のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

S1000RRで行く初夏の榛名山。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20210529120853j:image

湖畔は丁度良い気温。

 

もう既に下界は過酷な気温に近づいてきている。

真夏の40度から比べれば涼しいが、30度だって十分に暑い。これが榛名山湖畔まで上がると10度くらいは下がる。走っていて快適な場所は山の上だ。これからは山を目指そう。

 

 

 

ヘッドライトのLED化で気分一新

ヘッドライトをLED化したいと前から思っていたのだが、先日ついにLEDヘッドライトに交換した。ロービーム側とポジションランプだが、ハイビームは使わないのでとりあえずこれで完了。

黄色い光から真っ白な高輝度ライトに変更されたので、なんだか一気に今どきのバイクになった気がする。

LED化のドレスアップ効果は抜群だ。

 

ちなみに取り付けは最寄りの正規ディーラーでは断られてしまったので、馴染みの車屋さんで取り付けてもらった。専門ではない業務をお願いしたので引き受けてくれたことと、当日中に工場長自ら調べて取り付けてくれた事に感謝して、取り付け工賃請求額相当のお菓子も持って行った。

工賃を払ってお菓子を渡すと”逆に気を使わせてしまって申し訳ない、、、”とお店のスタッフ。こういう素敵なお店は貴重である。

 

バイクって楽しいし大好きなんだけど、近所にいいバイク屋さんがない。

それだけ厳しい業界って事なんだろうけれど、態度が偉そうで仕事が出来ないのは論外だ。

 

例えばBMWのK1600Bなんて最高に良かったのでとても気になるし、購入候補のトップにある。ただ、電子制御モリモリのフラッグシップ車両であるが故、正規店以外では整備を断られることが容易に想像がつく。

 

www.nob13.net

 

そうなると考えちゃうんだよな。うちの近所の正規ディーラーはとても評判が悪い。

 

とりあえずS1000RR一台体制で行こう。

f:id:Nob13:20210529120935j:image

LEDヘッドライト交換後のS1000RR。

ロービーム側が常時点いている状態。ハイビームにすると、写真左の丸い目の上の部分が上向きに点く。使わないのでハイビーム側は交換していない。

 

www.nob13.net

 

榛名山にあがる。

いつも伊香保温泉側から上がるのだが、つづら折りになっている道はデコボコ、ガタガタしているので飛ばすと危ない。混んでいる事も多いのでのんびり上がるのがオススメ。

f:id:Nob13:20210529121054j:image

つつじと思われる植物が多く咲いている。6月になると山頂周辺も緑いっぱいでキレイ。
f:id:Nob13:20210529121128j:image

土日は趣味の車が多い。
f:id:Nob13:20210529121037j:image

アクセル開けたくなるストレート。

知らない人でもきたらわかる。あぁ、ここかって。
f:id:Nob13:20210529121023j:image

青空と緑の山。
f:id:Nob13:20210529121125j:image

散策するのも気持ちよさそうだ。
f:id:Nob13:20210529121026j:image

新緑と。
f:id:Nob13:20210529121058j:image

四輪で走ると何か音楽が流れる。
f:id:Nob13:20210529121050j:image

ピラミッドみたいな山。
f:id:Nob13:20210529120853j:image

湖畔周辺の駐車場。以下写真を何枚か。
f:id:Nob13:20210529121118j:image


f:id:Nob13:20210529121033j:image


f:id:Nob13:20210529121114j:image


f:id:Nob13:20210529121111j:image


f:id:Nob13:20210529121041j:image


f:id:Nob13:20210529121108j:image


f:id:Nob13:20210529121044j:image


f:id:Nob13:20210529121122j:image


f:id:Nob13:20210529121030j:image

初夏の榛名山を堪能してきた。

この後は裏榛名を一往復して来た道を戻ったが、裏榛名を下ると草津温泉方面や軽井沢、長野方面へ抜ける事も可能。

 

その日のツーリングコースに合わせて使いわけると良い。

 

来たのは平日だったが、観光者ではない地元の車が多く走っていて慣れている。

群馬ナンバーの地元の慣れている人達は、後ろから速いバイクが来るとすぐに端に寄ってくれる。

 

年配の女性もみなそうだ。

今日も下りで煽ってるわけではないのに、5台全車が道を譲ってくれた。

ここが速いバイクや車が好む道であることを理解している。

 

観光客や気の利かない人だと、後ろに大名行列を作っていても気にせず5km/hで走り続けるので後続車は疲れる。

 

当然だが平日の方が快適に走れる。

 

気持ちよく走りたければ平日か、かなりの早朝がお勧めだ。
f:id:Nob13:20210529121105j:image