のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight 2019 レビュー。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20190914131653j:image

やはりCVTがダメ。

 

先日乗ったレヴォーグ1.6。見た目も良く、広くて使い勝手が良い車だったが、今回はそのハイパワー版の2.0に乗る。やはりパワーがある車は面白いから魅力的だ。乗っていて楽しい車は遠くに出かけるのが楽しみだ。遅い車で出かけるのは、しょっちゅう読み込みで停止する旧型PCで動画を見ているようでストレスがたまる。

 

 

 

最近のスバル車はとてもカッコよくなったと思う。フロントボンネットに開いたエアインテークも、スバルの走りに対するこだわりに見えるし、全体的に統一感あるデザインで良い。
f:id:Nob13:20190914131656j:image

スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1780×1490mm
ホイールベース:2650mm
車重:1570kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッションCVT
最高出力:300ps(221kW)/5600rpm
最大トルク:40.8kgm(400Nm)/2000-4800rpm
タイヤ:(前)225/45R18 91W/(後)225/45R18 91W
燃費:13.2km/リッター(JC08モード)
価格:394万0200円

 

スペックに対するコスパはとても良い。

通常300馬力前後の車など本体価格600万円~が主流だ。それを400万円位で出しているのだから、これで600万円クラスのライバルと同じくらい楽しければ最高の車ではないか。f:id:Nob13:20190914131710j:image

後姿、テールライトが何だか安っぽい感じがする。素材なのかデザインなのか、輝度の問題なのか。全体的にはスマートで良いデザイン。
f:id:Nob13:20190914131705j:image車内もシンプル。アルミペダルはスバルお約束。
f:id:Nob13:20190914131700j:image

よく見るとD型ハンドル。ほとんどまる。後席も広く快適そう。シートは3段階でリクライニング可能。荷室には欧州車的にトノカバーがつくが、ふにゃふにゃでこれまたチープ。
f:id:Nob13:20190914131713j:image

走行レビュー

エンジンをかける。

特にサウンド面での演出はなさそうで、普通に始動。

シートはオプションのレカロシートが装着されていて、ホールド感がある。座り心地も良い。走行モードはノーマルでのドライブモードで出発するが、ハイパワーモデルらしく車内は賑やか。

ゴツゴツと硬めのサスが車を揺らし、音も振動もあるのでスポーツカーを知らない人が乗ったらビックリするかもね。

 

300馬力でトルクも40.8kgmもあるが、出だしは穏やか。ある程度踏み込んでも『ジワーッ』と加速していく。それなので、スポーツカーとか興味のない奥様に運転してもらってもなんら問題ない、乗り心地の悪い普通の車。

 

加速性能

スポーツモードであるSモードに変更する。

ある程度加速、減速を繰り返して走ってみるが正直街乗りでは変化はさっぱりわからん。

 

スポーツ+に該当しそうなS#モードに変更した。

すると、アクセルのレスポンスが明らかに良くなり、こちらは変化が良くわかる。

 

開けた道&長い登り坂でパワーをチェックしてみる。

走行モードはS#でマニュアルモードのパドル操作。

 

アクセルを強く踏み込んで加速しはじめるが、やはりCVTであるが故、出足がモタつく。トヨタ車のように大絶叫しながら進んで行くわけではないが、アクセルを踏み込んだ直後に回転が上昇し、ジワーッと進み始めてようやく本来の加速。

 

確かにパワーは感じるが、パドルの反応速度もあまり良くなく、ダイレクト感が乏しい。アクセルペダルに対する反応も特に出だしは遅れるので、楽しさが大幅減。

 

パドル操作も何となく人工的なギア演出が気持ち悪く、楽しくない。

 

高速道路である程度の速度が出ている状態で追越したり、速いペースで走り続けるにはいいのだろうけれど。

 

総評

400万円弱という本体価格から考えればとても良い部類。そもそも300馬力もある車をこんな安い値段で買うことは通常出来ない。それなので、そこを見ればアイサイトの安全装置もついてくるしお買い得の塊である。日本車だけで比べればベストバイの一つ。

ただし、新車でオプションつけて乗り出せば500万円ほどだ。

 

難しいところだが、500万円出してある種走りに対する妥協が必要な車を買うかどうか、と言われると難しいのではないだろうか。

この値段だからその辺りはしょうがない、と言われれば確かにそうだ。

でも、500万円近くもするのだ。

 

スタイルと実用性で購入するのであれば1.6のレヴォーグで充分だ。走りを重要視するならばWRX STIだ。

ある意味、中途半端な立ち位置のレヴォーグ2.0。

 

ただ、このように走りに振った車が日本車から出るのは大変誇らしいことでもある。

是非ともスバルには、これからももっと走りに磨きをかけた車を出し続けて欲しい。

f:id:Nob13:20190914131653j:image