のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

LEXUS RX300 Fスポーツ 2019 レビュー。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20190619165738j:image

良いところを探すことが難しい低品質なトヨタ車。

 

俺は自分の趣味の延長でブログを書いている。お金をもらったりしている訳でもなんでもないので、純粋に自分の思った通りの事を書き綴っているだけだ。備忘録でもある。

ただし、自分の中でルールがある。

 

それは公平性。

 

特定のメーカーだと文句ばかり言うとかスポーツカーだと、とにかく全部褒めるとか、上位グレードだから褒めるとかは一切なし。良いと思えば良いと書くし、クソだと思えばクソだと書いている。

もしかしたら読んでいる方の愛車の事をけなしてしまっているかもしれない。

そこに関しては申し訳ないと思うが、日本の多くの著名評論家のように全車褒めていてもレビューの意味がない。

 

 

 

さて、本日はレクサスのRX300 Fスポーツに乗らせてもらった。

俺は基本的に輸入車が好きだが、実は日本車に関してはあまり興味がないため知らないことも多い。レクサスがトヨタの高級ブランドであることは知っているが細かいラインナップ等については全くわからない。

ただし、何かとドイツプレミアムブランドと比較されるレクサスでもある。

 

これはレクサスの主力SUVの実力を確かめてみなくてはならない。
f:id:Nob13:20190619165736j:image

スペックは以下の通り。

 

全長x全幅x全高
4890×1895×1710(mm)
車両重量
1900(kg)
室内(全長x全幅x全高)
2230×1590×1200(mm)
ホイールベース
2790(mm)
駆動方式:FF

排気量:1,998cc
シート列数:2
ドア数:5
乗車定員:5名
ミッション:スーパーインテリジェント6速オートマチック
最低地上高:200(mm)
最小回転:5.9(mm)
最大トルク
35.7kg・m/4000rpm
最大出力
238ps/5600rpm

 

580万円

 乗り出しは650万円程度だそう。

2,000ccとしては充分な数値というが今時2,000ccでもっと高出力な車はいくらである。

何を持って充分とするかは人それぞれ。

 

エクステリアから見てみると、トヨタお得意の威圧感のあるデザイン。

まずこの自慢の大口開けたスピンドルグリルがかっこ悪い。

全体のデザインもグニャグニャしてて統一感がなくダサい。フロントバンパー下はマットな金属の質感だが、よく見ると金属『調』塗装がされたプラスチックだw
f:id:Nob13:20190619165723j:image

室内に入ると臭い。

 

国産車特有の新車のプラスチックや接着剤の香りだろうか、室内は安っぽいプラスチックでほぼ構成されている。金属に見えるところも触ってみれば全てプラスチックだ。

コストがかかっていないことがよくわかる。

 

全体的に満足感とはほど遠いインテリアセンスで、スイッチ類を美しく見せるとか、まるで興味がないのだろう。

一切操作しなかったので使い勝手はわからないけれど、ナビは大きくて見やすそう。
f:id:Nob13:20190619165716j:image


f:id:Nob13:20190619165728j:image


f:id:Nob13:20190619165704j:image

 

 

 


f:id:Nob13:20190619165732j:image


f:id:Nob13:20190619165710j:image

後席は広い。
f:id:Nob13:20190619165713j:image

後席からの眺め。
f:id:Nob13:20190619165741j:image

さてエンジンをかけて動かしてみる。

 

乗り込んだときドアを閉めてもらったが、半ドアになってしまったようだ。

ドイツ車の重いドアに慣れているのでRXのドアはぺらぺらな感じがする。

それに、ドイツ車の重いガッチリしたドアだったら半ドアになどまずならない。

 

市街地に出るには一旦歩道を横断する。歩道の手前で一時停止したいのだが、ブレーキが効かな過ぎて横断歩道に入ってしまった。危ない危ない。

 

Fスポーツというグレードだが、乗っている限りスポーツ感は0。

敢えて車内にエンジン音を入れているのか入ってきてしまうのか、耳障りなエンジン音だけがずっと聞こえて来る。

 

低速時は6ATが半クラ状態で大きく吹かして進むような音がするため気分が悪い。

また低速からの力はないので、開けた道でスポーツモードをオンにして高回転のパワーを試してみる。

 

ぶーーーーーーーーん!!!!!

 

 

シフトチェンジは鈍くショックが大きい。

パドルの反応速度も遅い。そしてスピードが遅い。そして止まらないw

 

通常速度域でもパドルシフトで操作するとショックが大きくまともに運転できない。

とてもスポーツを楽しめるような車ではない。

 

車内は外音が入ってくることもなく静かだが、室内はそれなりにショックもある。特段足回りが硬いとか柔らかいはない。

 

 

戻ってきたが疲れてしまった。

いろんな国の車に乗ってみて思うのは、正直どれも大差ない。

ベンツもBMWアウディもランドローバーもジャガーアルファロメオマセラティも。

 

 

車好きだからこそわかる程度の差だ。

しかし、このトヨタのRX300Fスポーツはそれらに比べて明らかに劣っている。

負けていないのは値段だけだ。

 

 

この車が人気だというが、魅力が一つもわからなかった。(人気なのはハイブリッドのモデルかもしれないが)

 

車に興味のない人にはこれが『レクサス』に見えるのだろう。

 

俺には低品質、高価格のトヨタ車にしか見えない。


f:id:Nob13:20190619165720j:image