のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

日産スカイラインGT Type SP 4WD(ハイブリッド)2019 レビュー。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20190912200222j:image

中途半端な自動運転。

 

現在、様々な問題を抱えて苦しい立場にある日産。

そんな日産の最新技術であるプロパイロット2.0を搭載した、スカイラインGTに試乗する機会を得た。

 

 

 

例によって国産車の知識は0のワタクシ。見た目はスポーツカーっぽい顔をしているな、と話していたら『スカイラインの名を冠するからには、やはり周りの期待もあるので』と担当氏。なるほど。そのスカイラインの歴史を知らなくて申し訳ない。35GT-Rに通ずるスポーツカーフェイスでカッコいい。後ろのデザインは、特にライトがいまいち。
f:id:Nob13:20190912200206j:image

日産スカイラインGT Type SP 4WD(ハイブリッド)

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4810×1820×1440mm
ホイールベース:2850mm
車重:1840kg
駆動方式:4WD
エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:7段AT
エンジン最高出力:306PS(225kW)/6800rpm
エンジン最大トルク:350N・m(35.7kgf・m)/5000rpm
モーター最高出力:68PS(50kW)
モーター最大トルク:290N・m(29.6kgf・m)
タイヤ:(前)245/40RF19 94W/(後)245/40RF19 94W
燃費:14.4km/リッター(JC08モード)
価格:637万7720円

 

637万円で乗り出しは700万円越えか。そのくらいの金額になってくると結構いろんな車種が候補に挙がってくるけれど、この車はどのような走りをするのだろうか。

 

外装一周見て思ったのが塗装が悪い。

下地がデコボコしてるのがはっきりわかって、低価格車の外装クオリティだ。これはダメ。ショボイ。この辺はトヨタクラウンの方が良い。こんなに値段するんだからせめてそのくらいは、、、と思うところだ。
f:id:Nob13:20190912200210j:image

あと、動かす前に気になったのはドアの開閉音。

安っぽい。ドイツ車の『ドン!』としまる音は堅牢な車体に守られている気持ちになる。スバルもマツダも割とそんな感じだ。しかし、悪い意味で薄く、軽い、コストがかかっていない音とフィーリングだ。

アクセルがオルガン式でシートの座り心地が良いのは〇。
f:id:Nob13:20190912200203j:image

プロパイロット2.0について

今回、プロパイロット2.0を試したかったのだが、実は試すことが出来なかった。まだ信号が認識できないため、一般道ではそのまま赤信号でも素通りしてしまうこと。高速道路の直線(首都高のカーブが多い道は激突の恐れがある)のみで使用可能、ということらしい。

 

せっかくなので自動運転について色々聞いてみたのだが、気になったことがいくつか。

 

直線のみ両手放し運転が可能だが、車内にドライバーの顔を見るカメラがあり、視線が5秒ほど前方からずれると危険と判断し路肩に自動で停車するそう。

つまり、自動運転でも常に前を見ていないといけない。(後ろ向いてトランプは出来ません)

 

追い越し時は追い越しボタン一つで可能。ただし、その際はハンドルを握っている状態で追い越しボタンを押してください。ということらしい。ハンドル握って、前見てないと自動追い越し機能が使えない。

 

そして最後に、自動運転中に事故が起こってしまった場合

 

→全てドライバーの責任です、とw

 

新しいことに挑戦すると必ずアンチが出てくるものなので、せっかく頑張っている日産の足を引っ張りたくは無いが、これを聞く限りプロパイロット2.0に魅力を感じて買うのはどうなのだろうかと思ってしまった。(自分の場合)

 

一般道での走行レビュー

プッシュスタートボタンをオン!

エンジンはかからずハイブリッドのスタンバイ。

車内の静粛性は高くラグジュアリー感がある。最近の車はホント静かになったねぇ。

 

出だしはちょっとモッサリ気味。

サスがとてもよく、路面の悪いところでもしっかりショックを吸収し、角の取れたまろやかになった振動を伝えてくる。

運転していて驚いたのが、ハンドルのロックトゥロックが1回転か1.5回転くらいしかないこと。それなので、ハンドルの動きに対する車の動きはクイックだ。アルファロメオステルヴィオみたい。

 

www.nob13.net

 

アクセルは3割も踏み込んであげれば随分活発に走るのでこれは快適。

 

途中マニュアルモードでパドル操作し、加速力チェックをしてみた。

シフトチェンジは遅く、全然ダメだが高回転になると押し出されるように加速する。そのまま加速を続けると見る見るスピードは伸びていく。

ブレーキもほどよく効くタイプ。

 

総評

日産のラグジュアリースポーツ。

プロパイロット2.0も搭載され、なめらかで上質な乗り味はさすが600万円越えだが、塗装の質やドアの開閉音を含めまだ高級車らしかぬところもいくつかある。

それに、車内でハイブリッドの『ピーーーーー。』という電子音がずーっとしていて煩い。試乗中、最初から最後までなりっぱなしだ。

 

漏電してるのか??

 

俺は特別そういったことが気になるので、気にならない人にはいいが電子音とか気になる人は車内は煩いと思う。(個体差なのかもしれないが)

 

走りに関してはまぁ悪くはないのだけれど、乗り出し700万円クラスの金額を考えると、よほどスカイラインに造詣の深い人でも無い限り、他にいっちゃうかな。
f:id:Nob13:20190912200219j:image