のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

2020モデル アウディ新型R8スパイダー見てきた。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20200701181221j:image

大好きな車の一台。

 

アウディのR8は以前から大好きな車だ。

このエコだとか電気自動車だとかの全盛の時代においても、頑なにV10 5200ccNAエンジンを守っている。

フェラーリのV12エンジンに並んで、現代の宝物の一つだと思う。

 

 

 

どんどん手が届かない価格へ

元々安い車ではなかったのだが、今回新型になったことで価格はR8スパイダーで3146万円

数百万円値上がりしている。

 

モデルチェンジ前はスタンダードなV10モデル、よりパワーを強化したV10プラスモデルと2種類のラインナップがあり、パワー的にはハイパワー版のV10プラス一本に絞られた形だ。2000万円台だった車両価格は、あっという間に3000万円オーバーの世界へと突入。

 

おいそれと買えるものではない。

 

地元である群馬県の場合だが、同店でのR8購入者は100%法人契約であり、個人名義でのご購入は一件もないのだとか。

 

実際に購入となれば、ここに諸費用とオプション金額が乗る訳なのだから、購入できる層は会社経営者に絞られるのも無理はないのだろう。
f:id:Nob13:20200701181242j:image

A3のドアミラーにカタカタ音

実は今回ディーラーに寄ったのは、A3のドアミラーの様子を見てもらう目的もあった。

数日前からミラーを格納するとき、左側の助手席だけ

『カタカタカタ、、、』

と何かに引っ掛かりながら動く音がする。

 

どこかにぶつけたりした記憶もなし。

内部の不調と思い、ディーラーで診てもらうことにした。

症状を伝え車を預ける。
f:id:Nob13:20200701181236j:image

いつもと変わらず飲み物をもらい、しばし待つ。
f:id:Nob13:20200701181251j:image

A3のカタカタ音の正体は、、、!

5分くらいで飽きてしまい、ショールームを徘徊。

Q7素敵!

後席のドアが分厚く、ちょっとやそっと、何かに突っ込まれてもビクともしなさそうな頑強さ!

いつもは車高低めのA3に乗っているので、見晴らしの良い車が気になる。

 

しばらくすると点検から戻ってきたA3。

スタッフさんに話を聞いてみると、ミラーの内部のスプリングのオイル切れだそう。

音が鳴っていた助手席は勿論だが、運転席側も注油しておいたのでしばらく大丈夫でしょう、ということだった。

 

良かった。

 

ちなみにモーターが故障してた場合は交換修理に5万円~になっていたそうだ。

5万円か0円かでは結構違うからな!
f:id:Nob13:20200701181245j:image

ショールームに展示してある新型R8スパイダー

モデルチェンジにより、ちょっといかつい見た目になった。

個人的にはモデルチェンジ前の可愛い感じが好きだ。

よりスーパーカーフェイスになったが、カッコよさは兄弟車にランボルギーニのウラカンがあるので、アウディ版は優しいお顔でOK!

 

オープンモデルであるスパイダーの方がクーペに比べて、エンジンフードがカッコいい!ここはフェラーリランボルギーニのように、ガラスエンジンフードに出来るのだろうか。
f:id:Nob13:20200701181225j:image

マフラーはアウディRSモデルお約束の楕円形テール。

そして、リアバンパー越しに排気管が見えるのがたまらなくかっこいい!
f:id:Nob13:20200701181232j:image

ガラスエンジンフードとキレイな塗装。
f:id:Nob13:20200701181239j:image

インテリアはパっと見、モデルチェンジ前とあまり変わらず。

非常にシンプル。
f:id:Nob13:20200701181248j:image

620馬力のハイパワーモデルだが4WDなので安定感がありそうだ。

乗り出し3269万円。

 

少し前、自動車評論家の記事で『オプション込みで3000万円越えの車と本体価格のみで3000万円越えの車では、そもそも違う』というような内容の記事を読んだことがあるが、このR8スパイダーは本体のみで3000万円を超えている。

 

金額は勿論、色々全部が規格外である。

 

そして非常に野暮な話であるが、値落ちの話だ。

スーパーカーはリセールの高さも魅力の一つだ。10年乗ったからタダです、とはならない。

フェラーリなどは買った時より高く売れるモデルも多くある。

だから資産になるので買いやすい側面があるのは事実。

 

ここについて営業さんに、ある程度予測は付きつつも訊いてみた。

 

曰く

 

『新車であれば残価設定ローンで3年で最大55%まで据え置くことができます。

でも、まぁ実際3年で55%は残らないでしょう、、、。』

 

だそうだ。
f:id:Nob13:20200701181228j:image