のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

ボルボXC40 T4 AWD モメンタム 2019 レビュー。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20191218165011j:image

さすが人気車種!だがしかし、、、。

 

最近のSUVの大ブーム。ボルボも大小様々なSUVを揃える。このXC40はそのSUVのXCシリーズの中で最小のモデルだ。最小って言ったって十分大きいが、街中メインで使う人にはベストサイズに見える。(自分で言って思ったが、街中以外で車を使う人は一体何%くらいだろうか、、、。)

今から頼んでも6か月待ちというボルボの人気車種XC40に乗ってみた。

 

 

 

最近のボルボはとてもカッコいい。

今まではどこか少し、田舎臭いデザインだった。あか抜けないっていう感じ。

それが一気にドイツプレミアムブランドと肩を並べるデザインになってきたのだ。

 

バックミラーでぱっと見、絶対ドイツ車と思うような目つきをしている。

しかし、かっこいいので問題なしだ。
f:id:Nob13:20191218165027j:image

ボルボXC40 T4 AWDモメンタム

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4425×1875×1660mm
ホイールベース:2700mm
車重:1690kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:190ps(140kW)/4700rpm
最大トルク:300Nm(30.6kgm)/1400-4000rpm
タイヤ:(前)235/50R19 99V/(後)235/50R19 99V
燃費:13.2km/リッター(JC08モード)
価格:459万円

 

1875mmという1900mm以内に収まった横幅なら、機械式駐車場でも停められる選択肢が増えるだろう。ギリギリだが。

俺は田舎住まいなので土地は無限にあるが、都会住まいの人は大変である。

 

一周周ってみてみたが、外装はかっこよいデザインで文句なし。

そして塗装がキレイ。
f:id:Nob13:20191218165018j:image

インテリアもシンプルで良い。

無駄にごちゃごちゃとスイッチ類が付いていないのが好感が持てる。
f:id:Nob13:20191218165023j:image

黒基調とした内装。
f:id:Nob13:20191218165030j:image

市街地走行

街中に出る。

目線の高いSUVなので視界は広く、ディーゼルエンジンでもないので車内も静か。

これは快適。どんなにラグジュアリー寄りでも路面状況をきっちり伝えてくれるドイツ車とは違った、マイルドな足回り。

 

190馬力のエンジンは日常的に走る分には過不足ないパワー。

ほど良く、そしてすべてがそつなくまとまっている。

とても快適。

加速チェック

開けた道で加速力をチェックする。

アクセルを強めに踏んでいくと、踏み具合に応じて元気にスピードを増す。ワインディングで楽しいとか、高速道路で楽とか、当然そんなレベルのパワーはない。

しかし、短距離も長距離も快適に走ることができるSUVとしてみれば問題ない出力だ。

 

総評

全てをそつなくこなす車。

SUVで快適でAWDなのでオフロードだって力を発揮してくれるだろう。

インテリアもエクステリアも良く、何も問題ない優等生だ。これが人気なのはわかる。

 

ただ、どうも俺には合わないのか、もう一度乗りたいとか、所有したいという気持ちは全く沸いてこない。

 

全部が平均点かそれ以上のポテンシャルはあるけれど、今の世の中そんな車は意外と少なくない。

 

そうした時、”感情に訴えかけてくる何か””が、この車にはかけているような気がするのだ。
f:id:Nob13:20191218165015j:image