のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

オリンピックで一番感動したスタッフと選手のお話。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20210813120238j:image

心温まるお話。

 

オリンピックが終わった。

競技中は色々な事があったけれど、競技場の外でスタッフの活躍により素敵なやり取りがいくつか生まれていたようだ。

中でも一番心に残ったのはジャマイカ選手と日本人スタッフのあるやり取り。

両者金メダルの素敵なやり取りである。

 

 

 

事の発端はバスを間違って乗ってしまった事

日本人としても誇らしく、心温まるお話の概要は以下にある。

知っている人も多いと思うが読んでみて欲しい。

 

陸上男子110メートル障害を制したのは、31歳のハンスル・パーチメント(ジャマイカ)。実は準決勝ではバスを間違えて競泳会場に行ってしまったが、日本人スタッフのおかげでレースに間に合ったという珍事があったという。

 

まさかのミスを犯したのは、4日の準決勝直前だった。

選手村を出発したパーチメントは「音楽を聴いていたため、何も聞こえなかった」とバスを間違えたことに気づかず。

到着したのは、陸上が行われる国立競技場とは反対方向の東京アクアティクスセンターだった。準決勝は午前11時17分開始。「選手村に戻って、正しいバスに乗ろうとしたらウォーミングアップをする時間がないかも」と考えたという。  

 

救世主となったのは、日本人の女性スタッフ。

なんとタクシー代をくれたおかげで国立競技場にたどり着くことができた。「おかげさまで、ウォーミングアップをする十分な時間をつくることができた」と準決勝を組2着で突破。さらに5日の決勝は13秒04で金メダルを獲得した。  

 

インスタグラムに動画を公開し、一部始終を説明。「彼女を見つけて金メダルを見せるつもりだ」と、日を改めて再び競泳会場を訪れた。「俺のこと覚えている?」。女性に話しかけ、「見せたいものがあるんだ」と取り出したのは金メダル。

 

「勝ったんだ。あなたが助けてくれたから。シャツもプレゼントするよ。サイズが合えば良いんだけど。そしてお金も返すよ」と感謝を伝え、2ショットを撮影した。

 

THE ANSWER

五輪で起きた奇跡的秘話 バスを間違えた海外選手、日本人女性の助けで金メダル獲得

Photo 

https://www.instagram.com/tv/CSRl4aqhYXP/?utm_source=ig_embed&ig_rid=a01f1fc2-9faa-4252-855a-0c0c78cbf632

f:id:Nob13:20210813120249j:image

思いやりが海を越えて

バスを間違って乗ってしまった事により、目的地とは違う方向へ行ってしまった。そこでスタッフがタクシー代をくれて、結果金メダルを取ることが出来た。

ここまででも素晴らしい話なのだが、この後にさらに素敵なやり取りが続く。

 

金メダルを彼女に見せに行き、借りたお金を返し、シャツもプレゼントした。

今、日本人でもこんな事できる人は少ない。

 

”やってもらって当たり前”と思っている人は多い。

 

www.nob13.net

 

スタッフの女性もパーチメント選手も素晴らしい人格の持ち主である。

このやり取りをインスタの動画で公開したパーチメント選手だが、これになんとジャマイカの首相が反応した。

 

『全てのジャマイカ人が感謝を示すことが必須であるとわかっています。ハンスル・パーチメントがそれを完璧に証明した。』とツイッターに投稿したようだ。

 

そしてさらにその動画を見たジャマイカエドモンド・バートレット観光相は感動し、彼女をジャマイカに招待して政府観光局としてもてなしたいと語ったそうだ!

 

『彼女が世界のどこにいようとも、私たちは自国民のひとりに示されたその親切にお返しがしたいのです』

 

と話しているそう!

 

無私の行動がここまで大きな話になるってビックリ!

優しさに包まれていて、心がほっこりして、自然に涙が出た素敵なやり取りだと思って見てました。

f:id:Nob13:20210813120304j:image