のぶろぐ13。

毎日が夏休みの人生。

ホテルランチ体験記:旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20240617132120j:image

旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトンのランチ。

 

以前から気になっていた旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン。

軽井沢は自宅から泊まりで行くほどでもない絶妙な距離にあるため宿泊では行くことは少ないものの、ランチ/ディナーの行先開拓の一環として初めてホテルにあるa table(アターブル)のランチへ行って来た。

 

 

 

田舎ではレストラン難民

自分が住んでいるエリアだと人口が多く賑わっている都会の対極にあり、ちょっといいレストランが絶望的に少ない。

時々首都圏に遊びに行くとまた行きたいところも、初めて行ってみたいレストランもたくさんあって、行き切れない悩みまで出ているが退廃的な田舎だとどうでもいい安価なお店ばかりしかない。これが悩みのひとつ。

それでツーリングやお出かけにはほどほどの距離にある軽井沢を調べてみると、お金持ちの避暑地として培った歴史もあるため上質なレストランが多い。

そんな中にあって趣味の車やバイクで行きやすいホテル内レストランを探していたところ。

 

夏の今、バイクで出かけ気になっていた旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトンにレストランの空き状況を確認してみたところ、本日のランチ予約は可能と。

席を予約しバイクで向かった。

f:id:Nob13:20240617132222j:image

ホテル到着。

大通りを走っていて茶色い建物が見えたら左に曲がる。

一度エントランス前に行き、駐車スペースは地下かエントランス前の駐車場の指示を仰ぐスタイルみたいな感じだった。

自分は車両を日陰に置きたいと希望を出したので地下駐車場を提案してもらった。

 

隣の激細の道を通って行った先に地下駐車場。

先にバイクの絵が描いてあるコーンを置いてくれ、駐車マスを確保してくれてあった。

感謝。
f:id:Nob13:20240617132228j:image

初めての旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトンに入る。

早めに到着したためロビーで座って待たせてもらう。

ソファに腰かけていると時間5分前位にスタッフの方がレストランへどうぞと呼びに来てくれた。

今日は開店と同時の11:30に予約。

ホテルに到着したのは10時45分頃。

レストランに案内してもらったのは11:25分頃。
f:id:Nob13:20240617132219j:image

四名掛けのテーブルに案内してもらう。

ナプキンも置かれラーメン二郎とは少し異なった食堂風景。
f:id:Nob13:20240617132225j:image

中庭が見える。

レストラン内はエアコンがしっかり効いていて暑がりの自分でもバッチリ。

先日行ったプリンス軽井沢のレストランはかなり暑かった。

あれは不合格。

 

アターブルセットランチをキーマカレーで注文。

税サ込2486円。
f:id:Nob13:20240617132216j:image

少し待つと最初にポタージュ。

宮野さんのポワローとじゃがいものポタージュ。

そして米粉のパン。

パンはおかわり可能。

宮野さんは多分生産者の名前。
f:id:Nob13:20240617132213j:image

濃厚!!

流石ヒルトンクオリティ!

単品で頼むと1616円するポタージュなだけある。

これは美味しい。

 

ポタージュを飲み干し、米粉のパンもお代わり。

パンをこぼしながら食べているとどうやらキーマカレーができたようで、奥から持って来てくれるのが見える。

f:id:Nob13:20240617132245j:image

キーマカレー

 

5種のコンディメント付き。f:id:Nob13:20240617132120j:image

スーパーおしゃれ仕様キーマカレー
f:id:Nob13:20240617132239j:image

五種のコンディメントは味変用。

右側から杏ジャム、唐辛子、%##$"#、@`%%$#、*+??@~~と言っていた。

最初の二つしか覚えてない。

 

ジャムとキーマカレーってどうなの、、、と思ったがこれが以外と合う。

真ん中にある豆みたいなのとか載せて食べた。

 

自分の住んでいる地元ではカレーは手で食べるか、飲むように食べるかくらいしかないが、ここではスプーンで温玉を砕く。サフランライスとキーマカレーをすくってそこに杏ジャムを載せる。

口に運んであーおいしい。

次の一口は、、、というセレブぶったキーマカレーの食事を楽しむことができる。

 

本当に美味しかったよ。
f:id:Nob13:20240617132236j:image

食後はコーヒーor紅茶。

茶葉が入ったサンプルを持って来てくれ、好きな香りの紅茶をオーダーする。

アイスティーに出来るのは左下の浮いた三本。

どれも相当個性豊かな香り。
f:id:Nob13:20240617132230j:image

上段左から二番目。

オリエンタルライチローズでお願いした。
f:id:Nob13:20240617132248j:image

砂時計と一緒に持って来てくれ、砂が全部落ちたらお召し上がりくださいと。

ティーカップ二配分。

エアコンが効いた静かなレストランで中庭を眺めながら紅茶やコーヒーで食休み。

そしてその後の会計はテーブルチェックと。

 

とても上質で優雅なランチを取る事が出来たので大満足の時間になった。

ここはすごく良かったので是非また来たいと思う。
f:id:Nob13:20240617132233j:image