のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

フェラーリ新型モデル【ローマ】発表。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20191115173219j:image

驚くほどすっきりしたデザインで登場したな。

 

2019年11月14日に発表されたばかりのニューモデル。

パッと見、アストンマーチンかと思うような大人なフォルムだ。サイドエアインテーク等もなく、すっきりとした見た目はレーシングではない、完璧にラグジュアリーよりなデザイン。

 

 

 

この新型フェラーリの名前は「ローマ」(Roma)。滑らかなスタイリングをもつグランドツアラーである。フェラーリはこのボディ形状を「2+クーペ」と呼称している。


このフォルムは1950年代~60年代のローマで花開いた自由で心地よい生き方、“ドルチェヴィータ”の世界観を表現したとフェラーリは説明しているそう。

 

2+クーペなので大人は乗ることが出来ない、小さな後部座席が備わることも想像できる。

 

それにしても写真で見る限りマジでシンプルなデザインだ。

そして何も言わずにこの写真だけ見せられたら

アストンマーチンの新型??』

って思うことは間違いない。

 

しかし、DB9辺りのアストンマーチンのシンプルで流れるようなデザインが好きな自分にとってこれは好感が持てる。(しかし、結局迷って買えるお金があればMRフェラーリ買いそうだが)
f:id:Nob13:20191115173219j:image

車両スペックは以下の通り。

 

Ferrari Roma|フェラーリ ローマ
ボディサイズ|全長 4,656 × 全幅 1,974 × 全高 1,301 mm
ホイールベース|2,670 mm
乾燥重量|1,472 kg
エンジン|3,855cc V型8気筒ターボ
ボア×ストローク|86.5 × 82 mm
最高出力|456 kW(620 ps)/ 5750~7500rpm
最大トルク|760 Nm / 3000~5750rpm
トランスミッション|8段DCT
最高速度|320 km/h
0-100km/h加速|3.4秒
0-200km/h加速|9.3秒
 

 伝えられるところによると車両はポルトフィーノのクーペ版だそうだが、デザインは全然違うものになっている。ボディサイズは全長 4,656 × 全幅 1,974 × 全高 1,301 mmとなり、かなり大柄な車体であることがわかる。横幅などは2メートルに迫るサイズだ。

 

そして特筆すべきことがもう一つ。

トランスミッションは『SF90ストラダーレ』にも採用された新しい8速DCTだという。ポルシェも最近PDKが8速になっている。

今後のスーパースポーツカーは8速DCTが定番化しそうな兆し。
f:id:Nob13:20191115173209j:image

リアのライトは左右2灯ずつでF430の現代版、もしくはシボレーのカマロっぽい。

インテリアもセンターコンソールで左右が分かれたシートで、よく見ると本来トランスミッションセレクターレバーがあるところに、6速マニュアルを模したような操作パネルかデザインが見られる。

f:id:Nob13:20191115185132j:image

新型車が出るたびに、これほどワクワクするブランドもそうそうない。

この辺はさすがフェラーリといったところ。

早く実車を見てみたいものだ。

 

本文中の画像はFerrari.comより
f:id:Nob13:20191115173215j:image