のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

大苦戦!!S1000RRのスクリーン交換記。~後編~

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20210126160659j:image

舐めてかかったスクリーン交換。

 

S1000RRの高速走行時の風圧の低減を目的に、フロントスクリーンを大型化させることにした。フロントスクリーンを購入して自宅に届いたので、早速交換しようと取り掛かったのはいいが、2013年製のゴムが岩石のように硬くなってしまい、押しても引いても抜けない。

それでも数時間かけて純正スクリーンを外したその後の話。

 

 

 

購入したのはゼログラビティのダブルバブル

フロントスクリーンを交換するにあたって気にしたのは、あまり見栄えを悪くせずかつ防風性をアップしたい、、、という事だった。

 

一般的にスクリーンを巨大化させればさせるほど、防風性能は上がるだろう。

しかし、この手のスポーツバイクでそれをやると、アホっぽさも比例して上がってしまう。

 

デザインを気にするのであれば、あまり巨大すぎない方が良い。

しかし、小さすぎても交換しても効果は得られないという難しい線引きだ。

 

そして選んだのが、ゼログラビティのダブルバブル。

他にも見たが、この13年S1000RR用のはあまり選択肢がなかった。

純正よりも高さがあるのと、そもそも他にほとんど選択肢がなかったので、これに決めた。

f:id:Nob13:20210126160434j:image

下が純正。

上の黒いのがダブルバブル。

高さが4~5cmほどアップする。
f:id:Nob13:20210126160445j:image

近くで見るとこんな感じ。
f:id:Nob13:20210126160430j:image

で、この黒いゴム(ウェルナット)を純正から移して使う指示なのだが、経年劣化により硬質化してとれん。

ドライヤーで温めて、指を怪我しながらようやく外す。
f:id:Nob13:20210126160440j:image

そして本体にめり込んでついているこのウェルナット。

硬すぎて取れん。

力いっぱい取ろうとするとフロントカウルが破損しそう。

 

取れたウェルナットも硬すぎて再利用も難しそうだったので、結局新しい部品を注文しつつ、BMWモトラッドディーラーへ交換もお願いすることにした。

 

自分でやって破壊するよりは良し。
f:id:Nob13:20210126160417j:image

部品を注文して2日後に入荷したと連絡が入る。

 

早い。

 

天気の良い日を狙って取り付けに行って来た。

作業自体は40分ほどで終了。

店内には登録済未使用車の認定中古車が並ぶ。年度末の時期的な問題もあるだろう。

それ以上にBMWには登録済未使用車が多い。

 

性能も上がっているが、価格はもっと上がっている。

店内を見回すと平均して車両価格は300万円くらいだ。

 

車に比べれば優しい値段ではあるものの、エンジンにタイヤと座布団を取り付けた乗り物が、300万円以上すると考えるとなかなか高価。

 

 

空気圧も見てくれたみたい。

感謝。
f:id:Nob13:20210126160423j:image

交換後。

透明の純正スクリーンに比べて存在感がアップしたダブルバブルスクリーン。

極太のちょんまげのように見える。
f:id:Nob13:20210126160427j:image

純正品よりもはっきりと高さが出た。

今日は高速道路には乗らず、下道オンリーで帰ってきたのだが体感上の変化はゼロ。

 

まぁもともと下道では問題なかったから、高速道路を走る時に1mmでも効果が出ると嬉しい。
f:id:Nob13:20210126160448j:image

車体が赤、黒、白の3色なので色のバランスは問題なし。
f:id:Nob13:20210126160437j:image

コックピット目線。

次回は暖かい日に高速道路走テストをしてみようと思う。

 

今回の教訓は餅は餅屋に任せるということだ。

とりあえず無事に交換できてよかった。
f:id:Nob13:20210126160420j:image