のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

絶景ツーリングロード。志賀草津道路の雪の回廊ドライブ。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20210428193358j:image

毎年のお楽しみ。

 

群馬県で1番好きな道である志賀草津道路

どうやって行っても遠いのでそれが欠点だが、自分の知っている範囲の絶景ロードでは断トツ魅力ナンバーワン。長野県出身なのでビーナスラインに地元補正がかかるが、補正を加味しても志賀草津道路が1番だ!毎年4月末に開通するのだが、直後に行くと雪壁の間を走り抜けることができる!

 

 

 

白根山の警戒レベルによりいけない事も多い志賀草津道路

この志賀草津道路白根山という現役バリバリの活火山の脇を通る。

活火山近くを通るので、日常の光景とは全然違う素晴らしい景観を見ることができるのだが、それ故の欠点もある。

白根山の活動が活発になり、火山の警戒レベルが上がると国道であるにも関わらず、通行止めになってしまうのだ。

実際、割と最近でも噴火しているし火山事故は被害が大きいので注意は必要だ。

 

それによって通行止めになるのは仕方ない事だが、だからこそ火山が大人しくしていて行ける時は行った方がいい道である。

 

実際今回に限らず、いつ通っても山のあちこちからモクモクの白煙が上がっている。

 

丁度先日、警戒レベルも低く志賀草津道路が開通したので行ってみたのだ。
f:id:Nob13:20210428193408j:image

途中の休憩スポット、道の駅八ッ場ダムふるさと館。

ヤマザキYショップ撤退して他のコンビニに変えてくれ!

小休止後、さらに進む!

目的地は草津温泉の奥地だ。まず草津温泉までが遠い。
f:id:Nob13:20210428193405j:image

草津温泉エリア。

地面から温泉が湧いている。モクモクしているのでたまには停まって覗いてみる。

活火山の白根山の麓だからこそ。
f:id:Nob13:20210428193508j:image

湯気が立ち込める。

草津温泉サイコー!ここから志賀草津道路の起点まではすぐだ。

国道沿いにまっすぐ走っているだけでOK!

 

はじめはよくあるワインディングロード。

林の中を上がっていくのだが、だんだん視界が開け、、、。
f:id:Nob13:20210428193402j:image

ほら!

林のワインディングロードを抜けると一気に開ける!

硫黄の香り。
f:id:Nob13:20210428193504j:image

硫黄で周りに草木は育たないのか、荒廃した岩石地帯のような風景。これがまた良い。

f:id:Nob13:20210428211510j:image

途中の絶景鑑賞スポット。

空気が澄んでいて景色がキレイ。これだけで何もいらん。自然を守るためポイ捨ては絶対にダメだぜ!
f:id:Nob13:20210428193431j:image

写真では伝わり切らないスケール感。
f:id:Nob13:20210428193440j:image

もう5月になるのだが、まだ山のあちこちに雪が残っている。

除雪されているので道には雪はない。

ん?

あの斜面もしかして、、、。

拡大して見ると。
f:id:Nob13:20210428193443j:image

スキーやスノーボードで滑走した後が。
f:id:Nob13:20210428193446j:image

見てこの道!

これで無料通行できる国道だっていうのだから。
f:id:Nob13:20210428193511j:image

ここは高速で走る抜けるのではなく、ゆっくりと景色を堪能してほしいぞ。
f:id:Nob13:20210428193342j:image

途中1番雪が積もっているところで写真をパチリ。
f:id:Nob13:20210428193417j:image

開通した直後に行くのが1番雪が多く、そして雪がキレイ。

日が経つにつれ排気ガスやホコリで汚れていく。

今年の雪はそこまで多くない気がする。多い時はもっともっと壁が高い。
f:id:Nob13:20210428193453j:image

自転車で走り抜ける2人組。
f:id:Nob13:20210428193421j:image

雪が残る山。
f:id:Nob13:20210428193456j:image

道の部分だけキレイに除雪されている。
f:id:Nob13:20210428193459j:image

風の音以外何もない。
f:id:Nob13:20210428193428j:image

今は春だけど、夏もまた最高にいいんだ!
f:id:Nob13:20210428193424j:image草津方面から上っていくと長野県へ抜けることができる。

今日はここでUターン。
f:id:Nob13:20210428193348j:image

ちなみにここが日本国道最高地点で標高2,172メートルだそう。

さて、折り返し。

f:id:Nob13:20210428193355j:image

下ってきた白根山の火口(湯釜)付近。
f:id:Nob13:20210428193345j:image

荒涼とした景色が続いている。
f:id:Nob13:20210428193435j:image

火星のシーンのロケに使えそう。
f:id:Nob13:20210428193352j:image

上から道を眺める。

遠くに見える町が草津温泉街のはず。

 

長野まで抜けてもいいし、好きなところまで上がって戻ってきても良い。また、途中の分岐で万座方面へ向かって、超高濃度硫黄泉に浸かる事もできる。

 

冬季は通行止めになってしまうので通ることは出来ないのだが、それ以外の時期で、白根山の警戒レベルが高くなければいつでも、この絶景を楽しむ事ができる。

 

今回は車で来たけれど、次回はバイクで来てみたいと思う。

本当に良い道だから、ここを走る事を目的にして遠方から来てもらっても、きっと後悔はさせないぜ!マナーよく走ろう!
f:id:Nob13:20210428193413j:image