のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

コンラッド東京 宿泊記。 ~Withコロナ~

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20201106115238j:image

お気に入りのホテル。

 

GO TO トラベルの影響で相対的に割引額が大きくなる、高級ホテルに予約が殺到しているのだという。今だからこそ、のお手軽感もあるのだが割引前ではあまり聞かなかったような問題が起こっているのも事実。

今回GO TOトラベル開始後に初めてコンラッド東京に宿泊し、いくつか感じたことがあった。

 

 

 

期待を裏切らないエントランスの顔ぶれ

高級ホテルの駐車場に停まっている華やかな車たちを見るのが大好きだ。

時々ハズレはあるが、今回はとても魅力的な車たちがエントランス前の駐車スペースに停まっていた。

 

また、先日宿泊した元祖御三家ホテルのニューオータニは設備や、設計の古さが気になるところがあったのは事実。

それらに比べてコンラッド東京は比較的新しいホテルなので、設備が新しく現代のニーズに即した設計になっている。

具体的には高い天井や広い部屋などだ。

この辺は一度作ってしまうと、容易には変えられない難しさもあるのだろう。

f:id:Nob13:20201106115652j:image

エントランス前に並んだ高級車。

写真左からマセラティランボルギーニAMGAMGマセラティである。

日本ではないようだ。
f:id:Nob13:20201106115238j:image

エントランス。バレーサービスも行われる。
f:id:Nob13:20201106115713j:image

以前は宿泊者にランボルギーニガヤルドをプレゼントするプランもあったり、世界中の都市をスーパーカーで走行するラリーである、ガンボール3000の宿泊場所になっていたりと、ハイエンド自動車オーナーたちが好んで使う場所がここ、コンラッド東京なのである。
f:id:Nob13:20201106115642j:image

建物は28階から上がホテルになっており、エレベーターで28階のロビーまで上がる。レゴのように小さな木のブロックで造られたオブジェ。
f:id:Nob13:20201106115649j:image

エントランス。
f:id:Nob13:20201106115706j:image

昨年12月にはクリスマスツリーが飾られていた。
f:id:Nob13:20201106115559j:image

28階ロビーに向かうエレベーターは3基。

f:id:Nob13:20201106201852j:image

エレベーターは1階とロビーがある28階のみ。

高速で上り下りするので耳がやられる。
f:id:Nob13:20201106115635j:image

28階到着。

ホテルの28階とは思えないほど高い天井。8メートルの高さだそうな。

贅沢な作り。

奥にいる人のサイズと比べてくれればわかるが、人が通るうえでは不必要なほどの高さだ。しかしこれもスーパーカーに通ずる

贅沢とは無駄を楽しむことだ』という事だろう。

解放感大。
f:id:Nob13:20201106115625j:image

部屋。

バスルーム。
f:id:Nob13:20201106115542j:image

一番小さい部屋でも50平米近くある。
f:id:Nob13:20201106115659j:image

バスタブ。
f:id:Nob13:20201106115614j:image

アメニティ。
f:id:Nob13:20201106115606j:image

シャンハイタンのセット。青いのはマウスウォッシュ。

後ろの袋はマスクと消毒スプレー。奥の箱には貝印のシェーバー等。
f:id:Nob13:20201106115549j:image

ドライヤーはレプロナイザー4Dplus。

ピンとこない人には値段を教えよう。

このドライヤー約6万円だ。
f:id:Nob13:20201106115709j:image

トイレ。
f:id:Nob13:20201106115553j:image

シャワーは2つ。

通常のシャワーと天井にあるハチの巣から降ってくるシャワーだ。任意で切り替えられる。

ハチの巣シャワー、最初は冷たいから出始めは真下を避けていた方がいいぞ!

 

天井から豪雨のように降ってくるので気持ちよく洗える。
f:id:Nob13:20201106115556j:image

キングサイズのベッド。枕は硬さや厚みが違うものがそれぞれ2つずつ置いてある。
f:id:Nob13:20201106115645j:image

コンラッドダック&ベア。
f:id:Nob13:20201106115603j:image

自宅のコレクションとして持ち帰る。
f:id:Nob13:20201106115655j:image

夜景。
f:id:Nob13:20201106115619j:image

コンビニもほぼホテル敷地内と言って差し支えない距離にあり、ちょっとした買い物にも便利。
f:id:Nob13:20201106115632j:image

夜にホテルからプレゼントが届く。
f:id:Nob13:20201106115545j:image

ご結婚記念日おめでとうございます

思い出に残るご滞在になりますように

 

こうした細やかな気遣いがファンを作る。
f:id:Nob13:20201106115609j:image

朝食ビュッフェ。
f:id:Nob13:20201106115628j:image

パン類。
f:id:Nob13:20201106115716j:image

果物。
f:id:Nob13:20201106115622j:image

メニューがコロナ仕様になっているのか、昨年の半分か半分以下しかなく不満。

昨年の朝食はこれ食べたいっていうのがたくさんあったのに、今回は魅力的なものが少ない。
f:id:Nob13:20201106115702j:image

エッグベネディクトとフレンチトースト&マロンクリーム。
f:id:Nob13:20201106115638j:image

GO TOトラベル&Withコロナの宿泊で気になったこと

①チェックインの大渋滞

 チェックイン時にロビーにはラーメン二郎並みの大渋滞が起こっていた。ほったらかしではなく、すぐにスタッフが駆けつけてくれたが、その際の説明では『今チェックインに30分待ち』なのだと。

荷物を預けて先にお出かけしてくることも可能だと言われ、そうすることにした。

 

②不相応な客の増加

大声で話す若いパンクロックみたいな服装の若者を何人か見た。

本来ドレスコードのある高級ホテルである。

夜のロビーにあるバーでは合コンでもしているのか、大声で騒ぐ若者グループも見た。

そして極めつけはロビーとエントランスを繋ぐエレベーター。

 

エレベーター内に嘔吐してあった。

 

5つ星ホテルに泊まる理由の1つに、こうした人たちに不快な思いをさせられることなく快適に過ごしたいと思って、高い料金を払うというのも間違いなくある。

 

本来来るべきではない人たちまで、今回のGO TOのお祭り騒ぎで来てしまっている印象を受けた。

 

自分はふさわしいと言っているのではない。

ただ、少なくともエレベーター内でゲロは吐かない。

 

朝食のメニュー&サービスの質低下

昨年来た時よりも明らかにメニューが減り、サービスの低下を感じた。

メニューが減ったことに関しては、コロナ対策の中で仕方ないところもあるのかもしれない、、、。

 

そして宿泊者が増えたことが最大の要因であろう。

人手が足りていない。

 

コーヒーか紅茶、どちらがいいか最初に訊いてくれたが、食前食後も聞かれず食事を始めた直後

 

『今持ってくるんかーい?!』

 

というタイミングで紅茶を持ってきてくれた。

 

ファミレスでも食前食後、どちらに出すかくらい訊いてくれるぞ。

 

 

そして恐らくだが、昨年の朝食料金と変更になっていない。

 

まとめ

本来あってはならん事だが、GO TOトラベルのお祭り騒ぎによりいつもより安く泊まれる反面、サービスの質も落ちている。

落ち着いて過ごしたい人は今は行かないか、そういった心づもりで出かける方が良い。

 

ベットの質やバスタオルのフカフカさ、そして使い切れないほどの枚数が置いてあるタオルの配慮、ドライヤー、アメニティ等のサービスは申し分ない。

 

ホテルにおもてなしする側の人が足りていない。

 

昨年行ったコンラッド東京の宿泊記と比べてもらえばよくわかるはずだ。

 

それにしても、いいホテルである事には違いない。

 

部屋に入れば静かに過ごせるので、懲りずにまた出かけようと思っている。

 

www.nob13.net

 

 

www.nob13.net

 


f:id:Nob13:20201106115538j:image