のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

アウディ 新型RS6アバントは最強の600馬力ツインターボで発表。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20190927200240j:image

速さに徹底的にこだわる姿勢は本当に好き。

 

アウディの新型RS6アバントが発表された。割と最近に発表になったA6もずいぶん先進的でかっこよくなったが、さすがRSモデルともなると迫力が違う。

徹底的に性能を詰めているのにスポーツカーやスーパーカーらしいクーペではない。

5人乗りで荷物もいっぱい載せられるステーションワゴンのスタイルなのが、何とも個性的な車でもある。

 

 

 

さて、アウディといえばおとなしいデザインに、流れるウィンカーをはじめ得意な光物の数々。そして、どの車も基本的に速さに重点が置かれているのがポイントだ。標準モデルでも通常の国産コンパクトカーやSUVから乗り換えると、その運動性能に驚くはず。

 

それにさらに磨きをかけたのが『S』が頭につくシリーズ。そしてRSがつくと最上位の走行性能が与えられたモデルということになる。A3→S3→RS3のようにね。

 

今回発表されたのはA6のステーションワゴンであるA6アバントの最強バージョン。

元からモンスターパワーのステーションワゴンだったが、ここに来てさらに磨きがかかったようだ。

 

こんなにカッコいいステーションワゴンを作ることができるのは世界にアウディだけではないだろうか。
f:id:Nob13:20190927200249j:image

詳細に関してはレスポンスで紹介されていた内容を紹介。

 

新型RS6アバントの外装は、フロントドア、ルーフ、テールゲートを除いて、RS専用パーツのみで構成されている。フェンダーは両側に40mmずつワイド化されており、21インチの大径タイヤ&ホイールを収めた。タイヤサイズは275/35R21が標準だ。新開発のRSセラミックブレーキシステムは、およそ34kgの軽量化を可能にする。「RSスポーツエアサスペンション」により、車高は新型A6アバントよりも20mm低い。120km/h以上の速度では、車高はさらに10mm下がる。段差などでは、車高を20mm引き上げるリフトモードが利用できる。

 

4リットルV8ツインターボ+48Vマイルドハイブリッド


新型のパワートレインは、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボ「TFSI」エンジンだ。最大出力は600ps。最大トルクは81.6kgmを、2050~4500 rpmで引き出す。トランスミッションは8速「ティプトロニック」、駆動方式は4WDの「クワトロ」で、RS専用チューンが施された。0~100km/h加速は3.6秒、最高速は250km/h(リミッター作動)と公表されている。

 

本文中の画像、上記内容はレスポンスより

f:id:Nob13:20190927200253j:image

オプションのダイナミックパッケージをプラスすると最高速は280km/hに。

ダイナミックパッケージプラスを選択すると最高速は305km/hになるそう。

これに関しては、初めから305km/h上限のダイナミックパッケージプラスを標準装備でよかったのではないかと思うが。
f:id:Nob13:20190927200236j:image

後ろ姿も最強に人相が悪く、強く、速そうだ。そしてRSシリーズ伝統の楕円形マフラーが装着される。
f:id:Nob13:20190927200242j:image

速くて5人乗れ荷物も乗る。

RS6アバント、最高に贅沢な車の一台である。

 

関連記事A6レビュー。

www.nob13.net

 

 関連記事アイラインについて。

www.nob13.net

 


f:id:Nob13:20190927200245j:image