のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

ニコンD3500を買った!カメラとぶどうと皮むきと。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20201016160903j:image

人生初のデジタル一眼レフ

 

これだけスマホのカメラが高性能化する中、敢えて高価格なカメラを買う必要があるのかどうか、、、。

それに対して『必要がある!』という明確な答えが自分の中で出なかったため、現在まで購入に至らずに来た。しかしここに来てカメラを購入したのは、完成したお家の写真をきれいな画像で残したいと思ったからだ。

ところで、一眼レフって何?

 

 

 

短いぶどうシーズンと今年のぶどう

果物の中でぶどうが一番好きだ。

キウイも好きだが、夏頃に100個以上食べて少し飽きてしまった。

 

ぶどうはキウイよりも価格が高いので、食べ飽きるほど買えないのが悩みだ。

しかし、それでも美味しそうなぶどうを見つけては購入し、食べている。

巨峰が特に好きなのだが、口いっぱいに広がる豊かな風味や味わいは筆舌に尽くしがたい。

今年は初めて食べるぶどうもある。

それがコチラ。

f:id:Nob13:20201016161009j:image

クイーンニーナ。

ニーナ姫か。

 

巨峰サイズの大粒でとても甘いらしい。

初めて購入してみたのだけど、巨峰とは甘さの質が異なるものの、ものすごく甘いぶどう。

当然、人工的な甘さではない、自然の果物としての甘さレベルがかなりのものである。

皮が向きにくいので、ひとつそのまま食べたが、ニガイ。

皮はニガイ、、、。

 

やはり皮を剥かなくてはいけない。

 

それ以外は満点で、また食べたいと思う美味しさだ。

クイーンニーナ、覚えておこう。

 

後は定番の巨峰。
f:id:Nob13:20201016161017j:image

最高過ぎる。

酒飲まないからわからないけど、濃厚な赤ワインってこんな感じなのかな。

味が濃い。特濃!
f:id:Nob13:20201016161004j:image

今回買った巨峰は皮が短く千切れてしまい剥きづらい。

思い立って包丁で向いてみた。

f:id:Nob13:20201016161355j:image

りんごの皮を剥くみたいにクルクルと。

無駄なくキレイに向けるし、これは有り。

次回以降、剥きづらい時は包丁で剥こう。
f:id:Nob13:20201016161013j:image

ニコンD3500

さて冒頭でも書いたように、ニコンのD3500を購入したのだ。

上手く使えるようになるかわからないけれど、ワクワク。

いくつになってもこういう気持ちは忘れちゃいけない。諦めちゃいけない。

おしゃ~!

開封!!

f:id:Nob13:20201016161101j:image

起動するまでの手順しか乗っていないシンプルな取説。

液晶保護フィルムも貼ってバッテリーも充電。

初めての一眼レフ。

一眼もレフも何だかわかっていない状態で組み立てる。

f:id:Nob13:20201016161144j:image

完成!
f:id:Nob13:20201016160903j:image

軽量が売りのモデルなのだが、初めての自分には十分重く感じる。

上位機種はもっと重いのか!

 

ちなみにD3500に決めた理由は、初心者でも扱いやすいと謳っていたからだ。

いきなりハイスペックな物買っても使いこなせないし、詳しくもないので飽きる。

そうならないよう、初心者が使いやすいようにしてあるモデルを購入したのだ。

f:id:Nob13:20201016170632j:image

初めて撮った写真。

 

麦茶。

 

画質うんぬんより、写真が撮れたことに感動!
f:id:Nob13:20201016161141j:image

先日購入した時計も撮ってみた。

小さくてうまく撮れない。

 

でも、今まで撮ってきたスマホの写真に比べて、写真に高級感がある気がする。

立体的な写真というか、奥行き感がある、、、気がする。
f:id:Nob13:20201016161317j:image

外に出て家の外壁を撮ってみた。

スマホではここまでは映らないくらい、漆喰の印影がわかる。

 

これは良い。

 

元々写真を撮るのは好きなのだけど、こうして新しいカメラを手に入れたことでより一層楽しくなった。写真を撮りに出かける趣味が増えそう。

 

これからもあちこちに持ち出して、写真を残していけたらと思う。

f:id:Nob13:20201016161421j:image