のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

アウディA3とBMW S1000RRで高速ツーリング。~東京観光①~

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20200622135920p:image

ドイツ車2台ツーリング。

 

遡る事、数カ月前。

売却したS1000RRをまた購入したのだが、どうもクラッチ操作時に違和感がある。販売店が部品交換してくれるというので向かおうと思うが、コロナウイルスの状態を見て、いつ行こうか決めかねていたのである。

部品が届いた連絡を受けて2か月後。本日決行。

 

 

 

妻にA3を運転してもらい2台で東京へ

部品が入荷したという連絡を受けたのは2カ月以上前なのだが、県をまたぐ移動は自粛の真っただ中。強行して行くことはせず、状況を見ていたが先日、自粛が緩和されたことにより行くことにした。

 

妻にアウディのA3を運転してもらい、2台体制でいくには理由がある。

電話とメールでクラッチの症状を伝えてあるのだが、実際すぐ直るのかどうかは開けてみないとわからないそうだ。

交換後すぐに直るかもしれないし、しばらく預かりになるかもしれない。それで、帰りの足車用に、妻にA3を運転してもらってきたわけ。

バイクは本来高速道路料金は軽自動車と同じだが、A3の分まで持つので支払総額2倍以上だ。仕方あるまい。

 

そして東京近郊に住んでいるジャムおじさん(弟)も丁度空いているそうなので、合流して一緒に出掛けることにした。

 

本日は

①グンマー発

②埼玉県美女木の販売店にバイクを預ける

③東京でジャムおじさんと合流

④ホテル宿泊

⑤バイクが仕上がっていれば乗って帰る、という日程である。
f:id:Nob13:20200622135936j:image

午前中に引越し前の挨拶行ってから出発

妻がウィンカーとワイパーを間違えて動かすので、スペシャル仕様の説明書きを雑に貼り付ける。これがあれば少しは違うだろう。

東京から帰ってきてから自分の国産車でワイパー動かしていたがw

 

また、来週には引っ越しもあるので天気の良い本日は、午前中に新居周辺のお家数軒に手土産を持って、挨拶に周ってきた。自分たちと近い世代の人が多いエリア。隣のお家では『お隣に可愛いお家が出来てきたねーって話してたんだよ』と言ってくれた。

それなら良かった。

 

暑かったので汗を2ccほどかいてしまった。自宅に戻りシャワーを浴びる。

ライダーに変身し出撃。

妻はハンズフリー、俺はインカムで通話しながら走るが、高速走行中は風の音で何も聴こえん。

 

ヘルメットの下側から入ってくる風の音が煩い。

ウルトラマンに出てくるジャミラみたいに、肩で隙間に蓋をすると少し聞こえる。

ちなみにハンズフリーはセナの30K。
f:id:Nob13:20200622135916j:image

SAにて。

トイレ休憩&水分補給をして出発。

追い越し時に後ろから猛追してきたエスティマに、A3がベタ付で煽られてるのをバックミラーで見ながら販売店へ。

高速道路ってさ、速い車が走行車線走って、遅い車が団子の様に追い越し車線走ってる。日本の不思議。
f:id:Nob13:20200622135946j:image

自宅から出て1時間30分ほどで販売店に到着。

売却したS1000RRが業者間を転々とし、このお店で展示されていたのだ。

 

バイクを預けてA3に乗り換える。

整備が終わったら電話をくれるそう。

 

さて、ハードゲイのようなレザースタイルからTシャツ&短パンに着替えて東京へ。
f:id:Nob13:20200622135912j:image

綾瀬大勝軒

昔住んでいて、ジャムおじさんの住まいとも近い綾瀬で待ち合わせ、懐かしの大勝軒へ来た。ここの甘酸っぱいスープが最高に好き。つけ麺は並盛で400グラム。
f:id:Nob13:20200622135931j:image

つけ麺にありがちなしょっぱいスープではなく、甘酸っぱいスープ。
f:id:Nob13:20200622135907j:image

麺は極太麺。並盛でも十分お腹いっぱいに。

大食漢のジャムおじさんは大盛りを食べる。見ていると一食平均1kgは食べている。
f:id:Nob13:20200622135939j:image

腕時計を見に銀座へ

夜はジャムおじさんオススメの店を、浅草に予約してくれてある。そのため、浅草まで電車で行きやすい場所で観光&ショッピングをしようということで、よく知った銀座へ。

 

銀座は昔東京に住んでいた頃の職場が近くにあった。仕事帰りによく通っていたから結構わかる。

 

ジャムおじさん、先日ウブロの時計を衝動的に買ったのだがそれ以来、機械式時計にハマっている。現物を見たいモデルがいくつかあるそうなのだ。俺も時計は好きなので良い。
f:id:Nob13:20200622135928j:image

銀座を走る812。
f:id:Nob13:20200622135943j:image

バング&オルフセンのショウルームで感激する

駐車中のランボルギーニアヴェンタドールSVの横を通り過ぎるランボルギーニラカン。流石銀座!街に活気がある。

 

ウブロを始め、何件か時計ブティックを周りご満悦のジャムおじさん。俺は音に対するこだわりが尋常でないので、素晴らしいサウンドを生み出すバング&オルフセンのショウルームを見つけ興奮。

 

バング&オルフセンのスピーカー、M5を購入候補に考えていたのだが、実際に聴いてみたところ上位モデルのBeosound2の音質に鳥肌ものだった。アルミ削り出しのボディも美しい。

f:id:Nob13:20200622150045j:image

これがM5。

f:id:Nob13:20200622150102j:image

こっちがBeosound2

目を閉じていたら目の前で演奏してると錯覚する位の音質と立体感。アルミを削り出した高級感あるボディで4.1kgの重さ。インテリアとしても良い。

よってこちらを購入。

 

置いてあった最上位モデルの1089万円のスピーカー”Beolab90”も試聴させてもらったが、これはもう笑えるレベル。ホームシアターではなく、まんま映画館。

f:id:Nob13:20200622150123j:image

Beolab90。
f:id:Nob13:20200622150127j:image

 Beolab90の中身。

地響きがするほどの低音なのにボーカルの音が極めて明瞭。すごいわこりゃ。

聴いたら驚くよ。

 

楽しい銀座ショッピングも終えて浅草の夕食へ向かう。

東京観光②へ
f:id:Nob13:20200622135904j:image