のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

マイホーム購入記㉕~こだわりのキッチン完成!~

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20200616174406j:image

ここでカップラーメンを作る。

 

完成までに長い時間を要したキッチン。

長い時間かけて打ち合わせをした場所だ。

キッチンの素材も色も、大きさも高さも、全部自由に決めさせてもらったので、それが図面からこうして現実になり嬉しい。

ただし、使い勝手がいいかは別問題。

 

 

 

2人が使いやすいように考えた

うちの場合、妻も俺も料理をする。

だから妻だけではなく自分自身の料理を作る人目線で決めた。

包丁は自分の愛刀である長い”牛刀”があるが、現在のアパートでは奥行きが無さ過ぎて使い切れない。奥の壁に当たる。

 

今回はそういう事がないように、余裕のある調理スペースにしたかった。

見た感じ、ここはクリアできてそう。

 

写真には写っていないが、後ろもお皿を置いておくスペースを設けてある。

例えばハンバーグやステーキを作る時は、サラダまで準備したお皿を後ろに並べて置いて、、、というように使えるようにしてもらった。
f:id:Nob13:20200616174416j:image

シンクは昨年宿泊した5つ星ホテルのコンラッドホテルや、リッツカールトンなんかでも採用されているKOHLER(コーラー)社製シンク。

水栓は、同じくリッツカールトン等でも採用されているDELTA(デルタ)水栓。

 

どちらも見た目がかわいい。

www.nob13.net

 

www.nob13.net

 
f:id:Nob13:20200616174438j:image

換気扇は木で囲ってもらった。色はオークで塗装。
f:id:Nob13:20200616174425j:image

調理時に汚れを気にせず使えるように石のタイル。

後ろが白漆喰壁だと、ケチャップ使う料理とか作れなそう。
f:id:Nob13:20200616174347j:image

コンロはIHではなく、ラジエントヒーターというもの。

せっかくなので今まで使った事の無い物を選んだ。IHのように対応している鍋でなくても使えるのがポイント。

加熱面が高温になる仕組みなので、いろんな調理器具が使えるのだとか。

初めて使うタイプだ。

IHは高周波音煩いし、ガスは高い。消去法で見てもこれ一択だった。

 

使いづらかったら後で他に交換する。

 

引き出しは持っている鍋のサイズを事前に伝えて、そのサイズの鍋を収納しやすい幅&高さで作ってもらった。

 

色は大理石タイルの天板に合わせて濃いめの茶色に。

 

このキッチンは結構お気に入り!

 

 

そして今日は、洗面所(手洗い場)の鏡やタオル掛けの高さ合わせ。

鏡の候補を用意してもらったので、その場に合わせてみて馴染む方に決める。その後、タオル掛け&鏡の高さや取り付け場所の打ち合わせ。

 

壁に貼ってあるテープは取り付け位置の目印だ。

 

キッチンは勿論、鏡やタオル掛けなど、生活をイメージできるものが1つずつ取り付けられてきた。

 

何度も、何か所も打ち合わせがあるので決めるのが大変ではある。

でも、それだけ自由に決めさせてもらえるのは、とてもありがたい事だと思う。
f:id:Nob13:20200616174356j:image