のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

スズキ スイフト XG リミテッド 2019 レビュー。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20190831140647j:image

びっくりポンなコストパフォーマンス車両。

 

こうして乗ってみると、世の中にはまだまだ知らないことが多いなぁ、と思うのである。スイフトは『コンパクトスポーツカー』というイメージを持っていたが、聞いたところスポーツを売りにしているのは【スイフトスポーツ】という車両のみで、あとは普通のコンパクトカーだそう。

 

 

 

まずお値段。

本体価格135万円なんていうのはポルシェのブレーキよりも安い価格だ。(ポルシェの911GT3のセラミックコンポジットブレーキは166万8000円である)

普段からそんなのばっかり見てるからすっごい安く感じる。

 

実際安いのだが。しかし、手抜き自動車でどうしようもない、では本末転倒だ。これで、スイスイ走れるのであれば最高にイイ車じゃないか。
f:id:Nob13:20190831140629j:image

スズキ スイフト XG リミテッド

全長 3,840mm

全幅 1,695mm

全高 1,500mm

車両重量 890kg

トランスミッション CVT

総排気量 1,242

最高出力 102ps

最大トルク 15.3kgm

燃料タンク容量 37L

タイヤサイズ 175/65R15 84H

135万円(税込)

 

スリーサイズ全てがまさにコンパクトで、車重も890kgと軽自動車並。それで軽自動車を凌ぐ102psなのだから、きっと走りは問題ないだろう。(推測)

タイヤも15インチでちっさいし、経済的にも取り回し的にも一切肩肘張らず乗れる車じゃないか。
f:id:Nob13:20190831140632j:image

シンプルな車内はキレイにまとめられていて、安っぽさを感じさせない作り。見せ方が上手。
f:id:Nob13:20190831140625j:image

シンプルなギアシフトレバー。トランスミッションCVT
f:id:Nob13:20190831140637j:image

車内は黒で統一。
f:id:Nob13:20190831140618j:image

さて、無数のスリーポインテッドスターが散りばめられたシートに座る。

 

車内は静かで快適だ。

ハンドリング、ブレーキ、アクセルレスポンス等、全てがそつなく纏まっている。

エアコンも効く。

とても運転しやすい。CVTだが、トヨタの"雄たけび系CVT"ではなく割と大人しくしている。

 

高速道路で使用する可能性も踏まえ、開けた道でアクセルを大きく踏み込んでみた。

車体の軽さを感じる。アクセルを踏んだ後、ワンテンポ遅れてフワッと加速していく。

結構鋭い加速に感じたが、スピードメーターの上昇はゆっくりだ。

 

だが、この車はこれで充分。

街乗りメインで乗るのに一切不足ない加速。

 

総評

 

車にお金はかけられないけれど、最低限でいいからイイ車に乗りたいな、という人には本当にオススメのクルマだ。乗りやすいし、価格を考えれば悪いところは無い。

 

何より、135万円という価格を考えれば驚くべき性能だ。先日乗ったカローラスポーツなど話にならなかった。

この車に対抗するのはヴィッツ辺りだろうか。

どちらもとても良いクルマだ。エアコンはヴィッツの方が効く。

 

軽自動車の高価格化がニュースになるけれど、普通車コンパクトなんてこの値段でこんなに良い車があるんだよなぁ。

 

過去記事のヴィッツカローラスポーツはこちら。

www.nob13.net

 

 

www.nob13.net

 


f:id:Nob13:20190831140642j:image