のぶろぐ13。

重症な車バカの道楽ライフ

Volks Wagen ティグアン R-Line 2019 レビュー。

スポンサーリンク

f:id:Nob13:20190607165557j:image

このクルマはAudiのQ4。

 

SUV大ブームの今、SUVを主力車種においていないメーカーはほとんどないだろう。

おかげでどこもかしこも似たようなSUVで溢れかえっている。

 

 

 

 

 

確かにSUVは視界もよく運転しやすい。SUVはそもそも『スポーツユーティリティービーグル』の略でスポーツを楽しむ人が乗るクルマだそう。

 

山にキャンプへ行ったりスキーやスノーボードへ行ったり、釣りや海や狩りや、、、ということだろう。なので不整地にも強い4WDの車高の高いクルマになったのだ。

このクルマはFFだが。。

 

 

ここでボディサイズを見てみよう。

 

アウディ Q3

全長 4,400 mm x 全幅 1,830 mm x 全高 1,595 mm

ティグアン R line

全長4,500×全幅1,860×全高1,675mm

アウディ Q5

全長 4,680 mm x 全幅 1,900 mm x 全高 1,665 mm

 

このティグアンはQ3より大きいがQ5ほどはない。

それなのでサイズ的にはAudiでいうとQ3とQ5の間、Q4に当たるのだろう。(今のところQ4なんてないが)

 

実際乗り込んでみると充分な広さだ。

Q3は小型車感がある室内空間だが、Q5まで行くと大きすぎるという人には丁度良い。
f:id:Nob13:20190607165550j:image

車両スペックは以下の通り。

 

フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4500×1860×1675mm
ホイールベース:2675mm
車重:1540kg
駆動方式:FF
エンジン:1.4リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:150ps(110kW)/5000-6000rpm
最大トルク:25.5kgm(250Nm)/1500-3500rpm
タイヤ:(前)255/45R19 /(後)255/45R19 
燃費:16.3km/リッター(JC08モード)
価格:463万2000円

 

ドイツ車らしい無骨なデザイン。男性的な感じだね。
f:id:Nob13:20190607165607j:image

リアシートはQ3のように狭くなく、足元にも充分なスペースがある。
f:id:Nob13:20190607165600j:image

ハンドル周りはAudiと同じ。
f:id:Nob13:20190607165553j:image

荷室は充分な広さ。
f:id:Nob13:20190607165603j:image

エンジンをかけてみる。

不快な振動もなく静か。まぁ今時のクルマで、スポーツモデル以外でやたらやかましいクルマもそうないがw

走りも静かで快適。ドイツ車らしい、やや硬めの足回りではあるが無問題。

 

走りやインテリアはAudiそのもので、ハンドルのエンブレム隠したら違いはわからない。

 

無駄の無いデザインなので飽きにくいと思うけれど、全体的に没個性的。

走りも問題なく日常的に足に使う車には申し分ない出来。

そして乗り出し500万円。

 

静かで快適で見た目も良い。

色々がシンプル。ただし、このクルマを買う人はどんな人だろうか?

 

静かで快適に乗れるクルマは世の中に溢れている。

このクルマでなくてはならない理由が一つも見当たらない。

 

いい車だが、運転中最初から最後まで口は一文字になったままだ。

このクルマは移動の道具であって、足であって、完璧な脇役である。

 

ワーゲンは大衆車だからこれでいいのかもしれない。

でも、500万円も出すのだからもう一つ、何かが欲しいと思ってしまった。
f:id:Nob13:20190607165610j:image