のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

男性が結婚相手に求める4つのものとは。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20210815122454j:image

当たり前だが、男性も女性を選ぶ。

 

同性同士で話題に出る事がしばしばあった『彼女にしたい人と結婚したい人は違う』という話。詰まる所、一緒にいて楽しければ彼女として合格なのかもしれないが、結婚して生涯を共にするパートナーとしてはそれだけでは無理って事みたい。

それでは多くの男性が口にする女性に身に付けていて欲しい4つの能力とは。

 

 

 

男性が結婚相手に求める4つの要素

①社会性がある


結婚相手には社交性を求めるという男性は多いです。近所づきあいや子供関係の付き合いのことを考えると、社交性が無い女性だと厳しいと考えます。


仲良くなるに越したことはありませんが、社交性があれば適度なお付き合いをすることができます。人見知りで他の人と話せないような女性だと、家庭を任せていく上で不安になってしまうのです。

 

昔ほど近所づきあいが求められるような時代ではないと言え、最低限の社交性は持っていて欲しいと思うもの。首都圏の集合住宅であればそこまで関わりはないけれど、これが地方の戸建てメインの生活になると、自分が関わりたくなくても向こうから関わってくる事もしばしば。

 

外で仕事の付き合いの上司や取引先に会っても、逃げ回ったりせず堂々と振舞ってくれるような人がいいなと思うのは本音。

 

 
②責任感がある
結婚相手に責任感を求める男性もいます。彼女は甘ったれた性格でもいいけれど、結婚相手には信頼できる女性でないと一緒にいることはできないと考えます。


何でもかんでも男性任せにする女性は、いざというときに頼ることができません。過程で生じたトラブルに関しても自分一人で解決しなくてはいけなくなります。夫婦のどちらでもトラブルに対応できることが、理想の夫婦の形なのです。

 

これはホントにそう。

全て男性任せでは男性も精神的に重たい。

その位自分でやってくれよと思われないためにも、問題が起きても自分で解決できる力を持っていてくれると安心できる。

 

f:id:Nob13:20210815122531j:image
③家事力がある


男性が結婚相手に対して最も重視するのが、家事力です。家事全般を一通りこなせる女性でないと、結婚は難しいと考える男性がほとんどです。


付き合っているときは生活基盤がバラバラなので、相手に対して家事力を求めることは少ないです。自分のことは自分ですればいいのです。しかし、結婚して相手が全く家事ができないと、家事の負担が自分にばかりのしかかってしまうことになるのです。

 

これは同時に男性にも言える事だ。

現在は共働きが主流でもあるので、お互い働いていて女性だけに家事能力を求めるのは間違い。だったら2人分稼いで来いと思うのはごもっともな話。

それぞれが洗濯も掃除も料理も出来る事が望ましい。

得意不得意ではなく、やろうとする気持ちがあるかどうかが大切。

 

④収入がある


結婚相手にはある程度の収入を求めるという男性も多いです。一度も働いたことのない女性や、実家に帰省してアルバイトしかしてこなかった女性だと収入面で不安になります。


自分である程度稼げる能力がある女性だと、一人だけで頑張る必要がありません。自分に何かあっても大丈夫だという安心感があるのです。

 

今はコロナ禍でもあるので、これは本当にそう。

いざ自分が働けなくなっても妻に働く気がなく、しかも収入も何もないのでは大変な思いをすることは間違いない。

社会に出て自立している女性が結婚相手として望ましいと思うのは、多くの男性が思う事ではないかな。

 

まとめ

社会性があって責任感があって、家事能力があって収入がある。

これだけあればそりゃ結婚できるわ。

 

逆に婚活がうまくいかない人は相手の原因だけではなく、自分のこれらの事に問題があるのかもしれないね。

 

備えよう!男性が思う「彼女にはなくていいけれど結婚相手には求めるもの」 4 選

TRILL

f:id:Nob13:20210815122559j:image