のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

プレジデントリゾートホテル軽井沢 宿泊記。~前編~

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20200720093712j:image

週末はお出かけ。

 

昨年は6月末に沖縄に行って来た。

新婚旅行も兼ねてだったが、連日天気にも恵まれ、何よりもコロナウイルスがまだなかった。すごく楽しい思い出として残っているので、今年も行こうと話していたのにそれが出来なくなってしまった。

代わりに近場の宿泊を楽しんでいるところである。

 

www.nob13.net

 

 

 

軽井沢は霧発生率が高い

本日宿泊するホテルは”プレジデントリゾート ホテル軽井沢”だ。

いつも通り、直前で予約できるホテルを探して、予約取れそうな場所を取ったというわけ。

最近気に入ってる旅スタイルが金曜日発の土曜日帰りコース!

当然金曜日は仕事があるので終わってから向かうことになるが、

 

①仕事終わりに夜中にホテル到着。

②ゆっくり温泉に浸かって寝る。

③遅くにチェックアウトして周辺を観光。

 

この流れである。

これが何より最高なのは土曜日に遊び疲れて帰ってきても、翌日も日曜日で休みだという事だ。これは土日休みの人に限られてしまうが。

 

ホテルでゆっくり疲れを、、、と言っても、結局のところ一番体が休まるのは自宅しかない。

まして、普段朝食を取らない遅起き生活だ。

しかし、ホテルが朝食付きならせっかくなら食べたいと思う。

 

だから普段とリズムが崩れ、余計に疲れる。

 

次の日が月曜日で、朝から仕事なのとゆっくり眠れる日曜日なのとでは全然違うのだ。金曜日発旅行、オススメ!

 

そんな訳で妻の仕事が終わってから職場近くに迎えに行き、一緒に軽井沢へ。

一般的に軽井沢は長野県のイメージだが、今回行く北軽井沢は群馬県なのである。

景色は似たようなものだが。

 

道中、標高が高くなるにつれどんどん濃霧に、、、。

ホテルまであと20kmの地点からは、道路の先が5Mくらいしか見えない状況で暗いし、かなり怖い。

 

軽井沢に来ると、2回に1回くらい霧が発生してる気がする。

f:id:Nob13:20200720093747j:image

濃霧のせいにして2回ほど道を間違えながらホテルに到着。

街灯ゼロの真っ暗闇の中を走り続け、ホテルの明かりを見つけたときはホントに嬉しかった。
f:id:Nob13:20200720093803j:image

コロナのせいか、金曜日のせいか駐車場は空いている。

だから、来たのだが。

やはりいくら旅行が好きでも、今の時期は密集地は避けたい。
f:id:Nob13:20200720093744j:image

エントランス。

ここのホテルに決めた理由は3つ。

 

①キレイそう。

②温泉が広い。

③バチェラージャパン シーズン2で使われていた。

 

この3点。

アマゾンプライムに加入しているので、バチェラージャパンシリーズは全部見ている。

男として、女性に対してどう対応するのがスマートか考えさせられる。

 

 


f:id:Nob13:20200720093712j:image

ロビー。

自宅をこだわって作ったせいで、照明等はとても気になる。

おお!なんてデッカイシャンデリア!!

と思ったら、きのこのしめじ型ライトだった。
f:id:Nob13:20200720093807j:image

長い廊下。

じゅうたんが敷いてあり歩くとフカフカ

遮音性はあまり高くないのか、子どもの声が大きすぎるのか、廊下まで子どもの賑やかな声が聞こえてくる時も。

全体的には静かなホテル内。
f:id:Nob13:20200720093754j:image

部屋。

ツインベッドの部屋。シモンズベッド。
f:id:Nob13:20200720093751j:image

めちゃ狭いわけでもなく、過ごしやすい。
f:id:Nob13:20200720093759j:image

ホテルには大浴場があり、サウナやジャグジー、露天風呂、内風呂、水風呂にたくさんのシャワー。

まさに大きなホテルの大浴場だ。

 

一応温泉らしいが、循環ろ過式の塩素消毒なので香りも肌触りも温泉感はゼロ。

泉質にこだわる人には全くお勧めできないけれど、普段は泉質重視の場所ばかり行っているから、たまにはこういのもOK!

 

森の中の露天風呂にゆっくり浸かりながら過ごす週末は、また格別である。

泉質はさて置き、ロケーションが良い。

 

都会の喧騒から離れて、、、とカッコつけて言いたいところだが、普段住んでいるところは信じられないほど田舎だ。何もないところから何もないところへ来たわけだが、リラックスして過ごせる良いホテルだ!

 

さて、明日は朝食バイキング。起きられたら食べることにしよう。
f:id:Nob13:20200720093741j:image