のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

居酒屋ごはん アラマキッチン。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20200814132215j:image

料理はお洒落だが、、、。

 

コロナであっても仕事は止められない。

取引先との打ち合わせで行って来た、群馬県前橋市にあるアラマキッチン。

おしゃれな居酒屋として定評がある。

到着すると駐車場は満車で、人気ぶりが伺えるが、、、。

 

 

 

半個室の居酒屋

大勢で集まるのは今のご時世、よくない。

 

後で読み返したとき『あぁ、コロナが流行っていてこんな時代もあったなぁ、、、。』と思える日が早く来て欲しいものである。

 

忘れた頃の未来に向かって言っておくと、今は外出時の必需品はマスクだ。

マスクをしない人間に人権はない、というくらいマスクが必須アイテムだ。

 

お店に入る時は、パンツもズボンも履かなくてもいいが、マスクをしないだけで袋叩きに合う。

現在はそんな時代である。

 

この場合、怖いのはコロナウイルスなのか人間なのかわからないけれど、そんな中にあって、個室や半個室の飲食店というのは正義なのである。

 

物理的にも周りの人との距離を置くことが出来る。

 

人気で駐車場満車のアラマキッチンに入る。

予約していることを告げ、半個室席に案内。

見た感じ、全室半個室のように見える。
f:id:Nob13:20200814132225j:image

早めに到着し相手の到着を待つ。

メニューを見ると美味しそうな料理が並ぶ。ランチもやっていて、食べ物にも力を入れている居酒屋である。
f:id:Nob13:20200814132229j:image

落ち合った後、適当に料理を頼む。

 

パスタ、サラダピザ、ポテト、ドリンクを注文。

 

話をしていてやはりと思ったのが、周りの経営者はみな給付金や低金利の融資により、実に羽振りが良くなっているらしい。

 

もともと、飲食業と違い建設業等はコロナ影響により、業績の落ち込みが少ない会社が多い。その落ち込みが少ない業種が皆、多額の給付金を手に入れているのだから、何ともな話である。
f:id:Nob13:20200814132233j:image

到着したサラダピザ。

見た目はすごくおいしそうで、上に乗った具材をボロボロこぼしながら食べたのだが、むむむ。

 

ピザは薄く冷めている。温かいピザではなかったか。

そして、野菜がこぼれるので食べづらい。

 

食べづらさとピザ生地の薄さと冷たさにガッカリし、そこまで美味しい印象はなかった。
f:id:Nob13:20200814132221j:image

その後、出てきたポテトを食べる。

 

めっちゃ古い油を使っているのがわかる。

 

ポテトは古い油を吸ってギトギトである。油の匂いもキツイ。

 

オエー、、、。

 

3本くらい食べて気持ち悪くなり、後はいらない。

 

 

なんかこう、すごく基本的なところだし、今日は満席だけど実際はそこまで調子いいわけでもないのかな。

 

こんな古い油で揚げたポテトを出しているようでは論外だ。

 

そこまで食にうるさい方ではないが、さすがに今回のは強烈だった。

 

客先との打ち合わせ自体はうまく行ったが、料理が不味くて残念だった。

 

半個室なのは今の時代加点要素だが、基本的なところに配慮が届いておらず、非常に残念な食事時間だった。
f:id:Nob13:20200814132218j:image

アラマキッチン

住所
〒371-0044
前橋市荒牧町 2-33-7
電話番号
027-212-9499

営業時間
【昼】11:30~15:00 (L.O.14:15) ※ランチは日曜日・祝日休み 【夜】17:00~翌1:00(L.O.24:00)


宴会・法事・結婚式2次会等の団体予約は、営業時間外や定休日でも対応可能です。詳細はお問合せください。


定休日
無休

駐車場
20台
送迎バス
なし