のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

既婚者の夫の平均お小遣い額は”30053円”だそう。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20210629131929j:image

お小遣い制万歳。

 

世帯年収により差があるものの、平均的な旦那さんのお小遣い額は2万円~4万円なのだとか。これは仕事途中のお昼ご飯代は含まれているのだろうか。各家庭の旦那さんのお小遣い事情に迫る!

 

 

 

夫がお小遣い制の家庭は45.2%

UOCCは5月24日、「既婚者のお小遣い制」に関する調査結果を発表。

調査は5月14〜19日、20~60歳の既婚者500名(平均世帯年収642万円、専業主婦の家庭44.4%)を対象にインターネットで行われたのだそうだ。

 

その中でまずはじめの質問が”夫/妻はお小遣い制ですか?”という質問。

回答は以下の通り。

f:id:Nob13:20210629131807j:image

旦那さんの約半分がお小遣い制。

最近ではお小遣い制ではない家庭も増えているようだ。

 

そして奥様のお小遣い制採用は30%ほど。

 

UOCCは5月24日、「既婚者のお小遣い制」に関する調査結果を発表した。

調査は5月14〜19日、20~60歳の既婚者500名(平均世帯年収642万円、専業主婦の家庭44.4%)を対象にインターネットで行われた。

 

お小遣いの金額については、「話し合いで決めた」が74.9%と圧倒的多数。夫のお小遣い金額は平均で3万53円、妻は平均1万9,697円となり、夫のほうが約1万円多い結果に。


家族構成別にみると、夫も妻も「専業主婦子供あり」のケースで最も低く、夫は2万8,706円、妻は1万7,250円だった。

 

世帯年収別では、夫と妻どちらも世帯年収が上がるごとに高く、夫のお小遣い平均金額は、世帯年収「300万以下」で2万2,917円、回答者のボリュームゾーンである「501〜700万」の場合で3万26円世帯年収「901万以上」では3万9,808円という結果に。

 

一方、妻のお小遣い平均金額は、世帯年収「300万以下」で1万4,231円、「501~700万」の場合で2万59円となり、「901万以上」では2万8,750円となった。

 

マイナビニュース

既婚者のお小遣い、夫の平均額は月3万53円、妻は? 

f:id:Nob13:20210629132002j:image

平均のカラクリから見る疑問

夫のお小遣いの平均額が30053円なのだそうだ。

しかしこの”平均”というのが実に厄介なもので、上に引っ張られる傾向があるのだ。

以下を見てもらえばわかる。

 

Aさんのお小遣い 3万円

Bさんのお小遣い 2万円

Cさんのお小遣い 2万円

Dさんのお小遣い 3万円

Eさんのお小遣い 10万円

 

この場合の平均お小遣い額は4万円になる。

 

4万円以上のお小遣いをもらっている人なんて1人しかいないが、、、。

 

平均というのはこうした実態と離れた数字も出てくるので、思うに実際に

『そんなにお小遣いないよ!!』という人も多いのではないかと思うぞ。

 

 

高齢者の平均貯蓄額にも同じことが言えるが。

 

余談だが、知人の1人は核家族で旦那さんのお小遣いは『月10,000円。昼食代込』である。共働きだが。

f:id:Nob13:20210629143936j:image