のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

BMWモトラッド  M1000RR発表。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20200923191440j:image

バイクのハイスペックは玄人用。

 

BMWモトラッド(BMWのバイク部門)より、大人気のS1000RRのパワーアップ版であるM1000RRが発表された。1人の1000RRオーナーとしてこれは大変気になる話題。高級パーツ目白押しだが、ハイスペックバイクはハイスペックな四輪よりも良さがわかるために乗り手のスキルが必要。

 

 

 

Mバージョンの上を行く存在

S1000RRの標準モデルでも上位版としてMパッケージが存在するが、それらはいわば四輪BMWで言うところのMスポーツモデル。今回のM1000RRこそが真のMモデルという事になる。

 

高価なパーツが奢られているものの、馬力は標準のS1000RRが207馬力に対してM1000RRは212馬力と実質そこまで差はない。

そして、パワーウェイトレシオは1を切っており、四輪の馬力に例えれば標準モデルの1035馬力が1060馬力になりました!というようなものだ。

 

乗っても100%、自分にパワーの差は分からない自信がある。

 

装備一覧を見ても

・カーボンホイール標準装備

・コンロッドはチタン製&チタン製バルブ

・3657gの軽量化を果たしたチタン製エキゾーストシステム

・カーボン製Mウイングレット

など高価な部品が並ぶ。

 

これだけ徹底的にパワーアップと軽量化をしても、グリップヒーターを標準装備しているという優しい一面もある。

 

ハイパワーカーは直線でアクセルを踏み込むことにより、凄さの片鱗を垣間見ることが出来る。

しかし、少し乗っただけでは元々が速すぎるS1000RRで、5馬力の上昇や数kgの軽量化されたM1000RRの凄さはわからないと思う。

この凄さがわかるには相応のテクニックが必要なのは間違いない。

 

その面では相当に玄人好みの乗り物と言える。

 

発売日も価格も現時点では未定だが、車両は本物だけが醸し出すことが出来るオーラを纏っている事だろう。

現車を早く見てみたいものである。

f:id:Nob13:20200923191437j:image

M1000RR諸元

排気量
999 cc
最高出力
156 kW (212 hp) at 14,500 rpm
最大トルク
113 Nm at 11,000 rpm

 

最高速度
306 km/h

タイヤ、フロント
120/70 ZR 17
タイヤ、リア
200/55 ZR 17

 

 

 サイズ

全長
2,073 mm
全高 (ミラー含まず)
1,197 mm
全幅(ミラー含まず)
848 mm

シート高、空車時
832 mm
乾燥重量
170 kg (M Competition Package 169.8 kg) without battery
車両重量(走行可能・燃料満タン時)
192 kg (M Competition Package 191.8 kg)
1)

 

装備

ハイ・ウインドスクリーン
BMW Motorrad ABS & ABS Pro
7つのライディングモード(Rain, Road, Dynamic, Race, Race Pro 1-3)
ピットレーンリミッター
ローンチコントロール
ダイナミックトラクションコントロール(DTC) +/-シフト
ウィリーコントロール
スライドコントロール
ヒルスタートコントロール(HSC)Pro
ダイナミックブレーキコントロール
シフトアシストPro
6.5インチTFT液晶ディスプレイ
LEDヘッドライト、LEDテールライト、LEDウインカー
ヒートグリップ
クルーズコントロール
M 軽量バッテリー
M シャーシキット(リア車高調整機能&スイングアームピボット)

 

BMWモトラッド公式より
f:id:Nob13:20200923191426j:image
f:id:Nob13:20200923191420j:image
f:id:Nob13:20200923191430j:image
f:id:Nob13:20200923191433j:image
f:id:Nob13:20200923191444j:image
f:id:Nob13:20200923191423j:image