のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

Chubb保険の対応にガッカリ。小さな気配りが感じられず。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20200605202312j:image

引越し♪

 

新しい家がようやく、よーうやく完成する目途が立ってきた。

現在住んでいるアパートは退去日を決め、着々と解約手続きを進めているが、今回小さなことでがっかりしたことが。

小さな気配りが大きな成果を生むのである。

 

 

 

火災保険の解約でのこと

アパート等を借りるときは火災保険に加入させられることがほとんど。

 

そしてこの火災保険、年間一括払いもしくは複数年一括払いであれば、解約時に未経過分の保険料は戻ってくる仕組みになっている。

解約しなかった場合は向こうから申し出て、払い戻してくれる親切な保険会社ばかりではないので注意が必要だ。

 

電気の解約、水道、ガスの解約の手続きと進んだので、ここは保険業らしく保険の解約も進める。

 

現在加入しているのはChubb保険(チャブホケン)というダイレクト保険。

 

自分自身保険代理店をやっているので、火災保険は自分で手配したかったのだが、ダメだと断られてしまった。

このChubb保険の指定された保険内容に入る以外の選択肢はないそうである。

 

電話でカスタマーセンターに解約を伝えたところ、郵送で署名をもらわないと解約できないというので書類を送ってもらうことに。

 

数日後、忘れた頃に書類到着。

開けてみると返信用封筒に切手が貼ってない。
f:id:Nob13:20200605202309j:image

おそれ入りますが、切手をおはり下さい。

 

 

切手代も請求するんかい、とがっかりだ。

プレゼントの応募であれば仕方がないが、ここ最近の向こう都合の必要書類で、送料を負担させられるのは初めて見た。

 

たかが100円未満の送料でガタガタ言うな、と思う人もいるだろう。

確かにジュース一本分にも満たない金額だ。

 

しかし、その金額すら相手に請求するセコイ保険会社をどうして信用することができよう。

 

終わり良ければ総て良しは一理ある

個人的な事だが、俺は最後ほど気を使うべきだと思っている。

自分自身、保険業に携わっているため、付き合いや保険料等でやむを得ず、解約になるケースは珍しいケースではない。

 

しかし、解約されると成績が減る代理店。

解約してほしくないため『解約できない』『解約手続きに〇カ月以上かかる』『解約にはペナルティが発生する』等、見苦しく騒ぐ保険担当者が非常に多い。

 

俺は多くのその対応を見聞きして嫌になったので、自分では絶対にしないようにしている。

 

”今まで加入してくれてありがとう!解約後も、わからないことがあれば何でも訊いてね、”とみんなに伝えてる。

 

だからこそ、今回真逆の事をされたChubb保険にはがっかりだ。

 

大きな問題は小さな問題から始まることがほとんど

暑い夏の屋外。

新しく紹介された取引先の社長が、のどが渇いたと言って”自分の”ジュースだけ自動販売機で買ってきたことが、商談破談になったきっかけだという社長がいた。

 

1億円超えのフェラーリを所有している人が、居酒屋で当初説明になかった”お通し代”として当日、数百円請求されたことに激昂した話も聞いたことがある。

 

 

きっかけは些細な事だが、小さなことが集まって大きな不満となる。

 

相手に対する気配りは仕事でもプライベートでも大切にしなくちゃね!

勿論、お互いに。