のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

マツダ マツダ3ファストバックXD 2019 レビュー。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20190721120459j:image

アウディが好きすぎるのが伝わる。

 

アクセラから生まれ変わった新型のMAZDA3(マツダ3)。

ここ何年かでマツダ車は本当にカッコよくなった。ヨーロッパをターゲットとして車を作っているのだろうし、日本の腑抜けた島国方式から離脱した車作りは素晴らしい。

国産車では一番応援したいブランドである。

 

 

 

俺が国産車で嫌だなと思う一番のポイントはギラギラメッキ調、DQN仕様の車が多すぎることだ。そして見た目はどんな車よりもイカツイが(軽自動車ですら)、中身はしょぼいエンジンにCVT一辺倒の完全なる見掛け倒し。

外見よりも中身を磨いてもらいたい。

その点、マツダは見た目も虚飾を廃したシンプルなデザイン(アウディ風)、自慢のディーゼルで独自路線を進んでいる。

全体的にはアウディ色が強いと思うが、サイドのプレスラインがなくのっぺりしているところは最近のメルセデスの流れだ。先日乗ったCLSはプレスラインのないマグロのようなデザインだった。
f:id:Nob13:20190721120502j:image

マツダ3ファストバックXD 

 

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4460×1795×1440mm
ホイールベース:2725mm
車重:1410kg
駆動方式:FF
エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:116ps(85kW)/4000rpm
最大トルク:270Nm(27.5kgm)/1600~2600rpm
タイヤ:(前)215/45R18 89W/(後)215/45R18 89W
燃費:19.8km/リッター(WLTCモード
価格:291万9000円

 

自慢のディーゼルエンジンだが、スペック的には凡庸だ。

まぁ数値と体感ではまた異なるのでここは参考まで。

 

車内を見てみるとメッキ部品がところどころにあるが、指紋が残りあまりよろしくない。触らなければキレイだが、一度でも触れてしまうと指紋がついて汚く見える。
f:id:Nob13:20190721120449j:image

以下の写真のようにメッキ部分の指紋が目立つ。内装はレザー。レザーは暑いので嫌い。
f:id:Nob13:20190721120452j:image

インテリアは非常にシンプルで自分のA3とそっくり。
f:id:Nob13:20190721120456j:image

エンジンをかけて動かしてみよう。

ずっと外に置いてあったせいかエアコンが効かず、10分以上はエアコン全開で稼動。

エアコンの効きはRX300やヴィッツなどのトヨタ車の方が断然いいかもしれん。

 

スタートしてまず気になった事はブレーキ効かなすぎ。

タッチのフィーリングがドイツ車と全然違うのもあるが、軽く踏んだくらいでは全然止まらない。結構力を込めて踏み込まないと止まらない。

危うく目の前で停車中のパトカーに突っ込むところだった。

これは良くない。

 

トルコン6ATなのでドライブモードではトントンとシフトアップしていく。

イギリス車的なフィーリングに近いな。レンジローバーとかがこんな感じでもっとパワフルになった感じだ。つまり、ゆったり。

 

途中の開けた道+ワインディングロードでマニュアルモードにしてパドルで操作する。

2速から全開加速を試すが、、、。

 

『ぶうぅーん!』

レスポンスの悪いエンジン音から想像できる通り、速くないし心地よい加速でもない。

シフトチェンジもトルコンATでも超速化が進んでいるドイツ車とは違い、前時代的なもっさりしたシフトチェンジ。2008年モデルのエクストレイルとかと同じレベルだ。

パドルがついている必要なし。

 

ハンドリングは悪くなく、普通に曲がる。

車内は静かでサスペンションも動いている。

 

 

総評としてはまだ『妥協して乗る車』の域を出ない。

パワーが無いため乗っていてもつまらないし遅い。ブレーキも効かない。

変速速度は遅い。燃費はディーゼルとはいえ実燃費で15.16くらいだそうだ。

そんなに高燃費というほどでもないだろう。

 

大して良くない普通の車だ。これよりいい車は山ほどある。

 

しかし、マツダが目指している方向性は個人的に大好きなのでこれからも是非頑張ってほしい!
f:id:Nob13:20190721120507j:image