のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

トライアンフが新型ネイキッドのトライデント660を発表!

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20201107141446j:image

四輪とは違う二輪業界の魅力。

 

最近はカッコいい車、欲しいと思えるような車がどんどん少なくなってきている。

F1もとっくの昔にV8サウンドを捨ててしまったし、新しく出てくるスポーツカーも小排気量&ターボ及びハイブリッドが全盛だ。

1人の車好きとしては非常に寂しい限りだが、二輪車の世界はまだまだ趣味性全開で走り続けている。昔のデザインをよみがえらせたり、排気量をさらに拡大したり、こんなご時世だからこそとても魅力的に映る。

 

 

 

F1マシン1600cc ハーレー1900ccの時代

現在のF1マシンは1600ccのV6ターボである。

そして先日試乗したハーレーダビッドソンは1900ccだった。

 

www.nob13.net

 

世界最速かつ最高峰のレース車両が1600ccの小さな排気量で戦っている、、、F1統括団体のFIAによると、そうしたエコな面がセールスポイントの一つにもなっているようだ。

 

確かに、1600ccのV6ターボが3000ccのV12エンジンよりも速いのは、ものすごい技術の進化だ。

しかも今までよりも速いのに、更に低燃費になっているという。

 

だが、申し訳ないがこうした事は全く興味がない。

 

贅沢とは無駄を楽しむことだと思う。

そして、今のF1にはロマンがない。

 

1000円で時間の正確なメンテ不要の時計があるにもかかわらず、100万円や1000万円以上する時間の不正確な機械式時計を買うのは、そこにロマンがあるからである。

 

今のF1は誰が一番無駄なく、焼き魚を食べられるかを競うようなレースに見えてならない。

それは自分自身が旧タイプの人間だからなのだが。

 

バイクの世界は魅力的な車種が豊富

二輪車の世界は四輪ほど規制が厳しくないのか、いまだにスポーツバイクのハイパワー化、大型車両の大排気量化などが続いている。

様々なエンジンがラインナップされバイクの形も様々だ。

その面ではとても魅力的に見える。

 

今回はトライアンフから新型ネイキッドの発表があった。

ネイキッドバイクは上半身が起きた状態で乗ることが出来る、一番イメージ通りのバイクの姿だ。バイクの概要については以下である。

 

スチールパイプフレームに懸架されるエンジンは、660ccの水冷並列3気筒だ。最高出力81PS/1万0250rpm、最大トルクは64N・m/6250rpmを公称。最高出力こそ4気筒のCB650R(95PS/1万2000rpm)に及ばないものの、最大トルク(64N・m/8500rpm)は互角だ。その発生回転数が2000rpm以上低く、装備車重は13kg軽い(トライデント660:189kg、CB650R:202kg)ことを考慮すれば、扱いやすさはこちらに分があると言っていいだろう。

 

また数々の競合モデルと比較し、トライデント660がリードしていると言えそうなのが電子制御の充実度だ。例えばトラクションコントロールのほか、スロットルレスポンスが変化するライディングモードを装備。これには「ロード」と「レイン」の2パターンが設定され、路面状況やライダーのスキルに応じて切り替えることができる。

トライアンフが「トライデント660」を発表 排気量660ccの新型ロードスポーツモデル

WebCG

f:id:Nob13:20201107141440j:image

バイクの馬力は車換算では4~5倍で考える

たかだか81馬力と侮ってはいけない。

車重が200kgないので、四輪の1000kg当たりの馬力に換算すると約400馬力だ。

 

400馬力の車などは1000万円以下では探すのが難しいほど少ない。

しかし、バイクの世界であれば100万円以下で買えてしまう。

 

馬力に対してのコスパは半端ない。

 

見た目もスッキリしていていいし、価格もお手ごろだ。

 

こうした魅力的なバイクが毎年発表される二輪業界は魅力的だ。

また日本にはホンダ、ヤマハカワサキ、スズキと世界的にも一線で戦える4メーカーが揃っている。

 

1人でも多くの人がバイクに興味を持ってもらえれば、といちバイク好きとして思うのである。
f:id:Nob13:20201107141437j:image

スピードメーター
f:id:Nob13:20201107141443j:image

このナンバー位置は最近の流行か。
f:id:Nob13:20201107141452j:image