Noblog Audiで駆ける道楽Life。

保険業を営む筆者の理想の人生、スーパーカーなど。

ハーレーダビッドソン FLHRC 2008 レビュー。【バイク】

スポンサーリンク

2008年式のFLHRCを一年間所有していたのでそのレビューを思い出しながら書いてみる。

 

【走行性能】

ハーレーらしい鼓動感が感じられる1台。アイドリング時は盛大に揺れるが走り始めるとすーっと振動は収まる。振動が演出的な感じもするけれど、ずっと振動があると疲れるのでこれはこれで良し。

パワーはハーレーとしてみれば必要十分かな?個人的には不満だけど。

高級感あふれる重量級の巨大ボディを動かすので軽快にとは行かないけれど、のんびりと流す分には最適!ウィンドシールドなしだと100km/h位が限界です。目が乾いてコンタクトが飛んでくw

 【乗り心地】

どっしりした肉厚&幅広シートが長距離クルーズにはいい反面、外に足が広がるため意外と足つきが悪い。

後は手前にプルバックされたハンドルが慎重172cmの自分には中途半端に高く、また手前過ぎるので低速での右左折時にバランスを崩しフラフラすることがよくありました。

タンデムシートも分厚いのですが、走行中は微振動がずっと続き不快だといわれました。

 【燃費】

未計測。

【積載性】

標準で左右に大型のバッグもつくので日帰りツーリングならそれだけで十分!防水性もバッチリです。

 【故障経験】

なし。

【満足している点】

迫力の排気音。サンダーヘッダーマフラー装着。後は外装がキラキラで重厚感があるので磨き上げる楽しみがありました。

 

【不満な点】

長距離走るのが得意なバイクだけど、動力性能的に乗っていてつまらなく(車乗ってるみたい)そもそもそれが原因で長距離行こうという気持ちにならず、一年3000km程の走行で売却。だからと行って短距離をぱっと走って楽しいバイクでもないですし、バイク界の入り口はアメリカンでしたが10年間で嗜好が変わったようですw

 

【総評】

 バイク自体趣味ですから自分の嗜好にあった一台を選ぶのが一番です。

今のところ国産アメリカン⇒ハーレーと始まったバイク人生もSSを筆頭にスポーツ系のバイクが楽しいです。

いずれまた乗りたくなるかもしれないけれど今はしばらくいいかな!