のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

綾瀬大勝軒。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20190429200756j:image

青春の味である。

 

いや、厳密に言えば青春の時期は違う場所で終えているのだが、東京にギター一本持って出てきてプロミュージシャンを目指していた頃に足繁く通っていた店なのだ。

 

丁度この綾瀬大勝軒の近くに練習スタジオがあり、バンド練習を終えてはメンバーみんなで食べに行ったりしていたっけな。当時は大食いだったので、どんなに美味しくてもお腹いっぱいにならなければ意味がない。そんな自分達にとってこの大勝軒という店はまさに『量も美味しさのうち』をモットーとする素晴らしい食堂であった。

 

 

懐かしい駅前の通りの抜けていくと新緑が眩しい。

ここから一本入ったところにひっそりと綾瀬大勝軒はある。
f:id:Nob13:20190429200737j:image

 10年以上前から変わっていない店構え。

いや、もしかしたら変わっているかもしれないけれど、ただ当時を忘れてしまっているだけかもw

11時ちょっと過ぎた頃に入店。カウンター席のみの店内は7割ほどお客さんで埋まっている。
f:id:Nob13:20190429200802j:image

10年以上前はこの綺麗なのぼりはなかったな。多分。
f:id:Nob13:20190429200752j:image

 大好きな『もりそば』並を注文。

酸味の効いたスープが懐かしくとっても美味しい。

そうそう、この味。

昔を思い出すこともあって一口、また一口と食べ進めるにつれて自然と笑顔になれる。

大勝軒はのれん分けで店舗自体はあちこちにある。

しかし、実際食べてみて思うのはお店ごと味に結構差があり、チェーン店のような安定感を求めていくとカウンターパンチを食らうことがある。

 

実際俺は大勝軒はいくつかまわったが、この綾瀬の大勝軒が一番好きだ。

味が微妙に違うんじゃなくて明らかに違う。

f:id:Nob13:20190429200756j:image

見た感じこってりスープだが、酸味が効いていてとてもすっきりした味である。中にチャーシューやメンマ、煮卵もゴロッと沈んでいて、トッピングをケチケチしていないところがまた素晴らしい。
f:id:Nob13:20190429200741j:image

麺は自家製麺で並盛りでも結構な量がある。
f:id:Nob13:20190429200746j:image

綾瀬大勝軒

現在の住まいからは遠いので気軽にこれないのが辛いところだが、また食べたくなる美味しいラーメンだ。ラーメンやつけ麺が好きで、まだ未体験の人には近くに行った際には是非とも足を運んで欲しい。

 

店舗情報

綾瀬大勝軒

tel: 03-3606-2838

住所:東京都足立区綾瀬3-15-16

営業時間

11:00~15:00

18:00~22:00

定休日:月曜日