のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

自分がYoutubeを全く見なくなった理由。ビジネスのカモにならないために。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20210107144334j:image

世の中の流れは速い。

 

現代は、ボーっとしているとあっという間に取り残されてしまう速さで時間が過ぎ去っていく。

俺はもう既に取り残されているが。

そういえば、昨年頃から一切Youtubeを見なくなった。

どうして見なくなったかブログに書き綴る。

 

 

 

ビジネスのカモになり続けるのは御免

俺はもともとテレビを一切見ないので、最近のテレビ番組がつまらない、面白くないなどの話の真偽についてはわからない。

 

大学生時代、テレビの視聴時間をどうしたら減らせるか??という授業で

『テレビなど一切見なければよい。』

と答えたところ、

「そんなことが本当に実現可能ですか?真剣に考えて回答しなさい。」

と先生にご指導いただき、やっとるわボケ!と思っていたのがついこの前のようだ。

 

当時と今で違う事と言えば、当時はやっとるわボケ!と思っていたが、今だったら言葉に出して言ってる。

つまり中身は何も変わってない。

 

それで、つまらないテレビ離れが進んでいる中、自分の好きなタイミングで好きな動画を見られることがうけて、Youtubeが大人気となった。

そして、小学生のなりたい職業の上位に上がるほどYoutuberは市民権を得ることになり、一躍スターの世界へ新しい門戸を開いたのである。

 

当然、こんなに人が集まる媒体を頭の良い人が放っておくはずはなく、最初は冒頭に一度だけだった広告も、映像の間に何度も流れるようになってきた。

 

非常に鬱陶しい。

 

自分がYoutubeを見なくなった直接の原因はこれである。

f:id:Nob13:20210107144157j:image

Youtube動画が始まる前に既に分かる。

このオレンジの点の部分で広告が入る。

我々は意識しない間にもこうして、商品の売り込みを受け続けるのである。

鬱陶しい事この上ない。

 

情報弱者とビジネス

人生の時間は有限である。

何かを成そうとすれば、あっという間に時間は経ってしまう。

そんな貴重な時間をわざわざ見ず知らずの他人のために長時間使おうなどと思えない。

 

例えば、何かアニメが流行る。大流行する。

ビジネスの側面から見れば、その大流行したグッズを夢中になって買い漁り、公開日に映画を見に行くような人は格好のカモだ。

 

 

そして、それらを提供している人は大小様々だが、大きく稼いでいる人も少なくない。

 

また自分の周りを見る限り、グッズを買い漁っている人は経済的にゆとりのある人は多いように見えない。

 

この様子を目を細めて見ていると、頭の良いお金持ちがそうでない人たちをカモにして、お金を払わせているように見える。

 

勿論そのお金を払った対価として満足感を得るのだが、ビジネス面から見ればこの図式は間違っていないはずである。

 

 

ビジネスのカモにならないために

SNS上でもお金を配っている人をよく見かける。

勿論、すべてが悪いわけではないし自分だってお金は欲しい。

しかし、彼らは慈善事業ではなく、それをしてもそれ以上に稼げる手段を持っている。

 

その仕組みが何かを考えてみると、単純にお金下さいお金下さい!!と飛び跳ねて手を挙げているのは違うと思う。

 

お金がない、生活が苦しい。

社会がアホだ。会社がクソだ。給料が少ない。人を大事にしない。

 

こうした言葉はいつでも多く聞くけれど、自分自身が考えることを放棄した行動をとっていないだろうか。

また、お金持ちのために使った時間や購入した物品が、家の中にホコリ被って転がっていないだろうか。

 

そうした事を立ち止まって考えてみることは、無駄な時間にはならないはずだ。

 

 

何が言いたいのかというと、全てカモになるなという訳ではない。

自分は車やバイク業者のいいカモである。

お家もそうか。

 

しかし、満足感があるのでそれは良い。

 

自分の場合は少ない手持ちでやりくりできるように、絞るところは徹底的に絞っているということだ。

 

自治会みたいにみんなやってるからやる、これはとても危険だ。

 

海の魚と同じく、世の中にも餌と疑似餌が混在している。

つり針ごとのみ込まないように気を付けるのは、自分の心掛け1つだということだ。

f:id:Nob13:20210107144348j:image