のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

ネットオークションによるA・ランゲ&ゾーネ盗難未遂。盗難に注意を!

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20210125140548j:image

心が荒んでくると、、、。

 

コロナ禍の現状において、収入面で厳しい人は個人/大企業問わず少なくない。そうしたことも原因にあるのかもしれないが、高級車やクラシックカー、時計の盗難等のニュースをやたら耳にする。自分にはどんな防衛策があるかを含めて盗難対策を考える。

 

 

 

高級時計の盗難未遂事件の場合

車に比べて高級時計は小さいので、盗難する場合は車よりリスクが小さいだろう。

それなのに価格は自動車以上の金額がするものも多いし、中古品を買い取ってくれる店も多い。

高級時計が盗まれるという話は割とよく耳にするので、ここは1人の時計愛好家として本当に気をつけなければいけないだろう。

 

先日、未遂に遭った高級時計の盗難事件は以下のようだ。

 

ネットオークションの出品者を「現物が見たい」と呼び出し、商品の高級腕時計を奪ったとして、大阪府警は25日、名古屋市名東区の会社員、佐藤創(はじめ)容疑者(28)を強盗致傷の疑いで24日に現行犯逮捕したと発表した。

佐藤容疑者は容疑を認め、「借金を返すためだった」と話しているという。

 

 南署によると、佐藤容疑者は24日午後6時15分ごろ、大阪市中央区難波5丁目の商業施設内の通路で、40代の男性会社員の顔にスプレーを噴射し、男性が持っていたドイツの「A・ランゲ&ゾーネ」社製の腕時計(290万円相当)を奪った疑いがある。

朝日新聞社

ネット売買、出品者呼び出し高級時計奪った疑い 男逮捕

 

 

この後、無事に犯人を捕まえることが出来たから良かったものの、自分にもあり得る話なので気をつけたい。

f:id:Nob13:20210125140815j:image

盗難対策で出来る事

盗難対策としては2つの事を考えた。

自宅保管の場合はくれぐれも施錠をしっかりと。また外からは見えづらいところに保管する等だ。

そして外出時は、しっかりと身に着けて離さない事。

時計を見せて欲しいと言われても、腕にした状態で見せるとか。

腕に100万円以上の札束を括り付けて歩いているのと同じことなので、容易に自分の身から離してはダメだ。

 

自分自身の体の一部として厳重に管理しないといけない。

 

そして、もう1つは保険で対策する事である。

購入金額が高額であれば全額補償することが出来る保険は難しいだろう。

しかし、上限金額が購入額に満たなかったとしても”盗難””破損”に対応している保険はある。

携行品損害とか携行品特約とか、そんな保険が各社あるだろうけれど、こうした保険を付帯しておくことで盗難は勿論、電車内でぶつけてしまった等の偶然な破損でも保険金支払いの対象になることがある。

 

保険料もせいぜい月々数百円。

 

この辺はブランド物等、高級品を持っている人は是非ともお勧めの補償である。

 

まとめ

家の中に置いてあっても空き巣に遭って盗まれてしまう人もいる。

こういうことをする人は見境なくやってくるので、これをやったら安全という事はない。

気を付けて持っている事しかないのだが、前述の通り、保険などとうまく組み合わせていることで、万が一の時の被害も多少軽減する事も出来るのである。

 

本文中の写真はA・ランゲ&ゾーネ公式HPより

f:id:Nob13:20210125140742j:image