のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

アウディ 最高出力600psのRSQ8登場!!

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20191122164900j:image

ハイパフォーマンスSUVの流れは止まらない。

 

アウディが11/20、アメリカで開幕したロサンゼルスモーターショー2019で『RSQ8』を初公開した。まさにこのビッグサイズ+ハイパワーが似合う市場はアメリカを置いて他にどこがあるだろうか。完璧にアメリカをターゲットに作られていそうなスペックのRSQ8の中身を見てみる。

 

 

 

RSQ8のエンジンスペック

速報ではレスポンスより以下の情報が発表されている。

 

アウディの最上級SUV、『Q8』をベースに、アウディスポーツが開発した高性能な「RS」モデルだ。パワートレインには、排気量4.0リットルのV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載し、圧倒的なパフォーマンスを追求する。

◆0~100km/h加速は3.8秒

この直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボ「TFSI」エンジンは、新型『RS6アバント』、新型『RS7スポーツバック』に、すでに搭載されている。RS Q8では、最大出力600hp。最大トルク81.6kgmを引き出す。最大トルクは、2200~4500rpmで発生し続ける特性だ。

トランスミッションは8速「ティプトロニック」、駆動方式は4WDの「クワトロ」で、RS専用チューンが施された。0~100km/h加速は3.8秒、0~200km/h加速は13.7秒、最高速は250km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。最高速は「RSセラミックブレーキ」装着車では、305km/hに引き上げられる。

レスポンス

 

それぞれ新型のRS6アバント、RS7スポーツバックに搭載されているハイパワーエンジンを搭載したQ8。最高速が305kmでセラミックブレーキが付いて、巨大なSUVで、、、と聞くと、それってもうランボルギーニのウルスじゃん!と思っているのだが

、ウラカンとR8が兄弟車であるように、ウルスとRSQ8は兄弟車と見てほぼ間違いないだろう。
f:id:Nob13:20191122164905j:image

ハイパワーSUVに対する私見

個人的に今のSUVブームは流石にウンザリ、、、という気持ちが正直なところ。

2000万円越えのスーパーSUVには乗ったことがないが、1000万円クラスのSUVと同クラスのスポーツカーを比べると走行性能の違いは明らか。

 

ハイパワーなSUVなど、乗り味が悪くて煩く、それでもスポーツカー顔負けの走りができるかといえば、そうとも言えない中途半端な印象が拭えない。

 

結局ラグジュアリーに大人数で出かけたいのであれば素のグレードのSUVがいいし、速い車で楽しく走りたいならスポーツカーが良い。

この手のハイパワーSUVはそれらの良いとこ取りに見えて、実は悪いところの方が目立っているのでは、、、と過去何台か速いデブに乗って思ったのだ。
f:id:Nob13:20191122164927j:image

その中でも肯定的に見るならば、、、。

せっかく登場したのに残念な私見を述べた。

だが、その中でも敢えて一歩踏み込んで肯定的に見てみる。

RSQ8のデザインは、ここ最近発売されたSUVの中でも1.2を争うカッコよさだと思う。デカくて強そうな感じが写真からも伝わってくる。

フロントグリルのメッシュデザインも凝っているし、インテリアだって先進的な作りだ。

SUVのデザインで好きなものを訊かれれば、ラングラーやゲレンデ、ベンテイガなどはすぐに思い浮かぶ。そこにこのRSQ8は入る。
f:id:Nob13:20191122164920j:image

最近のアウディの新型ライト。
f:id:Nob13:20191122164908j:image

カーボン。
f:id:Nob13:20191122164939j:image

アウディのRSモデルといえば楕円型の2本出しマフラー。
f:id:Nob13:20191122164915j:image

ハンドルはアルカンターラ
f:id:Nob13:20191122164922j:image

この写真だけ見ると完全にスポーツカー。
f:id:Nob13:20191122164932j:image

後席も広い。

 

アストンマーチンSUVも発売されたし、まだしばらくはSUV熱は冷めなそうだ。
f:id:Nob13:20191122164935j:image
本文中の画像はautocar.co.uk