のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

トヨタ クラウン 3.5 RS Advance 2019 レビュー。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20190818212835j:image

今までに乗ったトヨタ車の中で2番目に良い。(レクサス含む)

 

右も左もネット上や紙面では新型トヨタ車が発表される度に、最高の賛辞を持ってレビューが舞う。俺はこの手のレビューを全く信用していない。自分で乗ってみてそれで、どう思ったかを書き記したい。今回乗るのはライバルは欧州車セダンという新型クラウン。当然俺は、『いつかはクラウン』世代ではないしクラウン自体乗るのは初めて。しかし、欧州車であればかなりいっぱい乗ったことある。ニュルで鍛えた、という走りを試して本日も遠慮なく言わせてもらう。

 

 

 

見た目は先代よりも良くなったと思う。フロントは俺みたいなスケベが鼻の下を伸ばした顔にそっくりだ。先代の後姿は最悪だったが(特にテールライト)、今回はこの辺も欧州車のシャープな造形に合わせてきているため特段かっこよくはないが、違和感も無い。気になるのは何と言っても『RS』のエンブレム。AudiでもRSが付くモデルはメチャ速い。車業界におけるRSはそういう先入観を持たせる。
f:id:Nob13:20190818212840j:image

クラウン3.5 RS Advance

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4910×1800×1455mm
ホイールベース:2920mm
車重:1900kg
駆動方式:FR
エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:マルチステージハイブリッドシステム
エンジン最高出力:299ps(220kW)/6600rpm
エンジン最大トルク:356Nm(36.3kgm)/5100rpm
モーター最高出力:180ps(132kW)
モーター最大トルク:300Nm(30.6kgm)
システム総合出力:359ps(264kW)
タイヤ:(前)225/45R18 91W/(後)225/45R18 91W
燃費:17.8km/リッター(JC08モード)   16.0km/リッター(WLTCモード
価格:690万6600円

 

気になるのはトランスミッション

『マルチステージハイブリッドシステム』とはなんだ?と調べてみたら、いわばCVTのステップ変速制御の応用で、4段の有段ギアをベースとして9段のステップ変速を作り上げているのだそうだ。なるほどね。
f:id:Nob13:20190818212843j:image

スピードメーターはデジタル。数字は大きく見やすいしフロントウィンドウにも投影される。
f:id:Nob13:20190818212824j:image

シートメモリーのスイッチやサイドミラーの操作スイッチ、マルチファンクションハンドルのスイッチ類全てが安っぽい。スイッチの隙間も相変わらず大きい。
f:id:Nob13:20190818212817j:image

エアコンのルーバーは自動で左右に動き、扇風機の首振り機能のような動きをする。これは面白い。オモテナシを感じる。

またところどころに見えるカーボン調インテリアは、安っぽさにより拍車をかけている。流れるウィンカーはデザインが良くなく、順次点滅するLEDがしょぼい。滑らかさが無い。
f:id:Nob13:20190818212832j:image

さて動かしてみる。

 

3.5リッターもあるエンジンでRSのバッジが付くが始動は拍子抜けするほど静か。路上に出る前に駐車場内をスピード5kmくらいで走らせたが、この時点で『今回もたいしたこと無いかも、、、。』って思った。

というのも走りを売りにする良い車にあるキリッとした感じ、気持ち的にシートにもう一度座り直したくなる感じがない。案の定、ブレーキは安定の効かなさでかなり強めに踏んだ。

 

しかし、コンフォートモードで街中を走るとこれが意外と快適に走る。スイスイといった感じでモッサリした感じがない。だが、日本車感覚で乗ると『おお!すごい!』となるが、ドイツ車乗り目線で見ると、こんなことエントリーグレードから全ての車がそうだ。

しかしハンドルは軽く軽快に走る。(向きを変える)

 

サスペンションは衝撃を吸収して車内の静けさを保つ。

騒音は疲れる原因になるので無い方が良い。(一応スポーツが売りのモデルらしいが、、、。)

 

途中でスポーツモード+モードに変え、パドルで操作する。

アクセルを強く踏み込んで加速するが一段一段のギヤレシオが近いのか、やたら頻繁にシフトアップしなくてはならない割にはスピードは大して出ていない。ちなみにシフトパドルのクリック感は安いプラスチック感がある。

なんかつまらない。

 

マニュアルモードをオートマモードに変更して走る。

アクセルを深く踏み込むと、キックダウンするのに随分時間がかかった後に加速し始める。このアクセルのレスポンスにぴたりと順応しないのはCVT感がかなり強いと思う。実際、BMWなどのトルコン8ATに比べてもかなり変速に違和感がある。(特に強い加速時)

 

ただし、スポーツモードにしてもサスは全くゴツゴツせず快適なままだ。

 

 

まとめるが、ニュルブルクリンクでは何を鍛えたのだろうか?エアコン?

快適に走るセダンとしては全く問題ない。これはホント。甘いタッチのブレーキも後席の人の頭を揺らすことなく静かに止まれる。冒頭で書いた通り、ここ最近で乗ったレクサス含むトヨタ車の中で2番目に良かった。ちなみに1位はヴィッツだ。

 

www.nob13.net

 

しかし、スポーツ走行できるセダンかどうか、と訊かれれば俺にはそうは思えない。

スポーツとラグジュアリーでの割合はスポーツ①ラグジュアリー⑨だ。

ホント、オートマモードでのんびりドライブするには問題なし。

 

ただ、RSのエンブレムがついて排気量が3.5リッター、スポーツを強調したマフラー4本出しでこの走りならガッカリしたという感想しかない。
f:id:Nob13:20190818212821j:image