のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

ポルシェ マカン 2019 レビュー。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20190804200209j:image

マカンSよりもベースグレードのマカンの方が良い。

 

前回乗らせてもらった新型のポルシェマカンS。エンジンがいまいちで正直あまりよくなかった。あの時も実はエントリーグレードの方がいいのではないか、と思ってはいたのだが、今回ありがたい事にマカンのエントリーモデルに乗れるお誘いを頂いた。

早速、2リッターの素のマカンの乗り味を確かめる。

 

 

 

色はなぜか緑色。トカゲみたいだ。ネット上に出ている他の新型マカンもこの緑が多いので、今回の新型マカンの『推し色』なのだろうか?

塗装はとってもキレイで、見ただけで厚塗りなのがわかる被膜。
f:id:Nob13:20190804200223j:image

ポルシェ・マカン

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4696×1923×1624mm
ホイールベース:2807mm
車重:1870kg(DIN)
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:252ps(185kW)/5000-6750rpm
最大トルク:370Nm(35.7kgm)/1600-4500rpm
タイヤ:(前)235/55R19 101Y/(後)255/50R19 103Y(ミシュラン・ラティチュードスポーツ3)
燃費:8.1リッター/100km(12.3km/リッター、欧州複合モード)
価格:699万円

 

今回の新型では標準装備で4灯式LEDヘッドライトやACC、歩行者検知機能やブレーキアシスト機能等も標準装備になる。

何でもかんでもオプションで有名なポルシェだが、標準装備が増えるのは何より。

センターコンソールは今までと変わらず。

718ではオプションのPDK(ポルシェのDCT)が標準装備されているところも有り難い。(マニュアルの設定は確かない)
f:id:Nob13:20190804200215j:image
車内に乗り込むためにはドアを開ける必要があるがこのドアがズシリと重たい。

車体の堅牢さを腕で感じることが出来る。

 

乗り込んでエンジンをかけてみた。

車内には不快な振動等はなく至って快適。内装はとても高級感があり静粛性はとても高い。

 

爪楊枝を折るような感触のウィンカーを操作しながら路上に出る。

 

試乗車にはスポーツクロノパッケージが付いており、走行モードの変更が可能。ノーマルモードとスポーツモードではギアの引っ張り具合や、サスの硬さがはっきりと変わる。

 

燃費重視のノーマルモードで走るとややかったるい。

加速がモッサリしていて、2リッターエンジンで必死にクルマを引っ張っているような感じがする。エンジン音は車内にはあまり入ってこない。

 

途中でスポーツモードに変えてみた。

すると今までのかったるさが霧散する。スイスイ走るようになり運転していて楽だし楽しい。これぞポルシェだという感じだ。

 

開けた道でスポーツプラスモードにし、マニュアルモードで低いギアから引っ張ってみる。

 

ミドルサイズSUVと言っても充分大きなサイズの車体をどんどん前に走らせる。

車体の重さを感じさせず快速で走ることが出来るのは、やはりこのPDKのおかげだと思う。

 

いろんなクルマのDCTを使ってみてもポルシェのPDKは最高峰のトランスミッションだと思うな。

 

女性にでもあまり抵抗無く運転できるサイズで尚且つ快適に速く、静か。

思ったとおりマカンSより断然良い。

 

上位モデルであるマカンSはエンジンが良くないのか、素のマカンより大きなエンジン(V型6気筒354ps)を搭載したことによるバランスの問題なのか、乗っていて全然楽しくなかった。 

前回のマカンSの記事はこちら。

 

www.nob13.net

 

 しかし、思ったとおりこの素のマカンの4気筒の252psは車体を軽快に前進させ(要スポーツモード以上)SUVであってもなかなかに楽しい。

 

下手なSUVを買うくらいならこのマカンを好きな仕様にして乗ったほうが絶対にいいと思う。
f:id:Nob13:20190804200206j:image