のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

2020年新年に羽生PAに集まるスーパーカー。2020.1.2

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20200102231807j:image

今年は年明けから天気が良い。

 

さて、年越しのカウントダウンなどは何10年も前にどうでもよくなっている今日この頃。カウントダウンはしなくても2020年1月2日にある羽生PAスーパーカーの集まりに行ってきた。

年始で高速道路はただでさえ混雑している中、1000万円超の車がビックリな台数が集まるのである。

 

 

 

スーパーカーオーナーは朝に強い

まず俺は早起きが苦手だ。

毎日早朝から起きて、出かけていく人たちは本当にすごいと思う。寒さも手伝って、いつまでたってもベッドから出ていくことができずにいるのだ。

 

確か前回羽生に行った時も9時頃に到着した時には、ほとんど満車で入れないような状態であった。

それなので、少なくともそれと同じか、できればそれより早く行こうと考えたのである。

 

友人と合流していくことにしたので途中の波志江PAに朝8時に集合にすることにした。

これ以上早い時間に集まるのはきつ過ぎる。

 

 

何もなければここから30~40分ほどで目的地の羽生PA下りに到着できるのだが、羽生PAが満車なのか手前から数kmに渡って大渋滞。

一緒に渋滞の隊列に並ぶ。

 

そもそも休みの人が多く、高速道路に上がっている車の台数も多い。そのうえ、羽生の先には大人気、佐野プレミアムアウトレットもあるのだ。

 

渋滞の原因は羽生PAだけにあらず様々な要因があるが、まぁ年始なので仕方がない。

 

渋滞最後尾から羽生PAまで10~15分ほどで到着。

PA内では交通整理のスタッフが誘導してくれる。まとまって止まり切れなかったスーパーカー達は、あちこち散り散りになり駐車されている。
f:id:Nob13:20200102231850j:image

快晴の青空の下、PA内に多く集まった車たちと人。

今回はクルマより人の多さに驚く!すごい人の数!

オーナーは勿論、見学に来た人やたまたまPAに立ち寄った人など様々だろうが、国籍問わず多くの人がカメラを持って歩いていた。

 

PAの入り口にはもはやおなじみのユーチューバー達がカメラを構え、エンジンがかかって出ていくと、右へ左へと撮影して回っていた。
f:id:Nob13:20200102231830j:image

散策中に知り合いにも何人か会い、話をした。

今はクルマの値段が下がりまくりなので売ろうにも売れないとか。つまり狙っている人には今年は大チャンス。プレミアムモデルも多く市場に出てるからねぇ。

市場に出回っているスーパーカーの中古車台数の多さから、近々日経平均が崩れるというのは大方みな同じ考え。
f:id:Nob13:20200102231824j:image

ここからは写真中心に何枚か紹介。
f:id:Nob13:20200102231847j:image

R8。これ大好き!
f:id:Nob13:20200102231804j:image

フェラーリは古い車でも今でも通用するデザイン。
f:id:Nob13:20200102231833j:image

SVJかな?アヴェンタドールかっこいい!
f:id:Nob13:20200102231820j:image

GT3RSかな?ジャングルジムもシートも緑で統一。
f:id:Nob13:20200102231810j:image

GT2RS。派手さはないがスゴミがにじみ出てる。
f:id:Nob13:20200102231816j:image

ラカン
f:id:Nob13:20200102231854j:image

308だろうか。
f:id:Nob13:20200102231840j:image

ケイマンGT4。気になる一台。(気になる車は180台位あるのだが)
f:id:Nob13:20200102231844j:image

2台並んで停まっていたウラカンのオレンジ。
f:id:Nob13:20200102231837j:image

ラカンの黄色。
f:id:Nob13:20200102231827j:image

488デザインは最高に好き!

 

走っているスーパーカーを見たり、クルマ仲間と話をしたりと年明けからとても楽しい時間を過ごすことができた。相変わらず無駄な空ぶかしをしたり、PAから出ていくときに暴走にしか見えない雑な運転で出ていく車も時々いるが、ゆっくり走っても充分カッコいい車なので紳士に乗ってほしいものよ。
f:id:Nob13:20200102231813j:image