のぶろぐ13。

毎日が夏休みの人生。

ハイウェイキングの魅力。2000kmを超えた冒険。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20240610140735j:image

ハイウェイキング積算2000km走る。

 

初回点検を終え、その後も何度かお店に出向き自分仕様に少しずつ変えてもらった。

購入したままの当時よりも随分と乗りやすくなり我が家のナンバーワンビューティフルマシンとして週末の遊び道具として活躍している。

ついに走行距離が2000kmを超えた。

 

 

 

過走行への憧れ

低走行の愛車コレクションを長年大事に持ち続けている友人もいるが、距離を伸ばさない趣味になるととにかく出動回数が激減し傷つけないように、、、といわば将来の車両価格のはね上がりを狙った神経質な維持になりがち。

自慢げに愛車のコンディションを自慢するが正直

『ほぉー、すっばらしいですねぇー!!』

位しか言う事が無い。

 

大抵はこれで満足してくれるんだが。

 

それに対して傷なんて大して気にせずガンガンと愛車で出かけている人はカッコイイ。

それが希少性や趣味性が高かったり、そもそも車両価格が高い車であれば尚更。

 

みんな大切に蔵に保管しそうな乗り物をそんな雨の中に乗って、、、と周りが青ざめるような行為を行う人には最高に憧れる。

 

なんで憧れるかって自分がそれができないからだ。

価値のない乗り物しか持っていないが、それでも大切なので雨は勿論埃もなるべく付けたくない。未舗装路の走行なんてもっての外、、、と大切だからこそ思う気持ちがあり、あまりその状況で車両を出すことは気乗りしない。

 

だからこそ、それが出来る人はカッコいいし憧れる。

 

ハイウェイキングは見た目が最高に美しく、所有している乗り物の中で走行性能の低さは群を抜いている。

 

特に多く所有するホンダ車と比べると、その走りは我慢しかないと断言できるほど不自由だ。

 

だがしかし、このバイクにはホンダ車には到底出せない見た目の美しさがある。

 

車両コストの99%を見た目に掛けている可能性がある。

f:id:Nob13:20240610140840j:image

往年のデザインを復活させたハイウェイキング。

見た目に関して言えばここはこうならよかったのに、、、がゼロ。

これは凄い事。

走る芸術品。

f:id:Nob13:20240610140837j:image

排気量も1868cc。

かなりの重低音。

猛烈なトルクを発揮するエンジン、、、かもしれないが車両が重すぎるので相殺されて差し引きするとよくあるトルク感。

低回転からグイグイ進む、、、事はないが、高回転まで回しても伸びないタイプ。

しかし四輪の240馬力相当位の加速感はあるかなぁ、、、?
f:id:Nob13:20240610140843j:image

自分自身、初めて乗ったバイクがアメリカンだった。

そしてハーレーを買った。20代前半の話だ。

 

だからハーレーに乗る事は思い出補正がかかる。

このサウンドと景色を見ながら走っている体験は何年も前も感じていたな、、、と。

 

そう言う意味で物凄くノスタルジーに浸れる乗り物だ。

当時考えていた事や当時夢中になってやっていた事を思い出す。

 

だから好きなところもある。

 

さてそんなハイウェイキングも2000kmを超えた。

ドドドド、、、とサウンドを轟かせ、更に思い出を継続させていきたいと思っている。

f:id:Nob13:20240610140735j:image