のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

横浜ロイヤルパークホテル宿泊記。~前編~

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20201116175304j:image

ランドマークタワー内にあるホテル。

 

みなとみらいに来た。

10年前にはこの近く川崎市周辺に住んでいたため、とても懐かしい。

そして一目見て街が洗練されている。

災害には色々弱そうだが、絵にかいたような都会ライフが楽しめそうだ。

 

 

 

高速道路からのアクセス良し

前回行ったホテルの1つ、ニューオータニは高速道路降りてからも少し距離があり、慣れてないとわかりづらい。都内の街中はしばしば交差点で『俺が行きたいのは14時の方向だけど、今出てる右の矢印で行っていいのか?!』という事態に直面する。

大体そういう信号でとまる時は先頭になるので、ホント困る。

 

それに比べこの横浜ロイヤルパークホテルは、高速道路のみなとみらいの出口から目の前だ。建物自体も巨大で、遠くからもわかりやすいので目印になる。

 

アクセスの良さは大事だ。

このホテルの高速道路からのアクセスの良さは最高。行きも帰りもわかりやすい。

 

地下の駐車場に車を停めてホテルへ。

先ほど、68階で昼食も済ませたので預けた荷物を受け取り、チェックインしてまた部屋に上がるのだ。

例によって15時のチェックイン渋滞はなかなかのもの。

ディズニーランドのように並ぶ道が長々と作ってある。

鼻水垂らしながら並ぶ。
f:id:Nob13:20201116175247j:image

ホテルロビー。

大理石のゴージャスな内装。歩くと『カツーンカツーン』って音が響く。
f:id:Nob13:20201116175325j:image

ビッグクリスマスツリーが!

もうそんな時期が近付いてきた!
f:id:Nob13:20201116175301j:image

チェックアウト終了後、これまたゴージャスなエレベーターに乗り上層階へ。
f:id:Nob13:20201116175314j:image

部屋は61階。

最初はカーテンが閉まっていて、部屋に入ってカードキーを差し込むとカーテンが開くという、デートのサプライズには完璧な仕様になっている。
f:id:Nob13:20201116175252j:image

窓からはベイブリッジが見える。

61階ともなると周りに視界を遮るものは何もなく、見晴らしは最高だ。
f:id:Nob13:20201116175236j:image

ベッドは窓側を向いて置かれている。

美しい夜景を見ながら眠れる、、、的な感じだが、コンタクト外すと何も見えん。
f:id:Nob13:20201116175310j:image

ライトも足元、枕元、読書灯、窓側カウンターと自由にon/offでき、照度が変えられる電球もある。窓際だけダウンライトをつけて、照度を落とすと高級なバーみたいな雰囲気に。
f:id:Nob13:20201116175307j:image

TV。使用せず。
f:id:Nob13:20201116175317j:image

浴室。

シャワー室とバスタブとある。

トイレも同じ室内なので、これは別が良かった。
f:id:Nob13:20201116175228j:image

172cmの身長で足が伸ばしきれる長いバスタブ。
f:id:Nob13:20201116175243j:image

シャワー室。

コンラッド東京みたいな、天井から降ってくるハチの巣型シャワーはなし。
f:id:Nob13:20201116175322j:image

トイレ。ペーパーが柔らかい。
f:id:Nob13:20201116175231j:image

アメニティはロクシタン

容器がプラ製なのだが、硬くて出しづらい。あ、少量ずつ使えばいいのか!
f:id:Nob13:20201116175257j:image

さて夕飯は20時過ぎからなので、それまでお出かけ。

せっかくのみなとみらいだが、都内に向かう。
f:id:Nob13:20201116175225j:image

ランドマークタワー内にいたビッグスヌーピー
f:id:Nob13:20201116175239j:image
電車に乗って向かうのは時計の店。

一緒に行った友人2人が腕時計が気になるらしい。

せっかくなのでお店へ行って見てみようと。

f:id:Nob13:20201116175702j:image

ウブロクラシックフュージョン
f:id:Nob13:20201116175656j:image

チタン製だから肌にも優しい。
f:id:Nob13:20201116175648j:image

こっちも同じウブロのクラシックフュージョン。緑色。
f:id:Nob13:20201116175652j:image

2人とも色々迷いながらも結局上記のウブロを購入。

購入して説明を受けた後は腕につけて帰った。

 

さてホテルに戻るのだが、20時過ぎからホテルのレストランでフレンチのフルコースを予約してある。

今から帰れば時間は問題なく間に合うのだが、ランチビュッフェで食べ過ぎた中華が全く消化されていないのが最大の悩みである。

 

賢い人なら夜ご飯の事を考えて昼食をとるのだろうが、我々みたいにザコだとあるだけ食べてしまう。そしてディナーを1時間後に控えてアタフタしている。

 

夜に美味しいご飯を食べるときはペースを考えて昼食を食べよう。

 

さて戻ってきたらシャワー浴びて、フレンチレストラン用の装いに変え。

 

後編に続く。

 

 


f:id:Nob13:20201116175659j:image