のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

軽井沢ハルニレテラス散策。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20191008115247j:image

もうすぐ紅葉の時期に。

 

のどかな週末、たまにはどこかにお出かけを、ということで軽井沢のハルニレテラス行ってきた。まだまだ群馬県街中の日中は暑い。しかし、軽井沢をはじめ山間部は絶対に寒いので一枚上着を持って出動。

 

 

 

国道18号経由ではなく、草津方面から周っていく国道353号線経由で行った。

草津温泉は群馬の象徴的な観光&温泉施設だが、何せ最寄りの高速道路から遠い。そして最寄りの高速道路を降りたその道が長くてつまらない。距離を調べたら草津と最寄りインターはおよそ50kmある。道が混むし、流れが悪いので1時間以上はかかるのが難点。

 

高速道路のインターが観光地からどのくらい離れてるかで、きっと客足が相当変わってくるよねぇ。うちの長野の実家も観光地だけど、やはり最寄りの高速道路のインターはめっちゃ遠い。それなので、スキー場なんかは廃業したりしてるみたい。

 

 

今日は10月の上旬。

途中にある道の駅八ッ場ダムふるさと館到着。

 

比較的新しくきれいな道の駅で、草津方面のバイクツーリングをはじめドライブの休憩地点としては最適。ただし、入ってるお店が山崎製パンの『Yショップ』で品ぞろえが良くない。

道の駅内にある食べ物も名物的なものが何一つなく、『ここに来たらこのアイス!』的なものが皆無なので、ただのトイレ休憩場所になってしまうのは残念ではある。

 

長野原を抜けて草津方面へ上がっていくとところどころ紅葉し始めてる。

そしてハルニレテラス到着。

テラス写真は公式HPより。

f:id:Nob13:20191008123237j:image

とても犬に優しい施設で、カフェやレストランのテラス席も犬と犬好きな人で溢れている。愛人の同伴率よりも犬の同伴率の方が間違いなく高い施設だ。

また、感心するのは視界に入るどの犬も良くしつけられていて、他の犬に吠えたり追い掛け回したり、粗相している犬は見当たらなかった。これはすごい。

 

とてもお洒落できれいな施設にはレストランやジェラート、木工品店など小さなお店が並んでいる。

夜もきっとライトアップされてきれいなのだろう。

デートによさそうな場所だ。(本当は犬好きのための施設なのかもしれないが)

f:id:Nob13:20191008123245j:image

ハルニレテラスのすぐ横には小川が流れており、キレイに整備された散策路の用意もある。お店で買ったジェラートも小川に面したテラスで食べる。

ベンチも用意してあり親切。

 

川沿いを散策したが、まだ緑がいっぱいの小道を川の流れる音を聴きながら歩くのは、とても気分のいいものである。

夏は避暑になるだろうし、秋は紅葉が楽しめる。

f:id:Nob13:20191008115304j:image

軽井沢は東京からも近く、自然が多くて涼しいので別荘地に最適、、、ということらしいが、今日はすぐ隣の群馬県から来たけれど充分遠いと思うぞw

 

知人の群馬の人も軽井沢に別荘を持っているが年に1~2回しかいかないそうだ。

理由は遠いから。

 

それでも、ここに別宅があって自然の中でのんびり過ごしたいという人には、これからも魅力的な場所なのだろうね。

 

あと一か月もしたらかなり寒くなると思うので、軽井沢にお出かけの際は上着は2枚くらい多く持っていくとよい。バイクの人は冬装備で。
f:id:Nob13:20191008115307j:image