のぶろぐ13。

毎日が夏休みの人生。

花粉症だけどバイク乗りたい。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20220325104626j:image

春がやってきた!

 

周辺の土の部分には緑や黄色、紫の植物の姿がしっかりと確認できるようになって来た。いよいよバイク乗りに限らず多くの人の待望の春の到来だ。

しかし花粉症があるので外に長時間外に出る時は家の中に花粉を持ち込まないように、結構気が気じゃないんだ。

 

 

 

外から見ると不思議な光景マスク&ヘルメット

普段自分がバイクに乗る時はありとあらゆる対策をして乗っているので、周りからどう思われるなんて全く気にしないのだが、車で出かけてガッツリマスク&ヘルメットのバイク乗りを見ると多少だが違和感を覚える。

 

勿論自分はバイクに乗るので理解できるのだが、乗らない人からすれば

『そこまでしてバイクに乗りたいんかい!?』

と思うこと間違いなしの姿だ。

 

花粉症の酷い人は鼻水が止まらないので、フルフェイスなのを良い事に鼻にティッシュをねじ込んで走るという人も過去にいた。

 

ここまで来ると常人にはそこまでして乗る感覚が理解できない、、、と思われるのも無理はないだろう。

 

とこで自分は花粉症だがそこまで重度ではないと思っている。

花粉の時期は鼻水くしゃみが出るのと、猛烈にやる気が無くなるだけだ。

そして眠い。

不眠症気味なので最後の眠いは助かっている。

 

バイクに乗る時は花粉症の薬の飲み、F1ドライバーみたいなヘルメット内の目だけ出るインナーとフルフェイスの組み合わせなので、花粉に対しての防御力はまずまずある方だと思う。

 

そして外から見てもあまり違和感はないはずだ。

 

着ているものも、本当は花粉を落としやすいツルツルしたレザージャケットの方が良いのだろうが、それはその時の気温にもよる。

家に上がる時は花粉を払い、玄関で全てを脱いで部屋に入るようにしている。

 

これだけ気をつけるだけでも意外と変わるものだ。

f:id:Nob13:20220325104624j:image

バイクは春と秋がベストシーズン

バイクは涼しいので夏が良いと思っている人もいるだろうがとんでもない!

熱くてぶっ倒れる。

ベストなシーズンはまさにこれからの春の秋なんだ。

 

Tシャツに革ジャンを1枚羽織って出かけられるくらいの気温、信号待ちで待っているだけで2リットルの汗をかかない気温が一番気持ちいい。

 

そんなベストシーズンと花粉の飛散シーズンが運悪く重なってしまっただけだ。

 

キャンプが好きな人やサーフィン、スノーボード等こうした非日常の趣味が好きな人はわかると思うけれど、装備を整えバイクにエンジンをかけると

『さあ冒険に出るぞ!』

とそんな気分になる。

いつも走っている道も全然違う気分で走ることが出来る。

 

花粉症対策をして今年も近場へお出かけしたいと思うんだ。

 

バイクは密にならないし、維持費も安いし、性能はハイパーカー級。

これからの時代には是非ともお勧めしたい最高の乗り物だ。

f:id:Nob13:20220325104629j:image