のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

20ギガで2980円!魅力的なドコモの新料金プラン!

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20201203170616j:image

生活の必須アイテム、携帯電話。

 

普段ほとんど携帯ニュースなどは見ないのだが、今回のドコモの新しい料金プランは良い。自分の場合、携帯は生活に必要な物なので固定費が下がるのは素直に有難い。現在はドコモユーザーではないが、これを機にキャリアを変更しようと思っている。

 

 

 

2980円のドコモの新プランの概要

プランの提供は2021年の3月からのようだ。

それなので、今すぐ申し込めるという訳ではない。まだ3か月ほど準備期間がある。

魅力的なプランの概要は以下のようだ。

 

NTTドコモは3日、データ通信量20ギガバイトで月2980円(税抜き)の新料金プラン「ahamo(アハモ)」を2021年3月から提供すると発表した。1回あたり5分以内の国内通話も無料とする。

 

 新プランは、82カ国・地域でも追加料金なくデータ通信が利用できる。申し込みは、店舗ではなくオンラインでのみ受け付ける。他社からの乗り換えやドコモ利用者の契約変更などにかかる事務手数料は無料とする。次世代通信規格「5G」にも対応する。

 KDDIau)とソフトバンクはすでに、それぞれの格安(サブ)ブランドから20ギガバイトで通話料込み4500円程度の新プランを発表しているが、ドコモの新プランはこれらより安い料金となる。

ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

毎日新聞

 

2980円の税別なので税込の支払額は3300円弱になる。

そして通話を多く使いたい人向けに月額1000円(税抜)で国内通話がかけ放題になる、かけ放題オプションも用意されるようだ。

 

自分の場合は仕事やプライベートで通話を多く使うので、このプランは必須。

それでも、2980円に1000円のかけ放題オプションを付けても3980円+消費税だ。

 

現在、自分が契約中のプランと比較すると実に半額以下の料金プランとなる。

月々10000円のプランに契約中であれば、年間7万円弱もの節約になり、これは無視できない金額だ。年に1回かそれ以上旅行代金等にすることが出来る。

f:id:Nob13:20201203170639j:image

物価は上がる一方の現代

車もいらないオプションが多種多様に付けられ、本体価格がうなぎ上り。

以前は節約自動車の代名詞だった軽自動車ですら200万円越えは当たり前の時代だ。

 

アイドリングストップが標準装備されることで、バッテリーも高出力タイプに変更を余儀なくされ、付随してバッテリーの交換費用も随分と高くなってしまった。

 

毎回アイドリングストップする事でリッター1km節約できたとしても、バッテリーが5000円から5万円になったのではユーザーの費用負担は増すばかりだ。

 

こんな世の中にあって、生活必需品の携帯料金の値下げは助かる。

 

他社の出方もみつつ、変更可能時には早速変えようと思う。

 

約7万円の節約になれば月額約5833円の節約。

 

つまり、月5833円は違う事に使ってもいいって事か。