のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

日産 セレナ 2019 レビュー。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20191031213045j:image

何かの記事にセレナは日本のゴルフと書いてあったが。

 

さて日本で大人気のミニバンセレナ。

俺は今は子どももいないし、日常的に多人数乗車することがないので、車は最大5人乗りで十分。それなのでミニバンには全く興味はないのだが、今回乗るセレナは一体どんな走りをするのか、スポーツカー好き目線で好き勝手に書き綴る。

 

ミニバン大国ニッポン

日本は本当にびっくりミニバン大国だ。

うちの周りなどは閑静な住宅街なので、交差点に10分も立っていればミニバンを5,000台は見るのではないかという交通量だ。走っている車はほぼすべて長方形、目を細めてみると大きな魚を入れる発泡スチロールのようなものが大量に行き交っている。

 

それだけ人気ということは、それだけの人気を裏付ける魅力があるからに他ならない。

俺の極めて偏った自動車モノサシでどこまで計れるかは謎だが。
f:id:Nob13:20191031213123j:image

日産 セレナ

寸法: 全長 4,685 mm x 全幅 1,695 mm x 全高 1,865-1,875 mm
最大出力: 112 kW
エンジン: 2.0 L 直列4気筒
車両重量: 1,650 ~ 1,750 kg

燃料タンク容量: 55 L

価格: 257.6万円〜

 

今回は2日間借りたので、日常的なシチュエーションで使うことができ、車の事がよくわかった。まぁ何というか、日本の奥様がいい!という意見を取り入れて作られた車なのだろう。まず外観だが、長くて横幅が狭くて背が高い。

 

『走り』という目線で考えたとき、もはや走る前から”死んだも同然”な形をしている。

走行安定性はもとより、こんなに細長いのでは強い横風や側突で一撃で横転するだろう。

横から見たデザインは酷い。
f:id:Nob13:20191031213112j:image

後ろからも壊滅的なかっこ悪さだ。
f:id:Nob13:20191031213109j:image

ハンドルはD形で意外と遊びが少ない。そしてガラス面積が大きく、視界が広い!
f:id:Nob13:20191031213059j:image

ペラペラの薄さのドア。平均的なドイツ車のドア厚の半分か、半分以下しかない。
f:id:Nob13:20191031213128j:image

ペダル類。

先の長いドレスシューズを履くと、上の部分につま先が引っ掛かりアクセルやブレーキ操作が遅れることがある。これは危ない。俺は靴が引っ掛かってアクセルを戻し遅れてしまい、ヒヤッとしたことが2回あったので、足元はとても気を付けて運転していた。
f:id:Nob13:20191031213049j:image
後席。
f:id:Nob13:20191031213105j:image

足元は広い。
f:id:Nob13:20191031213119j:image

ハンドルの操作ボタンだがクリック感は100均レベルで、スイッチの隙間も大きい。
f:id:Nob13:20191031213042j:image

街中走行

エンジンをかけて動かす。

Sハイブリッドという、ちっこいハイブリッドが搭載されている模様。

 

動き出してすぐ感じたのが車体の強烈な不安定感。

路面が悪いところを通るとグワングワンと揺れ、乗り始めて5分で車酔いした。

例えば子どもや家族が車で酔いやすい、と悩んでいる方。

それは三半規管のせいではなく車のせいかもしれない。

 

周りでもバスやミニバンだと酔うけど、コンパクトカーに乗っていると山道を走っても酔わないという人もいた。

これらの事からもわかるが、セレナは横揺れが大きく乗り心地は悪い。

運転席で自分で運転していてこれだから、車両後方の席になんて座ったら、きつ過ぎると思う。

 

ハンドリングは遊びが少なく運転しやすいが、如何せん右左折時に左右に振られる。

乗員を載せて軽快に走ることは不可能で、ゆっくりモッサリ走ることしか出来ない。

加速チェック

高速の合流車線や登坂車線等、パワーを出さねばならないときは男だけでなく、車にもおとずれる。そのためにマックスパワーを知っておくことは重要だ。

 

 

平らな直線でアクセル全開。

 

ギュイーン!!!!ヌゥゥゥウァァアァァ~!

 

ハイブリッドの電気的な音と、CVTトランスミッションとエンジンが大合唱する。

そして左右にグラグラと揺れながら加速していくが、これがおっそい!

ブレーキもかなり甘いので飛ばしすぎ注意だ。(飛ばせないが)

 

パワーはほんとにないので、ゆっくり走るのみに使うのが吉。

総評

やはり想像した通り、走行性能はかなり厳しい。これに乗って運転が楽しいと感じることはあり得ないし、安定感のある車から乗り換えるとその不安定さは恐怖ですらある。

 

アクセルを離したときやブレーキを踏んだ時の回生サウンドの『ピー、、、』と車内に響く電子音も煩くて不快。

 

安全性も低いのが乗って触れただけでわかるが、その中でもほめるところが②つある。

CVT&エンジンの雄たけびがトヨタ比で半分以下。

全開時はうなるが、それでもトヨタCVT&エンジンほどの煩さはない。静かに加速する。

 

アイドリングストップからエンジンがかかる時がスムーズで振動が少ない。

頻繁にアイドリングストップするようなシチュエーションでも気にならないほど、うまく躾けられている。

 

カタログ燃費は16.6kmとかその位だったと思うが、実燃費はこれだ。

全開加速はせず街中を法定速度のみで使用。

7~8km。

f:id:Nob13:20191031213512j:image

燃費が悪く、走りが悪く、見た目も悪い。

ただし多くの人員と荷物が乗り、ドリンクホルダーも多い。おまけにスライドドアだ。

 

俺には不要な要素のオンパレードだが、これを必要としている人も大勢いるということなのだろう。
f:id:Nob13:20191031213102j:image