のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

アウディA3、壊れたアンダーカバーを直すために入庫する。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20201206173828j:image

形あるもの皆壊れる。

 

先日、道路工事中の現場を通る際にA3の底を杭にぶつけてしまい、アンダーカバーを破損した。後日、工事業者が修理費用を持ってくれることになったので、部品が届いたアウディディーラーに交換修理のために行ってきたのある。

良かった。

 

 

 

災難続きのA3

他物との衝突により通算5度目の外装破損となったチビディことマイアウディA3。もう走行距離も6万kmになるのだが、まだ故障することなく元気に動いてくれている。ありがたい。

 

先日の破損もディーラーに修理見積をお願いしたところ、修理代金総額114,620円アウディにしてはビックリ低価格。

もっとこう、インパクトのある数字で来るのかと思ったが、想像をはるかに下回ったので一安心。

工事業者が今回の修理代金はこちらで持つと、早々に申し出てくれたので安心していた。

 

アウディの部品を注文してもらったのだが、国内に在庫がある物であれば大体2日ほどでディーラーに届くのだという。国内にないものに関してはこの限りではないが、国産車並みのスピード感ある対応に今後も安心して任せられると思った。

 

あっという間に部品が届き、ディーラーに向かったのである。
f:id:Nob13:20201206173843j:image

前回のぶつけた破損部の様子。
f:id:Nob13:20201206173820j:image

こんな感じ。

この時のブログでも書いたのだが、壊れた部分よりもこんな素のA3ですらフロア部の空力性能を上げるために、アンダーカバーで全て覆われていることに感動していた。
f:id:Nob13:20201206173840j:image

アウディディーラー到着。

担当営業さんと次の車の候補について盛り上がる。

『クワトロポルテってエアコンの不調を良く聞くけど、対策品って出てるの??』

など。
f:id:Nob13:20201206173835j:image

クリスマスツリーが飾られて12月感が出る。

奥に目に眩しい明るい緑のRS3が。

f:id:Nob13:20201206173828j:image

850万円だそうで。

素晴らしいエンジンで最高の走りをすることはわかるのだが、自分だったらケイマンを買ってしまいそうだ。

 

しかしアウディのこの5気筒エンジンは至宝。

このエンジンが手に入るのだったらと考えれば、ケイマンかRS3か容易に答えは出ないだろう。

 

 

よく考えたが、自分だったらケイマンを買う。
f:id:Nob13:20201206173928j:image

可愛い系から極悪系にシフトしつつあるR8スパイダー。

横幅1940mmだそうだが、数値程大きく見えない。
f:id:Nob13:20201206173934j:image

5200ccのV10エンジンをオープンで、かつバング&オルフセンサウンドを堪能しながら走る。

これ以上の快楽はそうあるまい。

その対価が3269万円なのだが。
f:id:Nob13:20201206173938j:image

今どきのアウディのコックピット。

 

さて交換作業には数時間かかるそうなので、代車をお借りしディーラーを後にする。

昼時だったのでご飯を食べに行ったり買い物したり。

 

のんびり午後の休日を堪能しているとアウディから電話。

 

修理完了したそう。
f:id:Nob13:20201206173924j:image

ディーラーでは修理箇所を写真撮っておいてくれ、ビフォーアフターを説明してくれる。

また、引き渡し時に現車もリフトアップして交換箇所を説明してくれた。

 

すっかり新品のフロアカバーに戻ったA3。

 

車の底なんて普段自分で見ることが出来ない部分だが、キレイになった部分を見せてもらうと安心できる。

 

来週、無事に車の修理が終わったことと、お礼を業者さんにも伝えようと思う。
f:id:Nob13:20201206173931j:image