今まで乗った日本製スポーツカーの中で一番良い。 ラリーで地位を確立したスバルの代表作。見た目はコテコテのスポーツセダンだが、これはこれでかっこいいな。流れるようなデザインのフェラーリ的な美しさとは対極をなす、機能を追及した結果のデザインだろ…

スズキ クロスビー ハイブリッド MZ 2019 レビュー。

見た目にそぐわない快速っぷり。 見た目はビッグハスラーだ。 ハスラーがデビューしてしばらくした後、普通車規格のハスラーが出るという噂の後、出てきたのがこの車。その名もクロスビー。ハスラー譲り(というかそのまま)のかわいいそのお顔は相変わらず…

スズキ スイフト XG リミテッド 2019 レビュー。

びっくりポンなコストパフォーマンス車両。 こうして乗ってみると、世の中にはまだまだ知らないことが多いなぁ、と思うのである。スイフトは『コンパクトスポーツカー』というイメージを持っていたが、聞いたところスポーツを売りにしているのは【スイフトス…

スバル レガシィ B4 2019 レビュー。

スバルの看板車種。 国産車には素人よりも知識の無いワタクシ、レガシィについての知識は好きな漫画のひとつである『カウンタック』から一つだけ。作中で主人公の友人が峠バトルで事故を起こした際に"あのときレガシィなら、、、"みたいな台詞を言うところが…

スズキ ジムニー XC (MT) 2019 レビュー。

走る化石。 軽自動車の運転など何年ぶりだろうか。 車に興味を持ってしまって以来、調べたり購入の候補になる車は2,000cc、3,000cc、4,000ccの車~ばっかり。如何に速く、美しく、官能的なサウンドを発生させるか、という観点でしか車を見ていないため、エン…

スバル フォレスター アドバンス 2019 レビュー。

安全性能は最高だが、走行性能は最悪。 大人気SUV、そしてアイサイトをはじめ安全性には定評があるスバルのSUVだ。技術の進化により車は自動運転への道へどんどん舵を切っている。それは車の一つの方向性だし、素晴らしいことだ。ナビに目的地を入力したら後…

スバル BRZ S MT 2019 レビュー。

今後も残していきたい大切な日本車。 2012年に発売されて以来、改良されて熟成が進んでいるスバルのBRZ。 出た当時にも乗ったことがあったが、今回はそれに比べギアの入り等、随分とあちこちがスムーズになった印象。ミニバンと軽自動車で埋め尽くされる、日…

トヨタ ランドクルーザー ZX 2019 レビュー。

まっすぐ走ってるだけで乗り物酔いする車。 本日はトヨタのフラッグシップSUVランドクルーザーに試乗。現在絶賛大流行中のSUVシリーズ。右も左もみんなSUV。(日本は右も左も軽自動車とミニバン)そんな中とても大きな、陸の王者と呼ばれるランドクルーザー…

トヨタ クラウン 3.5 RS Advance 2019 レビュー。

今までに乗ったトヨタ車の中で2番目に良い。(レクサス含む) 右も左もネット上や紙面では新型トヨタ車が発表される度に、最高の賛辞を持ってレビューが舞う。俺はこの手のレビューを全く信用していない。自分で乗ってみてそれで、どう思ったかを書き記した…

マツダ CX-8 25S プロアクティヴ 2019 レビュー。

最近のマツダ車には目を見張るものがある。 先日もCX-5に乗って出来の良さに驚いた。日本車もついにここまで来たか!と思ったが、他社の車にも乗ってみた経験から『日本車もついにここまで来たか!』ではなく、マツダだけ頭一つどころじゃない高さで飛びぬけ…

マツダ CX-5 XD エクスクルーシブモード 2019 レビュー。

ライバルなしの国産車最高品質。 少ない利益率でいい車を追求し、ひた走っているマツダ。今回はCX-5のエクスクルーシブモードという上位グレードに乗る機会を得た。先日乗ったマツダ3よくなかったが、今回のCX-5のディーゼル車の乗り味はいかに。 www.nob13…

トヨタ RAV4 2019 レビュー。

安定感のあるひどさ。 ここ最近は自動車価格の値上げが止まる気配が無い。 安全装置などどうでも良さそうな機能が山ほど付くことを大義名分に、青天井で価格を吊り上げている。しかし、それでも乗り手を満足させるような”何か”を持っていればそれが商品の価…

トヨタ カローラスポーツG"Z" 2019 レビュー。

買う価値なし。 俺は車名に”スポーツ”という名前が付いていると条件反射的に手に取ってしまう、そんな末期状態である。自動車とは移動するための道具ではあるが、やはり趣味として運転する楽しみもある。近年の車はそこがとにかく薄口醤油を通り過ぎて、水の…

トヨタ ハリアーターボ プレミアム 2019 レビュー。

悪くは無いが、どこも良くない。 ハリアーという人気のSUVに乗って来た。 トヨタ車にしては珍しくギラギラメッキ調ではないクルマ。リアのライト周りはマセラティのレヴァンテや現行ポルシェカイエン等にそっくりだ。 // 相方が(俺から見て)普通の自動車感…