のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

マイホーム購入㊲~シャッター取り付け工事完了する~

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20201026125021j:image

やっと、ガレージのシャッターが付いた!

 

長かった。

建物は完成しているのだが、入り口の""が届かず、虫も猫も入り放題。

ただの"物置"だったガレージがようやくガレージらしい面構えになった。

しかしよくよく考えると、中に入れるものはないので物置には変わりないが、、、。

 

 

 

3日間泊まり込みのシャッター取り付け工事

今回取り付けてもらったガレージのシャッターはオーバースライダーで3m×2枚である。

勿論大きくなればなるほど値段も高いのだけど、後になって”やっぱりもう少し大きくしたい、、、”が出来ない場所なので、出来るだけ大きくとってもらうようにした。

 

これにより、縦や横が大きな車でも出し入れしやすくなる。

今のところはバイクしかないので、1/4のシャッター幅でも良かったと言えばそうなのだが。

 

工事の日は生憎の雨で業者さんは近くにホテルを取り、3日間泊まり込みで朝から夜まで作業して帰るのだそうだ。

大変!

今回はレムコという会社のスタッフさんが来て取り付けてくれる。

さすがシャッターを専門的にやっているだけあって説明が丁寧で、いろんなケースを良く知っている。(経験がなせる業)

 

車にもバイクにも詳しい業者さんで、バイクは『BMWエスセンだよ』と話せば、"Rの方ですか?RRの方ですか?"

なんて切り返してくれ、良く知ってる。

 

自身もポルシェが大好きでマカンが欲しいのだそうだ。

車やバイクが好きでこの仕事をやっていれば、どこへ行ってもお客さんと良好な関係が築けそうだ。

 

スイッチの位置や形状などもしっかり確認があって親切。

今後のアフターフォローなど、この人なら安心して任せられそうだと思える対応であった。

 

取り付け工事完了後の説明

3日間かけてガレージシャッター取り付け完了。

取り付け完了した日には自分で出来る定期メンテナンス、リモコンキーの使い方、自動停止のセンサーの使い方や、その裏技等を聞く。

 

説明も手馴れていて、

『ガレージ内の中央になぜ長いほうきが置いてあるんだ??』

と思っていたら、その上についているモーターのエラー表示の説明に使うためのほうきだったw

 

段取りがいいな、、、。

 

説明をする際に、話を聞く我々の立ち位置への指示も的確で、相当数をこなしてきている事がわかる。

 

これでガレージ工事は終わりではなく、まだ完成度75%ほど。

引き続き電気工事なども続く。

 

そして、駐車場の舗装工事もあるため現場監督お手製バイク用スロープも、再度取り付けられる。
f:id:Nob13:20201026125032j:image

シャッターが付いたガレージ。

ガレージ感大幅アップ。

明治チョコレートみたいに、四角いマスが横に5個ある同社製シャッターは『3メートル幅』なのだそうだ。

測らなくても見ればわかる仕様だそう。
f:id:Nob13:20201026125036j:image

シャッター側を見て立ち尽くすバッタを発見!

もしかしてあなたの家、この中にあった??

 

単身赴任からようやく帰ってきたら、中にある家に帰れなくなったとか??
f:id:Nob13:20201026125013j:image

母屋と色を合わせて同系色で作ってもらった。
f:id:Nob13:20201026125024j:image

アンティークな見た目だけど、センサー内蔵で暗くなると自動で明るくなる、俺より賢い外灯。
f:id:Nob13:20201026125029j:image
夜にはこんな感じ。

この隣に漆喰の母屋がある。

 

さて、シャッターは取りつけられたもののガレージ内はまだ建築資材や養生シートがしてある状態。中を仕上げて、次は舗装だ。

 

絶対に年内に終わらない気がする。

 

しかし、こうして少しずつ完成に近づいているのはとても嬉しいのだ。
f:id:Nob13:20201026125017j:image