のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

ハーレーのアドベンチャーモデルが導入!見た目、、、どうなんだコレ?!

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20210122200843j:image

お互いそれぞれの領域に踏み込んでいる。

 

昨年はBMWモトラッドがハーレーの得意分野であるクルーザー部門に新型車を投入した。R18である。たまげるほど巨大で横に飛び出したエンジンを持つバイクだが、値段も初回モデルは約300万円と強気価格。勿論細かなところまで作り込まれているが、この金額を出すなら本家のハーレー、、、と自分なら思ってしまう。

そうしたら今度はハーレーがアドベンチャーモデルを出すのだと!

それはBMWモトラッドの一番の売りのジャンル!ほほーっ!

 

 

 

一番気になるのは見た目

今は時代の変わり目であることは間違いないのだが、それぞれネタ切れというかマンネリ化打破のため、各社新しい事には果敢に挑戦している。ハーレーは金太郎飴のごとくクルーザーを押してきたが、それが功を奏して我々は『クルーザー=ハーレー』という図式が頭に叩き込まれている。

 

そして昨年そこへBMWがR18で挑戦した。

 

www.nob13.net

 

実際は挑戦したわけではないのだが、発売前に業界関係者と話してもみなが口を揃えて

 

『今度BMWもハーレーみたいなの出すよ。』

 

と言っていた。

 

この道何十年の業界の人の目にも、R18はハーレーみたいなバイクと映っている。

言い訳はできないだろう。

 

自分はBMWのバイクであるS1000RRを所有している。だから当然、BMWの事も好きなのだが、このR18は売り上げという面ではきっと苦戦するだろう。

運転する上でもあの飛び出したエンジン、絶対邪魔だって、、、。

 

 

そうしたら今度はハーレーがアドベンチャーモデルを出すというのだ。

アドベンチャーモデルはBMWが最も得意とするジャンルの1つで、オフロードのような荒れ地を走り回るバイクだ。

 

ハーレーが出すそのバイクは”Pan America(パンアメリカ)”というのだそうだ。

エンジンは新型 水冷Revolution Max 1250ccVツインエンジンで60°の狭角Vツイン。

バランスシャフトを装備し、ツアラーモデルにはやっかいな振動を解消しているそうだ。


エンジンの出力は145馬力以上を発揮、トルクは120Nm以上。

 

水冷なのね。

 

予想外に高出力だが、それよりも驚いたのはその見た目だ。
f:id:Nob13:20210122200840j:image

これがパンアメリカである。

 

なんだこれは、、、。

 

 

エンジンもビールの栓抜きみたいだ。

 

ダサいってことはないけど、最高にカッコ悪い。

あ、同じことか。
f:id:Nob13:20210122200833j:image

デジタルメーターだ。
f:id:Nob13:20210122200848j:image

荒野をバックにしてもやはりカッコ悪い。
f:id:Nob13:20210122200851j:image

このくらい離れると色が黒いのでよく見えず、そこまで悪く見えない。
f:id:Nob13:20210122200837j:image

ジャンピング!!

 

新しい事をすると必ず批判する人が出てくる。

昔ハーレーが水冷エンジンのVロッドを出した時も、それはそれは非難されたものだ。

 

しかし、結局Vロッドはボチボチ受け入れられ、バリエーションモデルもいくつか出た。

今回のアドベンチャーモデルもそうなるのかもしれない。

 

見慣れないので余計にそう見えるのだろうけれど、現状魅力的なデザインのバイクには見えない。現車を見たら違うかもしれないが。

 

バイクの見た目って車以上に重要だ。

理由はバイクは総じて性能は高い。大型二輪はどれに乗っても速すぎる。

つまり、どれ乗ってもアクセル全開に出来ないほど速いのであれば、後は見た目で選ぶことになるのだ。

 

詳細は近々発表されるだろうけれど、これが受け入れられてBMWのアドベンチャーモデルのシェアを脅かすことになったら、ちょっと面白い。
f:id:Nob13:20210122200829j:image