のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

スバル フォレスター アドバンス 2019 レビュー。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20190823135948j:image

安全性能は最高だが、走行性能は最悪。

 

大人気SUV、そしてアイサイトをはじめ安全性には定評があるスバルのSUVだ。技術の進化により車は自動運転への道へどんどん舵を切っている。それは車の一つの方向性だし、素晴らしいことだ。ナビに目的地を入力したら後は昼寝してるだけ、そんな車が出るのならば即欲しいと思うよ。

 

 

 

今後は二極化していくのだろうか。

運転を楽しめる車と運転をしなくていい車。昔は高級車にしかなかった【全車速追従機能付きオートクルーズ】もある程度の車には、ほとんど標準で装備されている。そして、その機能のためにバンパーの内外に大量のカメラやレーダーが装着される。

 

そもそもバンパーは『衝撃を和らげる緩衝装置』だと思ったが、もはやバンパーを破損すると大変な補修コストがかかるようになってしまった。

 

バンパーの上にバンパーをつけねばならんな。
f:id:Nob13:20190823135933j:image

スバル・フォレスター アドバンス

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4625×1815×1730mm
ホイールベース:2670mm
車重:1660kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ
トランスミッションCVT
エンジン最高出力:145ps(107kW)/6000rpm
エンジン最大トルク:188Nm(19.2kgm)/4000rpm
モーター最高出力:13.6ps(10kW)
モーター最大トルク:65Nm(6.6kgm)
タイヤ:(前)225/60R17 99H/(後)225/60R17 99H


燃費:14.0km/リッター(WLTCモード
価格:309万9600円

 

今回乗るのは最上位グレードのアドバンス。2リッターとハイブリッドの組み合わせだ。デザインはまぁ普通だ。
f:id:Nob13:20190823135929j:image

スピードメーター。視認性が良いメーター。すごく見やすい。
f:id:Nob13:20190823135945j:image

内装はレザーシートだと思うのだが、ビニールみたいな材質。これ、ホントにレザーなのかな??ペダル類がステンレスなのは、走りにこだわるスバルっぽい。
f:id:Nob13:20190823135937j:image

カーボン調、金属調、レザーに見えない本革シート。後席は広く足元にも余裕がある。
f:id:Nob13:20190823135940j:image

エンジンをかけて動かしてみる。

静かに動き出す。ブレーキは国産車の中でも初期から効くタイプ。

 

SUVなので視界は高めで見やすく運転しやすい。

加速はかなりノロい。

ただ、街中を走っている限り特段問題はない。

 

パドルシフトも付いているのでマニュアルモードにして踏み込んでみる。

スポーツ走行しなくたって高速道路の合流時には、ある程度の加速は必要になる。

 

グワァァァァァ、、、。

 

深刻な遅さである。

 

例えば荷物と人をたくさん乗せて高速使って走るときに、キチンと本線に合流できるかどうか不安になるほどの非力なエンジンだ。ちなみにトランスミッションCVTだが、加速時の音はあまり車内には入ってこない。この辺はトヨタと違う。

 

スピードを出しすぎるのも危ないが、遅すぎる車もまた危険なことがあるのだ。

 

以前、軽自動車に乗っていて高速道路や幹線道路への合流が怖かったという人がいた。だから運転が嫌いだと言っていたが、その後ドイツ車に乗り換え、

『高速道路も合流も、もう怖くない。ちょっと踏めばすぐに加速して流れに乗れるから』と喜んでいた。運転も好きになったそう。

 

総評

 

アイサイトを使った安全装備の数々。衝突安全や事故を無くそうとするスバルの取り組みは大変素晴らしい。車内は高品質ではないし、エンジンも酷いが、やはり事故を減らすために優先順位をつけなくてはならない。

 

より車離れを助長するような運転がつまらない車には違いないが、自動運転へ舵を切っている過渡期の車であれば、これはこれでありなのかもしれない。
f:id:Nob13:20190823135951j:image