のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

自分のお気に入りの道を探す旅。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20200502191319j:image

小さいからどこでも行ける。

 

四輪よりも二輪の運転の方が好きだ。

上手ではないけれど、運転していて楽しい。自分で操っている感じがある。

一般的な四輪はもう完成されていて、ハンドルを左右に動かすくらいしか人のやるところが残されていないことも、運転していて面白くない原因なのかもしれない。

 

 

 

ソロで知らない道を走るのが楽しいバイク

バイクはクルマと違い前方に視界が広い。

遮るものがほとんどないため遠くまで見渡せ、四輪では気にも留めずに通り過ぎる小道やわき道を見つけることができる。

 

そんな道にのんびりと入っていくと、麦わら帽子を被った老夫婦が畑仕事の合間に木陰で並んでお茶を飲んでいたりと、その場所の生活を感じることができるシーンに遭遇することが多々ある。

 

バイクを停めてそのシーンを写真を撮らせてもらいたいぐらいだが、そんな光景を見るのがとても好きだ。

 

勿論、地元の人に迷惑にならないようにすることは当たり前だが、それとは別に主要道路から外れた”自分だけが知ってるお気に入りの道”を見つける旅も面白い。

 

 

普段はバイクで出かけても丸1日使うことはなく、せいぜい30分~1時間位の散歩が多い。うちから①時間圏内で行けるところだと、群馬県吾妻郡高山村辺りが丁度良い。
f:id:Nob13:20200502191300j:image

この高山村は自然が豊かで俺のイメージで言うと『夏休みに行くおばあちゃんち』みたいな風景がずっと続いている。

古民家風ではない天然の古民家が多く、まさに見た目にも好みの地域なのだ。

 

前回、東谷風穴に車で探検に来た。

 体調も万全でないうえ、雨が降っていて道が悪すぎたので、途中で冒険を断念したという苦い思い出の場所でもある。

相当な酷道だったので、体調や気候が良くなったからと言って再度挑戦しようという気は微塵もない。

www.nob13.net

 

ただし、この風穴に向かう途中の道が、のんびりドライブするには最高の道だったのだ。

今回はこの道を開拓しに来たところ。

もしかすると、お宝のような素晴らしい名ルートが潜んでいるかもしれない。
f:id:Nob13:20200502191312j:image

ヨロヨロと走っていると予想通り。

『〇〇広域農道』という標識が出てきた。経験上、広域農道と名前の付いているところは素晴らしい道が多い。行ってみると道もキレイで交通量はゼロだ。
f:id:Nob13:20200502191323p:image

道路の名称等は伏せておくが、木陰の中を気持ちよく走ることができるいい道を発見!

四輪で探検をしようと思うことは基本的にはないのだが、バイクだと走っている過程が楽しいので、こんな探検遊びが出来る。

 

自宅から1時間ほどで出かけられる近場で新しいルートの選択肢が出来たのが嬉しい。
f:id:Nob13:20200502191315j:image

当初は5月の大型連休も実家に帰省しようと思っていたのだが、コロナウイルス感染拡大防止のためにも、おとなしく地元にこもっていようと思う。

 

何とも不自由だが、この不自由な事があったことでウイルスの心配がない今までが、どれだけ自由で気軽かがよくわかったよ。
f:id:Nob13:20200502191305p:image