のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

自動車総合

自動車総合ネタ。

マクラーレンの新型スーパーカー"アルトゥーラ"2965万円より。

0-100km/h3.0秒。 マクラーレンの新型スーパーカーのアルトゥーラが発表された。 540や570によく似た(全般に似ているが)ハイブリッドスーパーカーである。今後、純ガソリン車は厳しくなっていく一方、ハイブリッドやターボの搭載が半ば義務になっていくだろ…

走る金庫の代表格、ボルボは事故現場に調査チームを送る。

安全な車の代名詞。 我々車好きからすると、ボルボと言えば耐久性が高く堅牢な車のイメージである。 最近ではデザインもカッコよくなった。反対に興味ない人からすると、ボルボは、、、ただの知らない自動車メーカーだ。 実は知っておいても損は無いくらい素…

ボルボのEVC40はオンライン購入のみ!?その意外な理由とは。

オンラインの時代。 時代はオンライン真っ盛りだ。 ネットで注文、ネットで席予約、ネットで婚活。そして次はネットで車購入だ。 変革の時が来ているのだろう。 この辺のオンラインへの移行は個人的には大賛成だ。ボルボの新型EVであるC40は販売はオンライン…

BMWグループが部品在庫センターを統合。迅速な対応が可能に。

今では国産車にひけを取らず。 普段乗る車であれば尚更。 修理に何週間も何カ月も待たされると気持ちもなえてしまう。 そんな不満を払拭すべく、BMWグループが広大な部品在庫を揃えるディストリビューションセンターをオープン。これにより97%の部品を24時間…

スーパーカーの整備士は不人気?自動車大学生と話して思った事。

車が好きだからこそ。 中に入ってみなければわからない事ってたくさんある。 先日、自動車整備士を目指す自動車大学校の学生さんと話す機会を得た。今年卒業なので、地元の自動車ディーラーの整備士として就職するのだそうだ。スポーツカーが好きだって言っ…

ホンダNSXを1カ月借りられる!ただし月額89万8000円。

夢と現実。 スーパーカーを買おうと思ったらいろんな出費を覚悟しなければならない。 しかしレンタカーであれば話は別だ。購入することに比べれば、はるかに安価な価格でスーパーカーの運転を楽しむことが出来る。 そしてついに大人気、、、かどうかはわから…

運転に自信がある人の割合は27%。4人に1人は自分は運転が上手いと回答。

運転は得意ではないし、好きでもない。 さて、都心部にでも住んでいない限り必要になる車。 この自動車の運転について、上手に運転できるという自信はあるだろうか。 そんなアンケートがあったので、他の人の回答を参考に見てみよう。 // 4人に1人が自分は運…

BMW過剰ノルマ撤廃!公取委が入ったその後。

鼻の穴を大きくして言いたい。 さて、数年前にニュースにもなったBMWの過剰ノルマ問題。 日本に限らず、世界中のBMWで猛威を振るっていた重税ならぬ重ノルマだが、今回公取委が入ったことでBMWが過剰ノルマを撤廃する約束をしたという。 内容を見てみよう。 …

ミニバンは高級車ではない!?ヨーロッパでミニバンが不人気な理由。

ミニバン天国日本。 日本はミニバン天国である。右を見てもミニバン、左を見てもミニバン。スポーツミニバン、威圧系ミニバン、カッコイイミニバン、カワイイミニバン、軽自動車でも背の高いミニミニバンが大流行中だ。 こんなに人気で便利(らしい)車が、ヨ…

トヨタの高性能エンジンの多くはヤマハ製という事実。

あまり表に出したくない話。 日本でのトヨタへの信頼は厚い。激厚だ。 コンパクトカーから大型ミニバン,SUV、スポーツカー、ハイパーカーまで何でもござれ。国内における人気の自動車ブランドでもトップだ。 しかし、そこには多くの表に出されないメーカー達…

ドバイの富豪、12歳の息子の誕生日にロールスロイスをプレゼント。

大きな誕生日プレゼント。 誕生日は誰にとっても特別な日だ。 昔は嬉しい時期があったが、今では全く嬉しくない。老化と闘いながら日々生きているようなものだ。しかし、12歳の誕生日に超ド級の豪華誕生日をもらった子どもがいるようだ。いやはや、世界には…

MINI マイナーチェンジでデザイン変更。

かわいいデザインで好き! ミニのデザインは可愛いので大好きだ。 エクステリアもインテリアも丸が基調となったデザインで、とても好き。 ただし、値段見てびっくり。 そこだけ唯一かわいくないところだ。 // MINIのデザイン変更で変わったところ 独BMWは202…

BMW M3、M4販売開始!販売価格はこちら。

いよいよマキバオーMも上陸。 BMWっていい車をたくさん作るのに、売り方とかラインナップとか、どうも自分の中でしっくりこない不思議なブランド。同じBMWの名を冠したバイクは走りは勿論デザインも魅力的なモデルが多いのだが、四輪に関しては首をかしげる…

BMW M社の世界販売が過去最高。疑惑のBMWの売り上げ過剰ノルマ問題。

昨年の公取委の件依頼、、、。 BMWの過剰ノルマは過去にニュースにもなり、ディーラーの権利をはく奪されたと実名で公表した方の件もあり業界では有名な話だ。そんなBMW、高性能&高価格な上位モデルであるMモデルの世界販売が過去最高なのだそう。 疑惑の目…

最近のアウディオーナーの乗り換えサイクルは〇〇年?!

絶賛販売不振中。 グンマーの場合だが、昨年からアウディはさっぱり車が売れず苦しんでいるようだ。 実際自分が見ていても、現行モデルが走っているのを街中で見るのはあまり多くない。ないことはないけれど、やっぱり何世代か前のモデルが圧倒的多数。 さて…

新成人の欲しい車!BMWとワーゲンを抑えての堂々1位は?!

完成直前で消えた2度目のブログ。 今は昔とは随分車との付き合い方や考え方も変わってきている。 自分達の頃はマニュアル免許持っていない人は、論外という風潮だった。 MT車を買う買わない関係なく、AT限定免許は悪だったのである。 俺はAT限定だったが、、…

ロールスロイス ブラックバッジな生き方に憧れる。

反逆の狼煙。 型にはまらない事。 これは自分自身の中でもっとも大切にしている事であり、昔から挑戦し続けている事でもある。ところでフェラーリ等と並んで世界最高の車と称されるロールスロイスにも、そういった挑戦者向けの車があるのだ。 それがロールス…

アウディは車ではない?!スーパーカー業界におけるクルマとは。

業界ならではの独自ルール色々。 それぞれの業界には独自のルールやら掟があったりするものだ。 音楽の世界ではステージの足元に置いてあるモニターアンプ(自分の出音を確認するためのスピーカー)を”コロガシ”と読んだりする。こんな感じのことはどこの世…

2021.1.2 羽生PA(下り)に集まるスーパーカー。

寒波に負けず。 2021年が始まった。 昨年開催予定だった東京オリンピックは今年に持ち越しになっている。 しかしこのコロナウイルスの感染状況を見ていると、昨年よりも更に状況は悪くなっているように見える。 選手には酷だが、早々に中止や延期にして次の…

走行距離524万kmを1人で走ったボルボP1800オーナー。

一台の車をいつまでも大切に乗るのはカッコいい! 新車もしくは新車に近い車を買った時には必ず思う。 『俺はこの車に一生乗るぞ!!』と。 しかし、早い時は数カ月で手放してしまうのが通常の流れ。 実際他に目移りしてしまう事も多いのだが、そもそも自分…

取ってつけたような2030年ガソリン車新車販売禁止に毒を吐く。

”実質ゼロ”はゼロではない。 携帯のプランでも生命保険でも、いかがわしい契約についてまわる”実質ゼロ”という言葉。今回も『温室効果ガスの排出を実質ゼロとする政府目標の実現』などといかがわしい文章がハッキリと出ている。 さて、たまには毒を吐くか。 …

アウディ 新型RSQ3 スポーツバック12月に発売。

アウディの至高のエンジン。 アウディはBMWほど派手なエンジンは作らず、どちらかというと大人しめなエンジン/車作りを得意とする。自分が乗っているA3の上位版のS3など倍以上速くなるけれど、煩くて普段使い出来ないなんてことはなし。 基本的にジェントル…

電気自動車のRSモデル。アウディRS e-tron GTの動力性能とは。

電気自動車の求められるもの。 内燃機関エンジン信者にはとても億劫な、電気自動車の波がどんどんと迫ってきている。エンジン音をスピーカーで流す様な車が増えてきている昨今。 自分のような旧タイプの人間には非常に寂しい限りだ。 勿論環境あっての事では…

自動運転レベル3事故をノーカウント扱いに。東京海上日動。

ホンダの自動運転レベル3を受けてと思われる。 ホンダが今月、レベル3の自動運転を採用した車を今年度中に販売すると発表。このレベル3の自動運転の実用化は世界初なのだという。 これを受けて東京海上日動が、レベル3の自動運転中に起こった事故で保険…

時速230km超で臓器を届けるランボルギーニパトカー。

速いことは正義である。 イタリアの出来事だが、臓器を搬送するのに通常5時間かかる道のりを2時間強で走る緊急搬送を行ったそうだ。速度にして230km超だが、その速度で走りぬいた車両こそがランボルギーニのウラカンである。ここにまた新たに、『速いことは…

正直鬱陶しい車検制度。ところで他国の車検事情は?

自動車は税金地獄だと前から言われている。 車を持つと自動車本体の価格は勿論、駐車料金、自賠責保険料、任意保険料、重量税、ガソリン代、、、そんなに取るか?!ってくらいの金額がかかってくる。 これが車を購入する決断を阻害する原因なのは言うまでも…

偏見の塊!!巷の車好き男子の性格傾向3つに喝!!

理想と現実ではなく、予想と現実。 実際その世界に足を踏み入れて初めてわかる事もある。 わかる事もあるというより、そんなことばかりである。 勝手な想像で好き勝手なことを言っているように見えると、つい口出したくなってしまう今日この頃。 妄想家の車…

これからの電気自動車は”エンジン音がオプション”か?!

音が欲しければ追加料金。 大好きだったF1も全く見ていないし行っていない。 鈴鹿F1は2013年までは毎年必ず行っていた。しかし、それ以降は興味がなくなった。 エンジンサウンドがV8NAからV6ターボになったからだ。 音のないF1には興味が持てない。 しかし、…

MINI新車登録台数4年連続首位に感じる違和感。

違和感も期間が長いとそれが普通になる。 ミニが外国メーカー車モデル別新車登録台数で首位に立ったのは2017年から4年連続なのだそうだ。確かに可愛いし、いい車ではあるものの結構値段も高いし一台一台のクオリティも個体差が大きい。(車内の軋み音など) し…

シックカー症候群 人体に有害な新車の臭い。

特に国産車は酷い。 匂いに関しては、一般的な女性の5300倍くらいは気にする方である。 別に鼻が良いとかではなくて、純粋に臭いのが無理。汗臭いのも口臭がキツイのもヤメテ。自分が嫌だから相手にも不快感を与えないように気を付けている。 せっかく美味し…