のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

いい車も売り手が悪ければ台無しなのである。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20191015194350j:image

全ては『人』に通じる。

 

いい保険屋ない??

いい車屋知らない??

 

何を持って『いい』とするのかは人それぞれ。しかし、大半の要素はこれ【人】が介在する部分だと思うぞ。

 

 

 

蛇足だが保険会社は『保険屋』と呼ばれることを毛嫌いする。

下に見られているという認識があるようだ。俺も保険会社の社員として働いている頃は良く聞かされた。もし、仲良しの保険会社の人がいたら『保険会社の人』と言ってあげるといいみたい。個人的にはどうでもよいことだが。

そんな呼び方の事よりも、お客さんにも大事にしてもらえるような仕事をすればいいだけの事である。

 

 

しばらく前にアウディの件で購入ディーラーへ行った際、天井以外全てぶつけてあるS3セダンか何かの中古車を勧められた。何でも月のノルマに達成していないから協力してほしいのだとか。

 

一応、今のA3(2016年12月登録、3万km前半、無事故)下取りの金額だけでも出したいというので見てもらう流れに。

 

しばらくして戻ってきた担当の営業の言葉に呆れて悲しくなってきたよ。

f:id:Nob13:20191015194444j:image

『今日決めてもらえるのであれば70万円で買います!』と。

 

本体価格300万円~の車で標準オプション付きで乗り出し400万円くらいになる車を、2年で『今なら70万円で買い取れる!!』と言われても、頭の先から股間を経由してつま先まで、全くどこにも響かないよ。

 

そもそも、その全方位ぶつけてあるS3、俺一言も欲しいと言ってないし。

 

ドイツ車は値落ちが激しいが、それにしてもそこまでじゃないことは当然この自動車業界に深くかかわる身としてよくわかる。

 

 

後日、親しい自動車販売店の方とその話をして盛り上がったが、

『現状のA3であれば買取なら110万円~、下取りなら140や150万円~も普通にあり得るでしょう。完全に足元見られてますよ。この車を70万円で買えれば店はその分利益を出せるので、そのくらい出せば喜んで飛びついてくると思ったのではないか』と。

 

お客さんを大切にしていたらそんなことは出来ないと思うけれど、残念ながら俺はどうでもいいお客さんリストに入ってるのかもしれん。

 

 

ちなみにもう一つ、俺のアウディディーラーの事をよく知る人に、こんなことも教えてもらった。

『あそこは営業が7人か8人いるけれど、年間100台くらいしか売れていない。RSモデルの取り扱い資格も何年か前になくなってるよ』と。

 

営業が7~8人で年間100台って一人月1台位しか売ってないじゃんかよ。

まぁ俺に起こったことが会社の方針なら当たり前の結果なのかもしれないが。
f:id:Nob13:20191015194448j:image

アウディは大好きなブランドで他にも乗りかえたい車がたくさんある。でも結局、群馬県内でうちの近くではこのディーラーしかないから、高額な車になるほど不安しかない。

 

俺は例えばRSモデルなんかめっちゃ興味があるが、近所にあるディーラーがここだけだと他社製の車にしようと考える。

 

例え扱っている車が素晴らしくても売り手がこれでは話にならない。

 

 

高級車を扱っている多くの車屋の『~になります』にもうんざりしている。

 以下に『~になります』の何がダメなのかを書いたブログを貼っておくので、興味ある方には見ていただきたい。

www.nob13.net

 

さて散々批判をしたところでここは初心にかえり、自分自身もそう言われないようきっちりと仕事をしなくては。